阪神大賞典2019の過去10年データ分析|長丁場を制する馬の共通点は2つ

Pocket

阪神大賞典2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
阪神大賞典で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は重賞が4つ行われます。

牡馬・牝馬のクラシックを控えている事や
大阪杯や天皇賞春も近づいている事から

それぞれのジャンルでトライアルレースが行われるので
面白い戦いになりそうですね。

 

そんな中で、個人的に一番好きなのが

「阪神大賞典」です。

 

近年でいえば、ゴールドシップが3連覇している事で
有名なレースですが、古くからその時の最強馬が
最強馬たるゆえんを見せつけて勝つようなレースでした。

ディープインパクトやサトノダイヤモンドも
阪神大賞典を勝っていますし

もっと遡ると

スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、ナリタトップロード

ナリタブライアン、メジロマックイーン

などなど、歴代の名馬たちが勝っているレースです。

 

今年の阪神大賞典はビッグネームが出走しなさそうですが
天皇賞春に向けて注目のレースである事は間違いないですね。

 

という事で、阪神大賞典のデータ分析に行ってみましょう。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

阪神大賞典は阪神競馬場芝3000mで行われています。


(阪神大賞典2018 レインボーライン)

 

天皇賞春の前哨戦という位置づけのレースですが
近年は様々な臨戦過程で臨む馬が増えており
以前ほど重厚な感じは無くなったレースです。

そんな阪神大賞典を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 




 

阪神大賞典過去10年のデータ分析

長丁場のレースながらも、差し馬が強い!

まず、最初に注目したのは阪神大賞典の脚質です。
以下は阪神大賞典での4コーナーでの順位別成績です。

このデータを見ると

先行馬と差し馬の違いが分からず
フラットなコースに見えますが

長距離戦なので、4コーナー手前で動く馬が結構います。

 

この点を解消するため阪神大賞典での3コーナーでの順位別成績を見てみましょう。

このデータを見ると

差し馬が優勢である事が分かります。

前々で粘り切ることは難しいレースなんですね~

 

このデータを裏付けるため阪神大賞典の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

なんと、上がり3ハロンで1位のタイムを叩き出した馬は

馬券に絡む率が 100%

長距離戦でありながらも、

完全に末脚勝負になっている事が分かりますね。

 



 

穴党沈黙…、黙って人気馬を買うレース

次に阪神大賞典の人気別成績を見てみましょう。

1番人気の複勝率はなんと90%

そして、複勝回収率は100%を超えています。

時代を代表するような名馬の出走は減りましたが
阪神芝3000mに適性のある実力馬は

シンプルに結果を残している事が分かります。

 

ちなみに馬券に絡んでいる馬のほとんどが5番人気以内

特殊コースの割には紛れが少なく

穴党の出番がないレースになっていますね。

 

また阪神大賞典における過去10年の年齢別の成績を見てみると

4歳馬・5歳馬が6歳以下の馬に倍近い差をつけています。

”若い馬が強いレースは能力勝負”

コース適性云々ではなく、単純に強い馬が勝つレースである事が分かりますね。

 




 

能力勝負でも距離適性はほしいところ!

最後に阪神大賞典の前走レース名別成績を見てみましょう。

有馬記念、ダイヤモンドステークス、日経新春杯

といった2400m以上で行われるレースを使った馬は
好成績を収めている一方で

AJCC、京都記念という2200mのレースを使った馬は苦戦

 

長距離適性が求められるのと同時に

直線での末脚勝負を経験してきた馬が強いレースだとも言えますね。

 

最後に阪神大賞典の種牡馬別成績を見てみましょう

サンデーサイレンス系の中では
パワーと末脚の爆発力があるステイゴールドが1位

2位にはスタミナに定評があるサンデー系種牡馬ハーツクライ

3位には瞬発力の鋭いディープインパクトが入っています。

 

この3頭の特徴は

「直線での鋭い末脚が使える」

という事。

 

距離適性と脚質を見て予想をしたいですね。

 

以上が阪神大賞典2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

阪神大賞典は阪神芝3000m
という舞台で行われるレースですが

末脚勝負となる舞台になっています。

 

長距離適性があり、能力が高い馬がシンプルに活躍しているので
人気馬が実績を残しているレースで

無理な穴は狙えない本命よりのレース

となっています。

 

脚質は見ていく必要がありますが
シンプルに強い馬を買っていきたいですね。

 

 

私が阪神大賞典2019で注目しているのは
長距離適性があり、末脚も持っているあの馬です。

配当的な妙味はありませんが、買わないといけない馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。