金鯱賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

金鯱賞2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた金鯱賞2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

大阪杯がGIに昇格してからはや2年

開催された2年間はキタサンブラック、スワーヴリチャード

と共に1番人気の馬が完勝と

春のGIとして格が出てきましたね。

 

そして、大阪杯の最重要トライアルレースとして
名を馳せてきたのが、今回行われる「金鯱賞」です。

12月から3月に時期移動になった時は

「えっ~!!」

 

と思いましたが、開催時期を変えたのが
大成功した稀有な存在ですね~

 

今年のメンバー構成を見てみても

「ドキドキさせてくれるメンバー構成です」

 

という事で、金鯱賞2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

金鯱賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

金鯱賞(中京芝2000m)はまだこの条件での
開催が2回しかないので、細かいデータは挙げられませんが

中京芝2000m全体の特徴を見ていくと

・先行馬が有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れのち雨の予報
稍重馬場か重馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ダノンプレミアム

日本ダービーで9着に敗れて以降の競馬となるダノンプレミアム

豊富なスピードで軽快に先行して
直線で更に二の脚を使うという形がベストの馬で
自分の形を出せると仮定すると最もいい条件に収まったと言えます。

ただ、当時の天候や馬場
ダノンプレミアムが全盛時の走りが出来ないとなると
不利に働きそうな枠順だともいえるので
ちょっとギャンブル的な枠順に収まりましたね。

 

3枠3番 サトノワルキューレ

フローラステークスを勝った時はGI級の評価を得ていたサトノワルキューレ

オークス、ローズステークスの惨敗で評価はがた落ちの今回は
気楽に走れる舞台になったとポジティブにとらえることも出来ます。

不器用で最後方付近からしかレースが出来ないので
枠順はどこでも影響なさそうです。

 

4枠5番 タニノフランケル

中山金杯、小倉大賞典と続けて馬券に絡み
徐々に地力を強化させているタニノフランケル

フランケル産駒らしく、パワーのある馬で馬場悪化は歓迎です。

先頭か2番手で競馬をしたい馬なので
今回の5番枠は絶好枠だと言えますね。

 

 

金鯱賞(G2) 3連複10点勝負

5万6390円的中(17年)など
過去5年で平均配当16296円の
重賞でプロが買う馬券

金鯱賞3連複10点無料閲覧方法

 

 

5枠6番 ペルシアンナイト

昨年のマイルチャンピオンシップでは2着に入り
改めてその地力を示したペルシアンナイト

マイルチャンピオンシップもインから伸びてきたように
馬群なら鋭く抜けてくるスピードと瞬発力が武器の馬

当然、内枠の方が良く、今回の6番枠は及第点だと言えますね。

 

5枠7番 ギベオン

前走の中日新聞杯ではセントライト記念惨敗後から
見事に復活して見せたギベオン

セントライト記念で負けているように
タフさを求められる舞台は苦手な馬

脚を溜めての直線勝負を身上としているだけに
真ん中の7番枠は悪くありません。

丸山騎手は最近いい馬に乗せて貰っていますね。

 

6枠8番 エアウィンザー

GIでの実績はないものの破竹の連勝劇で
今回の金鯱賞では強豪を抑えて1番人気に支持されそうなエアウィンザー

レースセンスがあって立ち回りが上手い反面
瞬発力を持っていない馬なので
内過ぎても、外過ぎても良くない馬なので
今回の金鯱賞で与えられた8番枠は絶好枠だと言えますね。;




 

7枠10番 アルアイン

昨年の秋は天皇賞秋で4着、マイルチャンピオンシップで3着と
GIでも安定した成績を残したアルアイン

近走は2番手付近での競馬が定番となっているので
もう少し内目の枠順でも良かったなと思いますが
馬格があり、体力がない馬ではないので決して悪い条件ではないですね。

 

7枠11番 リスグラシュー

前走の香港ヴァーズでは僅差の2着で金星を逃したリスグラシュー

2歳時や3歳の春にはひ弱さが目立ったリスグラシューですが
徐々に馬体を増やして体力を増強

外枠の体力勝負も歓迎だと言えますね。
ただ、内目の前残りの競馬になってしまうと
手も足も出なくなる可能性があるので
展開の助けは必要になりそうですね。

 

8枠12番 モズカッチャン

有馬記念では期待に応えることが出来なかったモズカッチャン

モズカッチャンの特徴は分かりやすく
内で脚を溜めて、直線で抜け出す競馬が得意で
逆の条件になると脆さを出してくる馬。

今回の金鯱賞では痛恨の枠順となってしまいましたね。

 

まとめ

金鯱賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

6枠9番 エアウィンザー

4枠5番 タニノフランケル

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

実力馬が集まり見応えのあるレースになりそうな今年の金鯱賞

相手を絞って馬券を買っていきたいですね。

 

私が金鯱賞2019で注目している馬は
枠順もソコソコに、ここで能力全開となりそうなあの馬です。

ここは期待をしたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。