【金鯱賞2019】絶対に馬券に入れておきたい穴馬はこの馬だ!

Pocket

金鯱賞2019の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は弥生賞、チューリップ賞、オーシャンステークスと
重賞が3つ行われました。

ですけれども、穴馬チョイスのコーナーはやらなかったんですね~

 

チューリップ賞はダノンファンタジーが鉄板すぎて
荒れる要素がないと思っていましたし

弥生賞も少頭数で実績に差がある競馬という事で
穴馬をチョイスする気になれませんでした。

そして、オーシャンステークスは波乱の要素は感じながらも
穴馬を絞ることが出来なかったんですよね~

一応、メルマガでの予想はダイメイフジを穴馬に評価していましたが
ダイメイフジと同列くらいで、ペイシャフェリシタやエントリーチケットを
評価していたので、1頭に絞ることが出来ませんでした。

 

で、今週はというと…

なかなか魅力的な穴馬がいない(汗)

 

だけれども、2週連続で「見」となると
ちょっと空白が空きすぎるかなぁと思っているので

今週は絶対に馬券に入れたい穴馬を公開したいと思います。

 

チョイスするレースは金鯱賞です。

それでは、行ってみましょう!!

 

動画を見たい方は以下からどうぞ

 




 

金鯱賞2019で注目している穴馬はコイツだ!

金鯱賞2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

例年と比べても、かなりレベルが高いですよね~

もうGIと言われてもいいくらいのレベルで
大阪杯がGIとして認知された感じがしますね。

 

破竹の勢いを見せる エアウィンザー

マイルチャンピオンシップ勝ち馬の ペルシアンナイト

エリザベス女王杯勝ち馬の リスグラシュー

GIで常に堅実な走りを見せる アルアイン

と強い馬を挙げれば、キリがないメンバー構成です。

 


(1番人気が予想される エアウィンザー)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう
金鯱賞2019の穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

タニノフランケル

です。

 

タニノフランケルは前走の小倉大賞典で2着

2走前の中山金杯で3着とここ2走は重賞で馬券に絡んでいますが

昨年秋に行われたセントライト記念では12着

昨年春に行われた京都新聞杯では17着と

脆さを見せています。

名牝ウオッカの子供として注目を浴びる馬ですが

強敵が集う今回の金鯱賞では人気に支持されないことが予想されます。

そんなタニノフランケルが、なぜ金鯱賞で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

金鯱賞(G2) 3連複10点勝負

5万6390円的中(17年)など
過去5年で平均配当16296円の
重賞でプロが買う馬券

金鯱賞3連複10点無料閲覧方法

 

タニノフランケルを穴で買える材料

今が成長期??馬が一皮むけた!

タニノフランケルは3歳時の成績を見てみると

自分のリズムで競馬が出来た時は強いけれども
自分のリズムで競馬が出来ない時は脆い

という傾向が見受けられました。

 

ですが、今年に入ってからの2戦は
昨年の印象を払拭する走りを見せています。

 

3着に入った中山金杯は単騎逃げを打てたことで
自分のリズムで競馬が出来たので
3着という好走も頷けるのですが

前走の小倉大賞典は1番人気に推された中で
サイモンラムセスが大逃げする中を2番手追走

3番手以下の後続にマークされるような厳しい競馬でした。

そんな中でもタニノフランケルは勝ち馬
ステイフーリッシュに最後まで食いついての2着

厳しい流れでも戦えることを証明しました。

 

このレースの「質」の違いが、タニノフランケルの成長力を証明しています。

 

強敵が集う金鯱賞2019ですが、本番を控えたトライアルレースだと考えると
今のタニノフランケルなら互角に戦う事は可能です。

 




 

単騎逃げ濃厚!展開はタニノフランケルに有利に働く!

今回の舞台である金鯱賞は近2年の開催を見ると

「逃げ・先行馬が有利な流れになるレース」

だと言えます。

 

昨年のスワーヴリチャードは道中で捲ったこともありますが
4コーナー2番手の位置からの押し切り勝ち

2着のサトノノブレスは逃げた事で波乱の立役者となりました。

一昨年も人気薄の逃げ馬ロードヴァンドールが2着に粘って
波乱を演出している事からも

金鯱賞が前有利の流れになりやすい事が分かりますね。

 

今回はダノンプレミアムやアルアインといった
逃げの経験がある馬がいますが

タニノフランケルの単騎逃げが見込めるメンバー構成

 

加えて、強豪馬が集まったことで
好走を続けているタニノフランケルの人気が落ちることが予想され
逃げやすい展開に持ち込めます。

タニノフランケルが楽に逃げれば、強豪たちを抑える事は十分に可能です。

 

 

以上、2つの理由から

金鯱賞2019における

タニノフランケルは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



 

まとめ

近走は重賞で堅実な走りを見せていながらも
実績が足りない為、今回の金鯱賞では
人気にならない事が予想されるタニノフランケルですが

今が成長期で、重賞を勝つ力を持っている馬です。

また、展開面もタニノフランケルに大きく味方しそうで
今回は人気に支持されないであろうことを考えると

タニノフランケルの期待値は高いと言えます。

GI馬達が次走のGIを見据えている中
金鯱賞を全力でぶつかれるタニノフランケルは有利

タニノフランケルは見逃せない穴馬ですね。

 

金鯱賞2019で私が最も注目している馬は
タニノフランケルと同じ位に注目している、あの馬です。

こっちの馬も十分に強いですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。