2014日本ダービーレース回顧|今後のダービー馬券的中の方法とは

Pocket

先日行われた日本ダービーは期待したワンアンドオンリーが勝利

馬の能力は今回のメンバーで一番というのもありましたが
1枠2番という好枠を最大限に活かした横山典弘騎手の騎乗が光りました。

横山典弘騎手がインタビューで言っていた通り
まだまだ成長する余地を残す走りをしており
ワンアンドオンリーとイスラボニータは
今年の3歳世代では頭一つ抜けた存在ですね。

2着のイスラボニータも力は見せました。

一度差されても差しかえしていたように距離には問題なく
持っている力を全て出してくれました。
最後は若干の力の差が出たという事でしょう。
フジキセキ産駒という壁を超え続けるイスラボニータですが
秋に向けて「成長力」という大きな壁が待っています。
秋初戦は見逃せませんね。

3着にはマイネルフロストが入りました。

Cコース開放で内枠と脚質を最大限に活かした走りでした。
このCコース替わりというのは今後日本ダービーを予想する上で
最大の焦点となりそうです。

今回マイネルフロスト以外にも内枠を利して
アドマイヤデウスやサウンズオブアースも検討
内で粘る先行馬が馬券圏内へ入ってきて穴を開ける。

絶対的な能力値と突出したコース適性。
このバランスを制した者が今後の日本ダービーを制する事が出来る人間でしょう。

4着タガノグランパは好走の原因が正直わかりません。
あるとしたら私が思っていたより、馬の能力が高いという事。
適距離に移ってきたら間違いなく外せない1頭です。

トゥザワールドは5着でした。

本当はもう少し前で競馬をしたい馬で位置取りが敗因です。
が、本質的には東京コース向きではなく
器用さが問われる小回りコースの方が力を出せるでしょう。

レッドリヴェールは展開に泣いた点もありますが
この馬本来の走りが出来ませんでした。
本質的に牡馬混合で力を出せるタイプでない可能性が高いです。

今回の日本ダービーで学んだのは
能力が高い馬を主軸に伏兵にはコース適性を生かせる馬を
組み合わせるというのが必勝パターンだという事。

この教訓を忘れないようにしましょう。

また、今回の結果は現段階で菊花賞を考えるのは
非常に難しい結果となりました。

京都3000mをこなせるようなスタミナ豊富な馬を
探していくことに注力していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。