鳴尾記念予想と6月7日の当たるレース稲村ヶ崎特別

Pocket

6月7日の重賞レースはG3鳴尾記念

メンバーを見渡してみると「帯に短し襷に長し」
といった印象でどのメンバーも一長一短があるメンツです。

鳴尾記念 勝負度合い 20%

本命を決めるのは非常に難しいですが
まずは阪神芝2000mの特徴から見てみましょう。

阪神芝2000mのデータと特徴

内回りコースなので、先行馬有利の傾向が最大の特徴。
枠順毎の有利不利はなく、スピードよりもパワーが重要視されるコースです。

本命は トウカイパラダイス です。

ただでさえ難しいメンバーの中、雨が降っての不良馬場が濃厚
後ろから差してくることは難しいと思われ、前で競馬が出来るこの馬を指名します。

切れ味がまったくないは傷ですが、このコースとは相性もよく
馬券圏内という点では馬券を買える馬だと思います。

相手も難解ですが アドマイヤタイシ を筆頭とします。

元々パワー型で阪神コースとの相性もいい馬。
叩き2走目でメンバーのレベルからも巻き返せる存在です。

続いてエアソミュール、サクラアルディート、トーセンジョーダンまでを相手とします。

ただ、このレースは参加するレースではありません。
「見」に徹することをオススメしますが
やるなら馬連4点勝負で100円ずつ買う程度で十分でしょう。

代わりに馬券を買えるレースをひとつ紹介しておきましょう。

東京9R 稲村ヶ崎特別 勝負度合い 65%

こちらは儲けるレースというよりも当てるレースです。
1000万条件戦で2階級降級馬が2頭。

その中でも東京巧者のサムソンズプライドはこのメンバーなら
馬券圏内を外すことはないでしょう。

今回は不良馬場濃厚ですが、祖父にあたるオペラハウスの産駒は
重馬場が得意で、この馬自身ももともと追って味がないので
馬場が悪くてもパフォーマンスを落とすことなく走ってくれるでしょう。

相手は地力で上回るダービーフィズ。

もともと中山巧者で東京が向くわけではありませんが
今回は相手が弱すぎるので、さすがに上位評価をせざるを得ません。

3番手はパワー型のリルバイリル

条件としては今回一番向いている馬で
不良馬場を味方についける公算が高い馬です。

その他は連下でゴールドブライアン、コスモグレースフルを指名します。

問題は馬券の買い方ですが、確実に当てるなら
3連複でサムソンズプライドからダービーフィズ、リルバイリルを相手に連下への6点勝負

儲けを取りに行くのであれば3連単フォーメーションで

1着 サムソンズプライド
2着 ダービーフィズ、リルバイリル
3着 ダービーフィズ、リルバイリル、ゴールドブライアン、コスモグレースフル

この6点勝負を推奨します。

逃げ馬は相手が弱くなるとガラッと変わりますからね。
ここは素直にサムソンズプライドに頑張ってもらいましょう。