【高松宮記念2019】絶対に馬券を買わない期待値の低い馬はあの人気馬だ!

Pocket

高松宮記念2019に出走を予定している出走馬の中で
絶対に馬券を買わない期待値の低い人気馬について
発表していき、根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いやはや、先週のスプリングステークスは天国と地獄を味わいました。

推せる穴馬には勝ち馬であるエメラルファイトを指名

実際の馬券でも本命にしたので
4コーナーを抜群の手応えで上がってきた時は

「よしっ、これは高配当ゲットだ!!」

と、思ったんですけどね~

 

2着にはこのコーナーでも取り上げたファンタジストが入ってしまいました。

エメラルファイトから馬連とワイドを6点買っていたんですけど

2着ファンタジストはおろか

3着ディキシーナイト、4着タガノディアマンテ、5着ヒシイグアス

と、どの馬も買っておらず…

 

「コスモカレンドゥラ、もっと頑張れよ!!」

と、思っても後悔先に立たず

見事なまでに外してしまいました。

いやはや、こんなハズレではめげません。

的中の為に多点買いするくらいなら
相手をもっと絞って10000%馬券を狙ってやりますよ。

 

という事で、今週は高松宮記念が行われますね~

 


(高松宮記念2018 ファインニードル)

 

GIでも思い切って人気馬をぶった切ろうと思っております。

早速行ってみましょう!!

 

動画で見たい方はコチラから見てくださいね。

 

という事で、高松宮記念の期待値の低い馬の話をしていきましょう。

 




 

高松宮記念2019で
馬券を買ってはいけない最も期待値の低い馬は

ロジクライ

です。

 

 

マイルで常に安定した走りを見せるロジクライですが
前走の阪急杯では1400mでは距離短縮に見事に対応して3着

鞍上にはルメール騎手の騎乗が予定されており

今回の高松宮記念でも上位人気になるんじゃないかと思います。

 

そんなロジクライがなぜ
高松宮記念2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

高松宮記念2019のコース分析

高松宮記念2019のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

高松宮記念2019のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

 

高松宮記念で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「ブラッドホース」の無料会員に登録してくれた人には
重賞レースの情報を無料で提供します。

「ブラッドホース」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「ブラッドホース」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「ブラッドホース」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

ロジクライの不安要素

格上を相手にすると怯むメンタルの弱さ

ロジクライは富士ステークス、シンザン記念で勝利を収めており

中京記念、阪急杯、京王杯オータムハンデで馬券に絡んでいるように

持っている能力的にはGIでも戦えるだけのものがあります。

 

ただ、ロジクライの成績を見てみると

肝心なところで負けてしまっている気持ちの弱さが見えます。

 

その代表例は古馬になって初めての重賞レースになったマイラーズカップ

前走の六甲ステークス、前々走の節分ステークスでは
圧勝と言えるような勝ち方をしているので

レースでは3番人気に支持されましたが

ここで信じられないくらい情けない負け方をしてしまいました。

エアスピネルやモズアスコットなど強い馬がいましたが

ロジクライは能力負けした訳ではなく
強敵を相手に怯んで自滅した形でした。

 

そして、昨年秋に出走したマイルチャンピオンシップも惨敗しています。

前走でエアスピネルやペルシアンナイトなど相手に
完勝したロジクライでしたが、GIという格上のレースで自分の力を出せずに負けています。

 

明らかに能力ではない負け方をしているロジクライ

その傾向を見てみると

格上の強い相手と戦った時に脆さを見せている

と言えます。

 

今回の高松宮記念はまだ対戦していないような
強敵との戦いとなるので

ロジクライが気後れして、力を出せない可能性は高くなります。

 



 

未知の距離に挑む割には人気が見込まれる??

今回高松宮記念に出走するロジクライは

初めて1200mを経験します。

 

この初距離を懸念する声は上がっているものの

私はロジクライが1200mが全くダメだとは思いません。

持久力型で中京は合いそうですし、

先行力もあるので、スプリント戦への対応が出来そうです。

 

ただ、古馬になって初めての距離ではあるので
マイナスに出る可能性は否定できませんし

はっきりいって未知の要素です。

 

そして、未知の要素な割にはロジクライは人気に見込まれそうです。

今回はルメール騎手が騎乗することで
おそらく3,4番人気になると思われます。

 

未知の要素がある中での3,4番人気は
期待値の面では良くありません。

好走率と比較すると、ロジクライは買える馬ではないですね。

 




 

以上、2つの理由から

高松宮記念2019で
馬券を買ってはいけない最も期待値の低い馬は

ロジクライ

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

前走の阪急杯では1400mという距離短縮ローテながら
3着と短距離戦にメドをつけたロジクライですが

1200mは未知の条件である事は間違いありません。

そして、ロジクライの過去の成績を見てみると

大舞台になった時に脆さを見せている事が分かるので
今回の高松宮記念ではパフォーマンスを落とす可能性が高いと言えます。

これらを考えると今回の高松宮記念では期待値の低い馬だと言えますね。

 

高松宮記念2019ではロジクライを切って勝負したいですね。

 

 

高松宮記念2019で私が注目している馬は
ロジクライとは対照的に1200mで実績を見せているあの馬です。

人気になりますが、確率は非常に高いですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ