2014オークス予想!ゼンノロブロイ産駒とハーツクライ産駒に注目

Pocket

今日行われるGIはオークス(優駿牝馬)です。

レッドリヴェールがダービーへ向かうことが決まったため
桜花賞以上にハープスター1強ムードが高まっています。

オークス 勝負度合い 60%

まずは東京芝2400mの傾向をおさらいしましょう。

東京芝2400mの特徴

枠順は距離ロスの少ない内枠が圧倒的に有利で
脚質は差し・追い込み優勢、
血統はゼンノロブロイ産駒、ハーツクライ産駒と長距離適性の高い馬が有利

という傾向が顕著で予想がしやすい舞台です。

ということで

本命は ハープスター です。

この馬については傾向などは関係ありませんね。
絶対能力の違い、それだけです。

その分、2番手以降を決めるのが非常に難しく
そこがこのレースの焦点となります。

対抗は バウンスシャッセ です。

皐月賞惨敗から望む一戦ですが、フラワーCの勝ち方は
非常に内容が良く、牝馬同士なら上位の能力がある事の証明です。

パワーが勝ったタイプで東京コースの適性が不安要素ですが
東京芝2400mが異様に好成績のゼンノロブロイ産駒で
長距離は全く問題なく、距離ロスなく走れる内枠も好材料。
迷わず2番手にあげたいと思います。

3番手は サングレアル 

こちらもパワー型で前走はどうかと思っていましたが
素晴らしい伸び脚で勝利。
今回のメンバーなら能力上位は間違いなく
舞台も歓迎、3番手以下には外せません。

次に マジックタイム

前走のフローラSでは最後止まってしまって惨敗と
距離の面での不安点がありますが、
クイーンCで見せた末脚は間違いなく能力の証明。
1回の敗戦では見限れません。

桜花賞3着のヌーヴォレコルトも距離に不安がありますが
前走の走りは好内容で外せません。

最後にフローラS2着が好内容のブランネージュを抑えて
相手を5頭とします。

買わない馬について少し言及しましょう。

フォーエバーモアは明らかに距離が長くこの舞台は無理です。
パシフィックギャルは安定感がありますが
走りに迫力がないので、あっても掲示板確保と見ます。

ハープスターは1着を外すことがないと見て
3連単フォーメーションで勝負します。

1着 ハープスター
2着 相手5頭
3着 相手5頭

の20点勝負。

配当がどこまで期待できるかはわかりませんが
ここは的中させておきたいレースです。