平成26年5月31日東京競馬・京都競馬の狙える馬

Pocket

今日行われる競馬の狙える馬は2頭です。

1頭目は東京10R薫風ステークスのアンアヴェンジド

もともと東京向きの馬ですが
前々走の招福Sでは内枠から後方に下げてレースの流れに乗れずにジ・エンド
前走の白麗は得意の東京コースでしたが
不良馬場の中、出遅れでスムーズなレースが出来ず5着

今回は良馬場で改めての1戦となり
過去2戦の敗戦で人気も落ちている点も馬券的には美味しい点は見逃せません。

余談ですが、アンアヴェンジドの父親エンパイアメーカーの子供は
東京ダート1600mを非常に得意としています。
出てくるだけで印をつけないといけないレベルの好成績なので覚えておきたいですね。

相手は2頭を選択します。

東京コースで高い能力を見せるパワースポット
前走で鋭い脚を使ったスズカヴィグラス

枠も好枠を引きましたし、出来るだけ絞って勝負したいですね。

もう一頭の狙える馬は、京都10R白百合Sのステファノスです。

前走は不得手の中山コースでありながら、皐月賞を5着と健闘
あのメンバーと条件で5着に入るのは能力の証

加えてもともと切れ味が鋭く、京都コース向きという
条件面での好転も見逃せず、ここはあっさりと勝負を決めてくれると期待します。

相手は非常に難しいですが、能力でレーヴデトワール
ゼンノロブロイ産駒でスピード能力に不安がありますが
それでもこのメンバーなら期待をしたいと思います。

あとはだいぶ落ちますが、常に相手なりに走るがワンパンチ足りないミヤビジャスパー
京都新聞杯でもそれなりの競馬を見せており
掲示板には入ってくるであろうことは想像できます。

人気のモーリスは完全にパワー型の馬
京都コースで狙う馬ではありません。

ピオネロも同様の評価ではありますが
モーリスほど適性が偏っていないので
このメンバーなら能力で上位に入ってくる可能性があります。

今日はこの2頭を中心にいきたいと思います。