【関屋記念2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【関屋記念2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは関屋記念2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

関屋記念は真夏の新潟競馬場で行われるマイル重賞です。


(写真は2018関屋記念 プリモシーン)

関屋記念は真夏の新潟競馬場で行われるマイル重賞です。

直線の長い新潟競馬場の外回りコースで行われるレースなので
とにかく直線での長い追い比べが見どころなレースですね。

レベルの低い馬が集まりがちな夏場のレースですが
直線が長く、実力通りに決まりやすい条件で行われるので
力のある馬が出走するレースになっています。

 

 

過去には、ジャスタウェイ、ダノンシャークなどのGI馬をはじめとして

マジックタイム、マルターズアポジー、クラレント、ドナウブルー

などの実力馬が勝っている点からも、夏のレースとしては注目度の高いレースです。

そんな関屋記念2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ケイデンスコール 3.7倍
ミッキーグローリー 3.9倍
ソーグリッタリング 浜中 5.5倍
サラキア 7.1倍
リライアブルエース 8.3倍
オールフォーラヴ 8.8倍
ミエノサクシード 川島 9.9倍
ロシュフォール 10.8倍
アストラエンブレム 13.0倍
ハーレムライン 15.7倍
キョウワゼノビア 16.1倍
ブレスジャーニー 22.7倍
ロードクエスト 23.5倍
ディメンシオン 25.6倍
サンマルティン 27.0倍
フローレスマジック 29.9倍
ランガディア 32.1倍
エントシャイデン 34.0倍
ストーミーシー 37.1倍
トミケンキルカス 44.0倍
ファストアプローチ 48.6倍
ボールライトニング 52.8倍
ヤングマンパワー 70.7倍
マイネルアウラート 185倍
クリノガウディー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

NHKマイルカップ2着の ケイデンスコール

2018年の朝日杯フューチュリティステークスから
不振にあえいでいたケイデンスコールですが
前走のNHKマイルカップではグランアレグリアに先着して2着

あわやGI勝ちという高いパフォーマンスを見せてくれました。

今回の関屋記念は新潟2歳ステークスを勝った適性のある舞台
ケイデンスコールが今後GIを狙う為には
今回の関屋記念で足踏みをするわけにはいきません。

エプソムカップ2着の サラキア

前走のエプソムカップでは逃げという奇襲に出て
2着としっかりと結果を残したサラキア

もともとローズステークス2着、秋華賞4着とG3レベルでは
力上位の存在で、馬場や展開が向けばいつでも勝ち負け出来る存在です。

今回の関屋記念は直線の長い新潟競馬場が舞台
サラキアにとっては再び好走が期待できる舞台ですね。

 

確変モードの キョウワゼノビア

前走のCBC賞は惜しくも4着と敗れましたが
パラダイスステークス、谷川岳ステークスでは3着に入り
突然覚醒した感のあるキョウワゼノビア

もともと条件戦でも良い走りを見せていた馬なので
才能が開花した今なら強敵が揃う関屋記念でも互角の走りを見せられそうです。

久々の競馬になる ミッキーグローリー

昨年のマイルチャンピオンシップ以来の出走となるミッキーグローリー

昨年は京成杯オータムハンデを圧勝したのちに
強敵を相手にしたマイルチャンピオンシップでも5着と健闘

持っている地力がGIクラスであるのは間違いないところですが
今回は久しぶりの競馬に加えて、直線の長い新潟競馬場でのレース

難しい条件は揃っていますが、今回の関屋記念でも勝ち負けが出来れば
再びGIへの期待が膨らんでいきます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ関屋記念2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック