弥生賞2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

弥生賞2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた弥生賞2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

とうとう3月に入ってしまいましたね~

 

周りの人の声を聞いてみると

「あっという間に3月になった」

という人が多いんですが、

競馬界もあっという間にGIが近くなってきました。

 

私の興味としては毎年牡馬クラシックのレベルが気になるんですが

今年はなんとなく小粒感が強い…

 

サートゥルナーリアが超大物だったりすれば
話は別なのかもしれませんが

ちょっとインパクトに欠ける印象を持っています。

とはいえ、今週はクラシックの最重要トライアル「弥生賞」ですからね。

レベルの高いレースを期待したいですね。

 

という事で、弥生賞2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

動画で見たい方は以下から見てくださいね。

 

 

弥生賞は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップ2018を馬連1点で的中

“弥生賞”はジャパンカップ以上に
自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

弥生賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず弥生賞(中山芝2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利なレース

・内枠の馬が有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は曇りのち雨の予報
良馬場か稍重馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ラストドラフト

京成杯では2番手につけて
直線も押し切ったラストドラフト

ノヴェリストというマイナーな種牡馬ながら
母マルセリーノ譲りのスピードを受け継いでおり
スピードとスタミナのバランスが取れている馬ですね。

今回も京成杯を同じような競馬が理想だったので
好位を取れる1番枠(最内枠)は絶好の枠順だと言えます。

 

2枠2番 ニシノデイジー

札幌2歳ステークス、東スポ杯2歳ステークスを勝ち
GIホープフルステークスでも3着と
断然の実績を持っているニシノデイジー

馬群を割る根性を持っている馬ですが
本質的には捲ってのスタミナ勝負が得意な馬なので
まあどこの枠順でもいいタイプの馬です。

弥生賞での好走のポイントは
勝浦騎手がニシノデイジーをどう操るかですね。

 

3枠3番 カントル

前走のセントポーリア賞では
ディープインパクトらしい末脚を見せて
差し切り勝ちを収めたカントル

弥生賞では3枠3番に入りましたが
カントルはスタミナ勝負するタイプではないので
脚をじっくりと溜めることが出来る内枠に入ったのは好材料ですね。

 

 

弥生賞で勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で弥生賞の勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

弥生賞の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

4枠4番 サトノラディウス

2400m戦である梅花賞を勝って
弥生賞に駒を進めてきたサトノラディウス

ディープインパクト産駒の割には
スピードよりもスタミナが優位なタイプなので
インで脚を溜めるよりも外をグルリと回した方がいい馬

少頭数なので、気にする必要はさほどありませんが
もう少し外でもよかったですね。

 

5枠5番 シュヴァルツリーゼ

新馬戦を勝った直後に弥生賞に出走したきたシュヴァルツリーゼ

新馬戦は長くいい脚を使っており
いかにもハーツクライ産駒という感じの走りだったので
中山コース替わりがポイントになりますが
内と外を見ながら競馬が出来る5番枠はいい条件だと言えますね。

 

7枠8番 ブレイキングドーン

前走のホープフルステークスでは良いところを
見せられず、負けてしまったブレイキングドーン

新馬戦ではアドマイヤジャスタに完勝しているように
素質が高くパワフルな馬ですが
今回は外目の8番枠を引きました。

瞬発力があるタイプではなく
力で押し切るタイプの馬なので
外目の枠順はブレイキングドーンにとって悪くありません。



 

8枠9番 ナイママ

札幌2歳ステークスの2着があるナイママ

札幌2歳では途中から捲って
持久力勝負に持ち込んでいるように
体力勝負を挑める外枠が良い馬です。

弥生賞は緩いペースで流れることが多いので
鞍上の柴田大知騎手がナイママのよさを活かせる
騎乗が出来るかどうかが大きなポイントになりそうですね。

 

8枠10番 メイショウテンゲン

きさらぎ賞では5着に入ったメイショウテンゲン

持っている能力は高い馬ですが
直線でフラフラしているようにまだ気性の幼い馬

内枠で我慢をさせたあげたかったですね。

 




 

まとめ

弥生賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠1番 ラストドラフト

3枠3番 カントル

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

クリノガウディーの回避で堅そうな今年の弥生賞

相手を絞って馬券を買っていきたいですね。

 

私が弥生賞2019で注目している馬は
今回良い枠順を引いて、臨戦態勢が整っているあの馬です。

ここは期待をしたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ