ヌーヴォレコルトが完勝!2014オークス(優駿牝馬)レース回顧

Pocket

先日行われたGIオークス(優駿牝馬)は
ヌーヴォレコルトが中団から鋭く抜け出し完勝。

圧倒的な人気を誇ったハープスターが敗れるといった結果になりました。

ハープスター云々という意見もありますが
レースを見ると単純にヌーヴォレコルトが強かったと結論づけられます。

ハーツクライ産駒らしい長距離適性と成長力で
チューリップ賞、桜花賞以上のパフォーマンスを見せてくれました。

秋にはもうワンランク上のパフォーマンスを見せてくれると思いますが
スピード勝負となる京都でのレースが増えそうなので
その点は少し注意が必要になるでしょう。

2着に敗れたハープスターは距離ロスが響きました。

そこも能力の違いでなんとかするかと思っていましたが
そのロスを許さなかったヌーヴォレコルトの能力に屈した形。

世代トップの力があることは間違いないし
今後牡馬と戦って互角以上に渡り合えるのもこの馬だけでしょう。

3着に入ったバウンスシャッセも立派な走りでした。

もともと能力がある上に条件がピッタリで
北村騎手も好騎乗を見せてくれました。
今回の結果は力負けという事でしかたありませんね。

4着のニシノアカツキは良くも悪くもオペラハウス産駒らしい馬。

走りに爆発力と脆さが同居していて人気薄で好走するタイプ
今後もチェックは必要ですね。

サングレアルは惨敗でした。

血統と前走の走りからここは格好をつけると思っていましたが
まだ確固たる力がついていないという事でしょう。

再び東京コースで出走するときはチェックしておきたい馬です。