大阪杯2019の過去10年データ分析|圧倒的に成績を残している脚質は?

Pocket

大阪杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
大阪杯2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は大阪杯が行われますが
最初はGIへの昇格に違和感を覚えていた私も
すっかりと「GI大阪杯」を受け入れて楽しみになってしまいました。

 

これが俗にいう「慣れ」ですよね。

消費税とかも、導入前はあれだけ反対して
導入が決まった時は反感を持っていましたが

慣れてしまうと普通の風景になってしまう。

 

うーん、悔しいけど人間は忘れる生き物ですからね。

こういう特質があるのは理解しておくといいかもしれません。

 

商売とかしている人は値上げをしようとすると

「もしかしたら、この値上げで嫌われちゃうかも…」

とか、思いがちですが、意外に慣れちゃうものなのかもしれませんよ。

どうせ、忘れちゃうんだから思い切っていきましょう!!

 

という事で、

大阪杯2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

動画で見たい方は以下から見て下さい。

 




 

大阪杯2019は阪神競馬場芝2000mで行われます。

ご存知の通り2年前からGIに昇格されたので

それまでのG2レースと比較すると
若干傾向は変わってくるかもしれません。

 

昨年はスワーヴリチャード、一昨年はキタサンブラックと
1番人気が期待に応えているレース。

割と堅そうなイメージが沸きますよね。

そんな大阪杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

また、G2で開催されていた時期も加えてデータをとっていますので
若干データとしての密度は薄くなりそうです。

 

 

楽勝宣言が出ているのはあの馬!

競馬セブンでは大阪杯で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして大阪杯3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

大阪杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

大阪杯過去10年のデータ分析

先行馬よりも差し馬が優勢!

まず、最初に注目したのは大阪杯の脚質です。
以下は大阪杯での4コーナーでの順位別成績です。

ここ2年は1番人気馬が先行押し切りを決めていますが
10年のデータで見てみると

「先行馬よりも差し馬が有利」

と言えますね。

 

大阪杯は阪神競馬場芝2000m内回りコース

内回りなので、どうしても勝負どころが速くなるので
先行した馬には強いプレッシャーがかかるのは想像できますよね。

 

ここで、大阪杯の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順が6位以下の馬は惨憺たる成績です。

勝負どころが速くなって、持久力勝負になるので
上がりが最速である必要はないですが

直線での脚がない馬は残れていません。

大阪杯を制するには持久力と末脚が必須ですね。



 

穴党沈黙…、強い馬が勝つ実力勝負!

次に大阪杯の年齢別成績を見てみましょう。

量的な部分でいえば、4歳馬と5歳馬が優勢ですが
回収率の面も加味すると

圧倒的に4歳馬が強いレースです。

4歳馬(若い馬)が強いという事は、
このレースは実力勝負だという事ですね。

 

あともう一つ大阪杯の過去10年における
人気別成績を見ていきましょう。

1番人気の馬は過去10年で9回馬券に絡んでいます。

大阪杯は人気馬が期待に応えるレース

つまり、強い馬が強いレースをするレース

という事ですね。

 

四の五の言わずに、実力馬を買いたいですね。

 




 

阪神芝コースは外枠有利が鉄則!

次に大阪杯の枠順別成績を見てみましょう。

パッと見て外枠の馬が強い事が分かります。

阪神競馬場の芝コースは3コーナーから直線の入り口にかけて
ずっと下り坂が続くコース設定になっています。

ですので、下り坂の惰性を最大限に活かせる
外を通った馬の方がパフォーマンスを発揮できます。

内枠に入った馬は一枚割り引きが必要ですね。

 

最後に余談になりますが、大阪杯の種牡馬別成績も見てみましょう。

6位のオペラハウスを除いて

1~8位までサンデーサイレンス系種牡馬が独占

現在、日本のトップに君臨しているのはサンデーサイレンス系の馬達

大阪杯は内回りコースではありますが
サンデーサイレンス系の馬が力を発揮できる舞台である

という事が分かりますね。

 

以上が大阪杯2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

大阪杯は阪神芝2000mという
早めの仕掛けが起こる内回りコースなので

基本的には差し馬が有利です。

また、人気馬が強く、年齢の若い馬が強いという
能力勝負の様相を呈しているので

無理に穴を狙わず、強い馬をチョイスしていく事が大切になります。

ただ、外枠に入ると若干のアドバンテージを貰えるので
枠順だけは注目しておく必要がありますね。

 

 

私が大阪杯2019で注目しているのは
実力馬が揃う中でも、一番状態面が良さそうなあの馬です。

穴を狙えないレースですが、人気面の妙味もある馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。