桜花賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた桜花賞2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は桜花賞が行われます。

今年はルメール&デムーロという外国人騎手が
イマイチぱっとしませんね~

大阪杯では、デムーロ騎手の ペルシアンナイト が凡走して

高松宮記念では デムーロ騎手の ダイメイフジ

ルメール騎手の ロジクライ と共に惨敗

 

乗り馬に恵まれていない点はあるので

今週あたり、そろそろドカンがありそうな雰囲気がですね。

 

ちなみに先週の大阪杯の枠順は

「狙いたい馬が最悪の枠引いて、
切りたい馬がいい枠引いてんじゃん」

と、思いましたが、今週の桜花賞は

「狙いたい馬が最高の枠引いて、
切りたい馬が最悪の枠を引いてんじゃん」

と、思いましたよ。

 

ここは強気に桜花賞の予想をしていきましょう。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

という事で、桜花賞2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

桜花賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

桜花賞(阪神芝1600m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・末脚を持っている馬が有利なレース

・内枠が圧倒的に不利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れのち雨の予報
雨のタイミング次第では馬場が変わりそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 シェーングランツ

アルテミスステークスを勝っているように
ツボにハマれば破壊力を発揮するシェーングランツ

破壊力がある反面、不器用さがある馬なので
自分のリズムで競馬が出来る外目の枠が理想でしたが
今回の桜花賞は真反対となる最内枠

今回は最悪の枠順を引きましたね。

 

1枠2番 エールヴォア

前走のフラワーカップではコントラチェックに完敗したものの
しっかりと2着を確保したエールヴォア

もともとスピード・瞬発力がある馬ではなく
前々での粘り込みが理想の馬なので
今回の2番枠はいいところに入ったと言えますね。

 

2枠4番 クロノジェネシス

前走のクイーンカップでは圧倒的な人気に応えて
しっかりと勝利したクロノジェネシス

阪神ジュベナイルフィリーズで見せたように
ダノンファンタジーと双璧の力を持つ実力馬です。

ただ、今回の桜花賞では2枠4番という内目の枠を引きました。

切れ味を武器としているクロノジェネシスにとっては
かなり悪い枠順を引いたと言えますね。

北村友一騎手の手綱さばきに注目です。

 

 

4枠8番 グランアレグリア

朝日杯フューチュリティステークス以来の競馬となるグランアレグリア

新馬戦ではダノンファンタジーに完勝しているように
潜在能力だけならナンバーワンの力を持っている馬です。

久々で難しい臨戦となりますが
今回はレースをしやすい真ん中の偶数枠

グランアレグリアにとっては絶好枠だと言えますね。

 

5枠9番 アクアミラビリス

前走のエルフィンステークスでは最後方から
直線一気の豪脚を見せて、差し切り勝ちを収めたアクアミラビリス

過去3戦ともにスタートで出遅れているように、とにかく不器用な馬

揉まれる内枠だけは避けたかったですが、今回は真ん中の9番枠
レースをしやすい条件なので、今回は力を出せそうですね。

 

7枠14番 ビーチサンバ

前走のクイーンカップではクロノジェネシスに屈したものの
しっかりと連対圏を確保したビーチサンバ

器用な馬で、どんな競馬も出来る馬なので
枠順はそれほど気にする必要のない馬ですが
今回の14番枠であれば、のびのびと自分の力を出せそうです。




 

7枠15番 ダノンファンタジー

阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬であり
前走のチューリップ賞でも完勝して見せたダノンファンタジー

チューリップ賞は苦しいレースでしたが
今回の桜花賞で引き当てた15番枠なら
能力を存分に発揮することが出来そうです。

 

8枠16番 シゲルピンクダイヤ

前走のチューリップ賞では後方からの追い込みで
2着に入り、権利を獲得したシゲルピンクダイヤ

今回の桜花賞でも16番枠を引けたので
前走同様に末脚に賭ける競馬が出来そうです。

 

8枠18番 プールヴィル

前走のフィリーズレビューでは同着ながら
1着と重賞勝利を収めたプールヴィル

もともと立ち回りを活かしての粘り込みが武器の馬なので
今回の大外枠は痛恨の極み。

厳しい枠に入ってしまいましたね。

 

まとめ

桜花賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠8番 グランアレグリア

7枠15番 ダノンファンタジー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

実力馬同士のガチンコバトルとなりそうな今年の桜花賞ですが

枠順の良し悪しもかなり左右しそうですね。

 

私が桜花賞2019で注目している馬は
ここは鉄板の評価を与えているあの馬です。

桜花賞はただの相手探しだと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ