フラワーカップ2019の過去10年データ分析|圧倒的に有利な脚質は?

Pocket

フラワーカップ2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フラワーカップで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は中山競馬場芝1800mの重賞が2つ行われますね。

先週の中山牝馬ステークス、その前の中山記念と

「中山芝1800mは重賞多っ!!」

という印象を受けますが、
中山競馬場の花形なんでしょうね~

 

そんな中で今週の土曜日にはフラワーカップが行われます。


(2018フラワーカップ カンタービレ)

位置づけとしては桜花賞トライアル的なポジションですが
レース質が全く違うので、どっちかというと本番とリンクしない重賞ですね。

 

ですので、考え方としては

”フラワーカップにがっつりのめり込んでくる馬”

を、探していく感じになりそうですね。

 

動画でも分析を行っているので、見たい方は以下からどうぞ

 

という事で、フラワーカップのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

フラワーカップは中山競馬場芝1800mで行われています。


(中山競馬場立体図)

 

3歳牝馬としてはタフな条件で行われるレースで
どちらかというと「パワフル系女子」が出てきます。

私はどちらかというとか弱い系の女子が好きですが
そんなフラワーカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

フラワーカップで楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でフラワーカップ+1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

フラワーカップ過去10年のデータ分析

中山競馬場芝1800mはやっぱり逃げ・先行馬が有利

まず、最初に注目したのはフラワーカップの脚質です。
以下はフラワーカップでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「圧倒的に逃げ・先行馬が有利です」

 

中山競馬場芝1800mという舞台は
タフな上に小回りコースとなっているので

差し馬にとって都合の悪い舞台です。

冬季オリンピックのスケート競技「ショートトラック」みたいな感じですね。

小回りだとなかなか差すことが出来ます。

フラワーカップは「逃げ・先行馬有利」という事を覚えておきましょう。

 

また、フラワーカップにおける
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロンで1位の馬の成績は悪く
2位、3位の馬は連対すら出来ません。

 

追い込んでくる馬、辛いですね~

 



 

可憐な乙女にハードな戦いは辛すぎる

次にフラワーカップの枠順別成績を見てみましょう。

見るからに内枠は苦戦していますね。

もともとタフな中山芝1800mですからね。

まだ心身ともに成熟していない乙女にとっては
かなり厳しい舞台である事は間違いありません。

若者は楽にノビノビと走れるに越したことはありません。

 

続いて、フラワーカップにおける過去10年の馬体重別の成績を見てみると

馬体の大きい馬の方が有利ですね。

「肉弾戦は体の大きい方が有利」

というのは大相撲などを見てみれば一目瞭然です。

敏捷性は問われず、パワーが問われるという事を
覚えておくといいですね。

 




 

格は通用しないながらも、堅いレース

最後にフラワーカップの人気別成績を見てみましょう。

1~3番人気の成績が非常に優秀ですね。

 

フラワーカップが堅いレースだというのは
データを見て分かったんですが、

じゃあ、重賞を走ってきたような格上馬が活躍しているんでしょうか?

 

最後にフラワーカップの前走クラス別成績をもう一度見てみましょう

GIをはじめとした重賞経由の馬は苦戦しています。

 

GIを使ってきたような馬は能力が全体的に高く
バランスがとれているような正統派が多いですからね。

パワーが重要視されるフラワーカップでは
そのバランス感覚が通用しないんですよね~

この舞台はパワー自慢が台頭する舞台です。

 

以上がフラワーカップ2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

フラワーカップは中山芝1800m

という舞台で行われるレースですが
小回りでタフな条件なので、

パワーのある馬が強いレースになっています。

 

となると、当然道中で脚を溜めたり出来なくなってしまうので
差し馬の末脚は通用せずに、逃げ・先行馬が有利になります。

コースの特徴は偏りがあるので

馬の適性を見抜くことが重要になりますね。

 

 

私がフラワーカップ2019で注目しているのは
パワーがあって、先行策を取れそうなあの馬です。

ここはしっかりと走ってくれそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ