2014安田記念出走予定有力馬紹介!三連単でも勝負出来るレース

Pocket

今週のメインレースはGI安田記念

昨年はロードカナロアが勝ったレースで
ずっと主役不在が続いていたマイル戦線ですが
今年は世界に誇れるほどレベルの高いメンバーが揃いました。

1頭ずつ紹介していきましょう。

まず主役は世界のジャスタウェイ

昨年秋に天皇賞を勝ってからの
この馬の快進撃は目を見張るものがあります。

苦手な中山競馬場でも圧勝。
未知であったドバイの競馬でも圧勝。

今度は得意な東京競馬場、距離も最適なマイル
地力も超A級で正直負ける材料がないくらい
全てが整っていると言える状態での出走となります。

ただ、盤石なジャスタウェイに土をつけられる
可能性があるくらいのレベルにある復活した実力馬が2頭います。

最初はマイラーズCで華麗な復活を遂げたワールドエース

ゴールドシップ、フェノーメノといった強豪世代の中でも
トップの素質と言われていた馬がマイルで復活
日本ダービーの走りと比較するとマイルは適距離
マイラーズCのパフォーマンスの高さからジャスタウェイを食う可能性は十分です。

そして前走でワールドエース以上のド肝を抜く
パフォーマンスを見せたのがグランデッツァ。

こちらもゴールドシップ世代ですが、2歳時はゴールドシップ以上の
走りを見せていた実力馬。
前走はハイペースを2番手でついていき、バテる先行馬を尻目に
1頭だけ脚色鈍る事なく、後続を突き放す次元の違う競馬。
間違いなくGI級の能力の持ち主ですが、不安点を挙げるなら
左回りの東京競馬場適性が未知であるというところ。

アグネスタキオンの最高傑作と言われたこの馬が
どこまでこの舞台でやれるのか
不安もありますが、期待が大きい馬です。

そして未知の魅力と言えば3歳マイル王ミッキーアイル

ほぼ完璧な成績でGI馬に上り詰めたミッキーアイル
3歳馬で斤量が軽い点が一番の魅力ですが
前走のパフォーマンスはインパクトが弱いものでした。
あの走りが実力ではないことは承知ですが
若い浜中俊騎手がどこまで思い切って逃げられるか

前走のような消極的な競馬では見せ場なく敗れるでしょう。

昨年のマイルCS王者トーセンラーは京都記念からのぶっつけとなります。

その走りからマイラーである事は間違いなく
GI馬であるレベルの力を持っているのも間違いありませんが
地力面でも上位3頭よりは一枚下であると同時に
京王杯SCを使えなかった事はマイナス要素です。

今回は一角崩しが精一杯と評価します。

前走マイラーズCで2着に入ったフィエロもレベルの高い馬ですが
今回のメンバーに入ると一歩劣る点は否めないでしょう。
ただ、走りを見るとどんな馬場でも堅実に走れるので不安要素はなく
この馬の力は十分に出してくれるという信頼感はあります。

マイラーズC3着のエキストラエンドも安定感のある馬で
今回の東京マイルという舞台はベスト
能力はフィエロと双璧で走りにも安定感があるので
伏兵として指名するなら狙いたい馬ですね。

前走復活を遂げたカレンブラックヒルは展開に恵まれた形で
パフォーマンスは低かったので買う必要はありません。

グランプリボス、ダノンシャークといった
今までのマイル戦線の強豪達は
グッと相手のレベルが上がってしまった今回は難しいでしょう。

今回の安田記念は世界レベルの戦いが見られるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。