競馬の祭典!2014日本ダービー出走予定有力馬情報と評価

Pocket

今週のメインレースはJRA一年を通してのメインレースといえる
競馬の祭典「日本ダービー」です。

出走メンバーを見渡して個人的な感想を言うと
だいぶ有力馬が絞られたという印象。

クラシック前に有力だと思っていた
バンドワゴン、プレイアンドレアルは出走できず
皐月賞5着で面白い存在だと思っていたステファノスも出走できず
レースの面白みとしては少し減りましたが
馬券の当てやすさは上がった。

という事が言えます。

それでは2014年の日本ダービーに出走を予定している有力馬を紹介しましょう。

まず主役は皐月賞馬イスラボニータ

混戦と言われた前走の中でひときわ強さを見せたのがこの馬。
能力は世代の中でも一番を争う存在で
スピード感のある走りから東京コースもOK
1点不安点を挙げれば距離延長でしょう。

現段階でこなせるこなせないという判断は出来かねますが
フジキセキ産駒は総じてマイラータイプが多く
そこを払拭できるかが一番の課題であり注目です。

皐月賞2着のトゥザワールド

こちらは常に安定した走りを見せている馬ですが
東京コースでの走りは明らかにマイナスです。
切れ味がなく、スピード感に欠けるこの馬の特性は
中山でこそ活きるので、東京コースを能力でどこまで巻き返せるか
と言うことが最大の焦点となります。

皐月賞3着のウインフルブルーム

こちらは一本調子のタイプなので東京では向かないでしょう。
距離も不安で、買いの要素がありません。

皐月賞4着のワンアンドオンリー

前走の皐月賞では最内枠を引いて、最後方からの競馬
条件としては最悪でしたが、能力で4着まで来ました。

能力ではイスラボニータと並びトップ2を形成しており
ハーツクライ産駒での豊富な成長力、東京コース替わり
すべてにおいて好転する今回はこの馬の力が存分に発揮できることでしょう。

別路線組の中で最大の注目は牝馬レッドリヴェールです。

牝馬ではハープスターが脚光を浴びていますが
現在までに見せたこの馬のパフォーマンスも超一流。

札幌2歳Sで牡馬を撃破しているように
能力上で問題はなく、距離延長も歓迎。
ここでも互角に戦えるだけの存在です。

毎年日本ダービーに直結する結果を出している青葉賞勝ち馬
今年はショウナンラグーンが名乗りを上げてきました。

前走ワールドインパクトをねじ伏せた内容は
かなりインパクトが強いもので
この馬も十分に狙えるでしょう。

京都新聞杯を勝ったハギノハイブリッド

こちらは前走をレコード勝ちした点が強みですが
相手のレベルは非常に低く、期待よりも不安が大きいと言えます

それならプリンシパルSを勝ったベルキャニオンが良いでしょう。

皐月賞では7着と格好をつけて、得意の東京に戻ってきます。
プリンシパルSは貫禄勝ち。
能力的には上位とは一つ劣りますが、展開一つ・乗り方一つで
上位に食い込むだけの力は秘めています。

馬券として上位に食い込めそうな馬は以上です。

順調に日本ダービーに駒を進めた強豪が
争うような好レースが期待出来そうです。