中山牝馬ステークス2019の過去10年データ分析|好走する馬の共通点はこれだ!

Pocket

中山牝馬ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
中山牝馬ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は中山牝馬ステークスが行われます。


(2018中山牝馬ステークス カワキタエンカ)

 

GIとは縁遠い中山競馬場でのレースであり
距離も1800mという中途半端なので

なかなかマニアックなメンバーが集まるレースとなります。

 

私、個人的には2016年の中山牝馬ステークスが印象深いです。

このレースはルージュバックが圧倒的な人気だったのですが

私は「ルージュバックって強いけど、中山向きの馬じゃないでしょ!」

 

と、思ってルージュバックを2着につけて3連単を勝ったんですよね~

そして、勝ち馬であるシュンドルボンと人気のアースライズを頭にして
馬券を買ったんですよね~

 

レースが始まって、直線に向かってきたときに

「ルージュバックとシュンドルボンが伸びとる~!」

と、大興奮。

 

「こりゃ当たっただろ!!」

と、思って3着馬を確認してみたら

”単勝120倍、15番人気の メイショウスザンナ”

見事に撃沈してしまいました。

 

この年は絶不調で、年間収支がマイナスになってしまったんですが

2016年を象徴するレースとなった苦い思い出です。

 

という事で、悪夢を払拭すべく

中山牝馬ステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 




 

中山牝馬ステークス2019は中山競馬場芝1800mで行われています。

持久力勝負として知られる中山芝1800mの舞台で
タフさが求められるレースです。

そんな中山牝馬ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

中山牝馬ステークスで楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で中山牝馬ステークス+1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

中山牝馬ステークス過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利!とにかく先行馬を買おう

まず、最初に注目したのは中山牝馬ステークスの脚質です。
以下は中山牝馬ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

成績を見てみると、一目瞭然で

「逃げ・先行馬が圧倒的に有利」です。

 

中山牝馬ステークスは中山競馬場を1周する内回りコース

ただでさえ、小回りという先行馬が有利なコースに加えて
直線の短い中山競馬場でのレース

そして、直線での末脚が期待できない急坂コース

という事で、どこをみても

「逃げ・先行馬有利」の材料しか出てきません。

昨年のカワキタエンカも逃げ馬

中山牝馬ステークスは前残り競馬

だという事を覚えておきましょう。

 

中山牝馬ステークスの過去10年における上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロンの順位が6位以下の馬が

過去10年で9回も馬券に絡んでいます。
(単勝オッズ50倍以下の馬を省いているので、19頭中9頭が馬券絡み)

最後の脚がなくなっても、粘り込めるレースである事が分かりますね。

 



 

格が通用しない波乱含みのレース

次に中山牝馬ステークスの人気別成績を見てみましょう。

1番人気の複勝率 44%

2番人気の複勝率 22%

3番人気の複勝率 11%

「上位人気馬が総崩れ」

と言ってもおかしくないくらい低調な成績となっています。

 

先ほども話しましたが、

中山牝馬ステークスは小回りで脚質が重要なレース

そこにハンデ戦という要素が加わって

”カオス状態”に陥ったりします。

荒れるために用意された舞台だと言っても過言ではないですね。

 

ちなみに中山牝馬ステークスの前走クラス別成績を見てみると

回収率を見てみると、

前走で条件戦を走ってきた馬が好成績を収めています。

また前走でGIを使った馬は好走率を見ても、
回収率を見ても苦戦傾向にあります。

このあたりはハンデ戦という条件に
大きな影響を受けて良そうですね。

 




 

とにかく先行できる条件を探していこう!

ここで中山牝馬ステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

回収率の面で見てみると

前走から距離短縮となっている馬の

複勝回収率が 87%

前走から距離延長となっている馬の

複勝回収率が 122%

と、前走で速いペースのレースを経験した馬が優位に立っています。

 

一般的に前走で短い距離のレースを走っている馬は
速いペースを経験している分、先行策を取りやすくなります。

臨戦を見てみると、エリザベス女王杯や愛知杯のように

距離短縮ローテの方が格の高い馬が多いのですが
脚質優先の中山牝馬ステークスでは苦戦をしています。

 

最後に中山牝馬ステークスにおける年齢別別成績を見てみます。

出走馬の年齢を見てみると

4歳馬が苦戦をしている事が分かります。

 

さすがに7歳になってしまうと
競走能力が衰えてしまうので、活躍できていませんが

5歳馬と6歳馬の成績がズ抜けています。

 

キャリアがある馬の方が、レース上手です。

先行有利のレースに上手く対応できるのはベテラン馬である

という事を抑えておきたいですね。

 

以上が中山牝馬ステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

中山牝馬ステークスは中山芝1800mという条件で行われるレースですが
タフな小回り条件に加えて、ハンデ戦という難しい条件で行われるので

圧倒的に逃げ・先行馬が有利なレースです。

能力よりも適性が重要視されるレースなので
とにかく荒れるレースになっています。

ローテーションや年齢などの要素から
前に行ける馬を洗い出して予想を組み立てたいですね。

 

 

私が中山牝馬ステークス2019で注目しているのは
先行力を武器にしているあの伏兵馬です。

穴馬がくるレースなので、この馬にも十分にチャンスがありそうですよ!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。