桜花賞2019の過去10年データ分析|注目すべきはローテーション

Pocket

桜花賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
桜花賞2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は桜花賞が行われますが
なんといっても昨年のアーモンドアイは衝撃でしたね~

 

桜花賞の勝ちっぷりをみただけで
その後の活躍が予想で切るような勝ちっぷりでした。

 

ただ、個人的には歴史的名馬は牡馬の方が
ワクワクするんですよね~

それは牝馬が嫌いとかそういうわけではなくて

”種牡馬としての活躍” を考えちゃうんですよ。

 

ダイワスカーレットとかウオッカとかが
もし種牡馬になれていたら、どんな産駒を出していたんだろう

とか、思ってしまうとやっぱりキタサンブラックのような牡馬が

最強馬であった方がワクワクします。

 

今年の桜花賞も歴史的な名牝になるかもしれない馬達が出てきます。

未来の事は誰にも分かりませんけどね。

レベルの高い競馬を期待したいですね。

 

という事で、

桜花賞2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 




 

桜花賞2019は阪神競馬場芝1600mで行われます。

牝馬クラシックの中でも「花形」のレース

能力をそのまま出せる舞台ですし
実力馬同士のガチンコ勝負が期待できそうですね。

 

そんな桜花賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

動画で見たい方は以下からどうぞ

 

 

桜花賞はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

【2018年無料予想11週連続的中の実績がある競馬サイト!】
2019年も万馬券連発の大暴れ!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で桜花賞の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の桜花賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  桜花賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

桜花賞過去10年のデータ分析

回収率は先行馬でも、直線一気が通用する舞台!

まず、最初に注目したのは桜花賞の脚質です。
以下は桜花賞での4コーナーでの順位別成績です。

回収率の面だけを見ると
先行馬が好成績を見せていますが

4コーナーで16番手以下に位置している馬が5勝

原則、先行馬が有利な競馬において

特異なデータを示しています。

 

桜花賞は阪神競馬場芝1600m外回りコース

コーナーが下り坂で勢いをつけられて
直線も長い外回りコースなら十分に差し馬が届きます。

 

ここで、桜花賞の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

近年は先行馬が残るパターンが出てきていますが

基本的に上がりの速い馬が有利ですね。



 

切れ味勝負はディープインパクトを買っておけばOK!

次に桜花賞の種牡馬別成績を見てみましょう。

何と言ってもディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。

ディープインパクトの武器である

「スピード」と「瞬発力」が活きるレースですね。

 

ここで桜花賞の過去10年における
枠順別成績を見ていきましょう。

あからさまに外枠の馬が優勢です。

前残り決着になった2015年の桜花賞

そして、ラッキーライラックが粘った昨年の桜花賞を除くと
基本的には外の馬が力を出しています。

 

普通の流れになれば、外枠の方が圧倒的に有利ですね。

 




 

レース間隔を空けてはダメ!

次に桜花賞の前走レース名別成績を見てみましょう。

過去10年でチューリップ賞組が7勝と
圧倒的な成績を見せつけています。

逆にクイーンカップ組は大苦戦

(圧倒的な人気になったメジャーエンブレムも4着)

 

まだ繊細な3歳牝馬にとって
レース間隔を空けていきなりのGIは難しい事が分かります。

シンザン記念から勝利したアーモンドアイの強さが浮きだちますね。

 

最後に桜花賞の馬体重別成績も見てみましょう。

馬体が大きいほど、好走率が高くなっている事が分かります。

桜花賞の舞台は切れ味勝負の舞台ですが
馬体が大きくパワーのある馬と相性が良い

という事が分かります。

 

以上が桜花賞2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

桜花賞は阪神芝1600mという
広々とした外回りコースなので

基本的には差し馬が有利です。

また、桜花賞と同じ舞台であるチューリップ賞組が有利

間隔を空け過ぎずにしっかりと調整された馬が強いと言えます。

桜花賞は王道のローテーションで臨む馬が狙い目ですね。

 

 

私が桜花賞2019で注目しているのは
実力馬が揃う中でも、一番状態面が良さそうなあの馬です。

穴を狙えないレース、ここは堅く絞っていきましょう。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ