【皐月賞2019】トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬!

Pocket

皐月賞2019の予想をするうえで
前哨戦として行われたトライアルレース
について検討しています。

トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬を中心に
皐月賞で馬券になりそうな馬を探していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週桜花賞が終わって、今週はいよいよ皐月賞ですね~

このレースは荒れる傾向にあるGIレースで
毎年のように人気馬が飛んで、伏兵が馬券に絡んでいます。

 

昨年はスプリングステークスで2着に負けた エポカドーロ が勝利

弥生賞で4着に敗れた サンリヴァル が2着

京成杯1着から直行ローテをとった ジェネラーレウーノ が3着

トライアルレースの結果が直結しませんでしたよね~

 

一昨年の皐月賞も弥生賞を勝った カデナ は9着惨敗

スプリングステークスを勝った ウインブライト は8着惨敗

と、トライアルレースと皐月賞をどう繋げるかが
皐月賞の馬券を攻略するポイントになりそうです。

 

という事で、

「トライアルレースでは好走したけども本番では凡走しそうな馬」

というテーマで話していきたいと思います。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

皐月賞、波乱の使者になるのはあの関西馬!

チェックメイトでは皐月賞において

“波乱をもたらす関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がGI勝ちを確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
皐月賞で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

弥生賞組診断

皐月賞と同じ条件で最も繋がりの深い弥生賞上位馬から見ていきましょう。

勝ったのは8番人気のメイショウテンゲン

母メイショウベルーガから引き継いだパワーを武器に
重馬場を攻略した形で、パワー勝負は歓迎ですが
6戦して上がり34秒台の末脚を使ったのは1回のみ

現状ではパワーに偏っていて、ちょっと全体の能力という意味では心許ない馬です。

 

2着シュヴァルツリーゼはデビュー2戦目での重賞2着

新馬戦の内容からも能力の高さは伺えますが
器用さの足りないハーツクライ産駒で
シュヴァルツリーゼもハーツクライらしい走りをする馬

多頭数になる今回は馬群をどこまで捌けるかが焦点になりそうで
不安要素の多い馬だと言えます。

 

それなら3着ブレイキングドーン、4着ニシノデイジーの方が
皐月賞に向けて色気を持てそうです。

ブレイキングドーンは上がり勝負が苦手なタイプで
ホープフルステークスよりはパフォーマンスを上げてきそうですし

ニシノデイジーは多頭数の混戦の方が持ち味を発揮できる馬です。

 

弥生賞組は

買い:ブレイキングドーン、ニシノデイジー

危険:メイショウテンゲン、シュヴァルツリーゼ

と、判断します。

 




 

スプリングステークス組診断

次に弥生賞と並ぶ格を持つスプリングステークス上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは10番人気のエメラルファイト

朝日杯フューチュリティステークスや札幌2歳ステークスは
展開に恵まれず結果が出ませんでしたが
ここでは先行策から直線押し切る強い競馬。

存在は地味ですが、エメラルファイトの持っている個性を考えると
皐月賞でもマッチしそうで、ここは軽視禁物ですね。

 

2着ファンタジストは重賞2勝の実力馬

ただ、スプリングステークスは武豊騎手のエスコートで
完璧なレースを見せてくれました。

100点満点の競馬で2着に入った印象がある上に
距離が延びて、激戦となる流れは向いているとは思えず
ちょっと危険な香りがしますね。

 

4着タガノディアマンテは後方一気で脚質が固まってきており
ちょっと皐月賞の流れは合いそうにありませんし

6着クリノガウディーは思ったよりも粘れず
そもそも地力に不安が浮き出てきます。

 

スプリングステークス組は

買い:エメラルファイト

危険:ファンタジスト、タガノディアマンテ、クリノガウディー

と、判断します。

(エメラルファイトは出走取消)

 

 

< MOTOのメールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

若葉ステークス組診断

次に少し影の薄い若葉ステークス上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは1番人気のヴェロックス

東スポ杯こそ4着に敗れましたが
若駒ステークス、若葉ステークスと続けて圧勝

臨戦過程としては少頭数でのレースを続けて走っており
楽な競馬が続いている臨戦過程は不安要素ではありますが
先行力があるうえに、末脚もしっかりしているので
皐月賞でも侮れない存在ですね。

 

若葉ステークス組は

買い:ヴェロックス

と、判断します。

 

 

共同通信杯組診断

次に最近のトレンドである共同通信杯上位馬を見ていきましょう。

勝ったのは3番人気のダノンキングリー

共同通信杯では直線での瞬発力勝負となり
アドマイヤマーズを競り落としての勝利

2戦目では持久力を見せて勝利しており
高い能力を見せつけての皐月賞出場となります。

ディープインパクト産駒なので、外を回っての体力勝負は嫌ですが
どんな競馬場・流れにも対応できるバランスの良さを持っており
皐月賞の舞台でも軽視は出来ません。

 

2着アドマイヤマーズはダイワメジャー産駒らしく
先行してからの持久力がウリの馬です。

ただ、皐月賞は前に行ってからの粘り込みだけは通用しない舞台なので
皐月賞への舞台適性には若干の不安要素がありそうですね。

 

3着クラージュゲリエはハーツクライ産駒らしく
長くいい脚を使うものの反応が鈍い馬

昨年のグレイルのようにちょっと反応が遅れるリスクがありそうです。

 

共同通信杯組は

買い:ダノンキングリー

危険:アドマイヤマーズ、クラージュゲリエ

と、判断します。

 




 

まとめ

ここまで弥生賞、スプリングステークス、若葉ステークス、共同通信杯と
4つのレースを見ていきましたが

【買い】

ブレイキングドーン、ニシノデイジー、エメラルファイト

ヴェロックス、ダノンキングリー

【危険】

メイショウテンゲン、シュヴァルツリーゼ、ファンタジスト、タガノディアマンテ

クリノガウディー、アドマイヤマーズ、クラージュゲリエ

と判断しています。

 

ただ、枠順次第で各馬の評価が変わってくるので

出走馬の確定したうえで最終判断をしていきたいと思います。

 

 

皐月賞2019で私が最も注目している馬は
前走は凡走したものの能力は互角と見ている、あの馬です。

この馬はかなり期待値が高いですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ