大阪杯2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

大阪杯2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた大阪杯2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は大阪杯が行われますが

「近年まれに見る豪華&混戦メンバー」ですね~

 

こういうレースは何か一つ替わると着順が入れ替わるので
枠順はかなり重要になると思っています。

で、今回の大阪杯の枠順を見て思った事はこれです。

「狙いたい馬が最悪の枠引いて、
切りたい馬がいい枠引いてんじゃん」

 

いやぁ、これは非常に難しいですよ。

予想力というよりも、

”自分が競馬の神に愛されているのかどうか?”

が、試されるレースになりそうです。

 

いままで競馬の神に愛されたことを実感した事はないのですが

決して弱気にならず、大阪杯の予想をしていきましょう。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

という事で、大阪杯2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

楽勝宣言が出ているのはあの馬!

競馬セブンでは大阪杯で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして大阪杯3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

大阪杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

大阪杯2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

大阪杯(阪神芝2000m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・末脚を持っている馬が有利なレース

・実力通りに決着しやすいレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は曇りのち晴れの予報
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

2枠2番 ワグネリアン

今回は神戸新聞杯以来の競馬という事で
馬がどれだけ仕上がっているのかが焦点となりそうなワグネリアン

鋭い瞬発力が武器の馬で、本質的には内枠もこなせる馬ですが
今回の大阪杯は久しぶりのレースに加えて、混戦となりやすい内回りのGIレース

現状のワグネリアンにとってはかなり苦しい枠に入ったのではないかと思います。

 

3枠3番 アルアイン

前走の金鯱賞では上位争いに加われずに
5着と惨敗してしまったアルアイン

毎回、自分の力を出し切るアルアインにとっては
物足りないレースになりましたが
今回の大阪杯では良い枠を引けました。

一叩きして、前に行く体制は整っていると思いますし
体力を活かして、外を捲る馬でもないので
距離ロスなく、自分の競馬が出来そうですね。

 

3枠4番 エポカドーロ

前走の中山記念では見せ場なく敗れてしまったエポカドーロ

昨年秋は条件が合わないレースでしたが
中山記念はベストの条件だっただけに
ちょっと深刻な負け方でした。

今回の大阪杯では4番枠という内目の枠を引きましたが
パワーを使って、外から勢いをつけて上がってくる戦法がベストの馬

大阪杯は厳しい枠を引きましたね。

 



 

4枠6番 キセキ

昨年の秋はハイパフォーマンスを連発して
GIを盛り上げてくれたキセキ

天皇賞秋から逃げという戦法が固定化して
迷いがなくなった分、いいレースが出来るようになりました。

今回の大阪杯では前のポジションを取るには絶好と言える内目の6番枠
仕上がりは気になりますが、枠順はベストだと言えますね。

 

5枠7番 ブラストワンピース

昨年の有馬記念でレイデオロを倒して
グランプリホースとなったブラストワンピース

今回は距離短縮ローテがポイントになりそうですが
スタミナとパワーで押し切る競馬がベストのブラストワンピースにとって
馬群に包まれる可能性がある内枠だけは避けたかったところ

大阪杯で引き当てた真ん中の7番枠はベストに近い条件ですね。

 

5枠8番 サングレーザー

昨年の天皇賞秋では2着に入り、
続く香港カップでも4着に入ったサングレーザー

強烈な末脚を武器にしている馬なので
外々を回っての体力勝負だけは避けたかったところですが
今回の大阪杯では真ん中の8番枠を引き当てました。

もう少し内枠の方が良かったと思いますが
悪い枠ではないので、極端な不利はなさそうです。




 

6枠9番 エアウィンザー

前走の金鯱賞ではダノンプレミアム、リスグラシューに完敗して
能力の底が見えたようなレースになってしまったエアウィンザー

もともと瞬発力はそれほど優れたものをも持っていないので
ヨーイドンのレースは避けたいところですし
直線ではある程度外に出して競馬をしたい馬なので
今回の大阪杯で引いた6枠9番という枠順は良い枠だと言えますね。

 

7枠11番 ペルシアンナイト

昨年の大阪杯では2着に入り
GI級の能力を見せつけたペルシアンナイト

前走の金鯱賞では4着と敗れましたが
典型的な叩き良化型なので、気にする必要はなさそうです。

ただ、スピードと瞬発力に特化したタイプの馬で
内で馬群に入ってから一瞬の脚で抜け出す形が得意なので
今回の11番枠という外目の枠はかなり不利な条件だと言えますね。

 

7枠12番 ステルヴィオ

前走の中山記念では3着とトライアルレースとしては
上々なレースをみせたステルヴィオは外目の12番枠に入りました。

昨年のマイルチャンピオンシップで見せたような
一瞬の切れ味が持ち味なので
今回の大阪杯でも内枠からレースを進めたかったですね。

枠順は良いとは言えません。

 



 

まとめ

大阪杯2019で良い条件の枠をゲットしたのは

6枠9番 エアウィンザー

3枠3番 アルアイン

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

実力馬同士のガチンコバトルとなりそうな今年の大阪杯ですが

かなりオッズが割れそうなので、相手を絞って馬券を買いたいですね。

 

私が大阪杯2019で注目している馬は
臨戦過程ではナンバーワンといえるあの馬です。

ここは期待をしたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。