皐月賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

皐月賞2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた皐月賞2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は皐月賞が行われます。

GIともなると週頭の段階で大体買う馬が決まっているんですが

枠順が確定して買い目も決まりました。

 

一個、自分にとって好材料だったのは

「エメラルファイトが出走回避したこと」

スプリングステークスでも本命にしていた馬で

舞台適性的にも切りづらいなぁと思っていたんですが

思わぬ出走回避で迷いがなくなりました。

 

という事で、買いたい馬が3頭のみになったので

ここは潔く3点勝負で行こうと思っています。

買い目については予想メルマガを読んでいる方だけになってしまいますが

馬券のヒントについては無料メルマガで公表しているので

気になる方は登録してくださいね。

 

かなり強気な馬券なので、楽しみにしていてください。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

という事で、皐月賞2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

皐月賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

皐月賞(中山芝2000m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・先行した馬が有利なレース

・内枠が圧倒的に不利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れのち雨の予報
雨のタイミング次第では馬場が変わりそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 アドマイヤマーズ

前走の共同通信杯ではダノンキングリーに負けてしまった
アドマイヤマーズは最内枠を引き当てました。

脚を溜めても末脚は出せないタイプの馬なので
活路を見い出すとしたら先行策しかないのですが
その先行策を活かせる枠に入ったと言えます。

ただ、逃げを打てずに3,4番手からの競馬になってしまうと
苦しい枠でもあるので、総合的には良くも悪くもある枠かなと思います。

 

2枠3番 ファンタジスト

スプリングステークスでは後方から上手く脚を溜めて
2着に食い込んできたファンタジスト

今回の皐月賞では2番枠を引きましたが
GIでの内枠はちょっと厳しいですね~。

馬群を割ってくるような力強さも感じない馬なので
今回は厳しい競馬になりそうです。

 

2枠4番 ダノンキングリー

共同通信杯ではアドマイヤマーズを下して
一気にクラシック候補に名乗り出たダノンキングリー

今回は2枠4番という枠順を引き当てましたが
ダノンキングリーは溜めて末脚を爆発させる事も出来るし
外から体力勝負でも走れるので、枠はそれほど拘りは無いタイプです。

ただ、馬群に揉まれたり、進路につまったりする可能性がある
4番枠は良い枠だとは言えないですね。

 

 

サートゥルナーリアに勝てると意気込むのはあの馬!

競馬セブンでは皐月賞で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして皐月賞3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

皐月賞3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

3枠5番 ランスオブプラーナ

毎日杯で逃げ切り勝ちを収めて
初めての重賞制覇を飾ったランスオブプラーナ

今回の皐月賞では3枠5番という枠を引き当てましたが
逃げ馬なので、内目の枠は望むところですね。

あとは展開ですが、今までは重賞で楽に逃げられていただけに
強豪が揃いプレッシャーがかかる皐月賞は
ランスオブプラーナにとって厳しい流れになる事が想定されます。

 

4枠7番 ヴェロックス

若駒ステークス、若葉ステークスと圧勝したヴェロックス
今回の皐月賞では4枠7番に収まりました。

先行力があって、最後の脚もしっかりとしている馬で
どこでも競馬が出来そうですが
距離ロスが無く、包まれる心配のない7番枠は絶好枠だと言えます。

 

4枠8番 ニシノデイジー

札幌2歳ステークス、東スポ杯2歳ステークスと
重賞を2勝しているニシノデイジーは
4枠8番に収まりました。

東スポ杯では馬群を縫って差してきている事から
もう少し内枠でも良かったと思いますが
真ん中の偶数枠という枠順は
ニシノデイジーにとって良い枠順だと言えますね。

 

 

5枠9番 メイショウテンゲン

弥生賞では重馬場を利用して豪快に差し切り勝ちを収めた
メイショウテンゲンは5枠9番に入りました。

気性面で幼さを残しているメイショウテンゲンにとって
内枠で馬群に揉まれる事だけは避けたかったところですが
今回の9番枠であれば、ギリギリ合格点というところでしょう。

雨が降った方が確率は高くなりそうですね。

 

5枠10番 シュヴァルツリーゼ

キャリア1戦の身ながら、2戦目で臨んだ弥生賞で
しっかりと2着を確保したシュヴァルツリーゼ

ハーツクライ産駒らしく長く良い脚を使うタイプなので
加速をつけづらい内枠は避けたかったところですが
今回の10番枠は望むところでしょう。

 

6枠12番 サートゥルナーリア

ホープフルステークスから直行のローテーションで
話題をさらっているサートゥルナーリア

過去3戦は楽な競馬ばかりだったので
激戦が予想される皐月賞では内に入りたくなかったですが
今回は外目の12番枠と絶好枠に入りました。

馬券に絡む確率が高くなったので
より一層人気になりそうですね。

 



 

まとめ

皐月賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

6枠12番 サートゥルナーリア

4枠7番 ヴェロックス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

実力馬同士のガチンコバトルとなりそうな今年の皐月賞ですが

レースの流れ・展開が結果を大きく左右しそうですね。

 

 

私が皐月賞2019で注目している馬は
舞台適性が抜群の大穴馬です。

これが来たら万馬券確実ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。