フィリーズレビュー2019の過去10年データ分析|好走する馬の共通点はこれだ!

Pocket

フィリーズレビュー2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フィリーズレビュー2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週はチューリップ賞が行われて
徐々に桜花賞の足音が聞こえてきました。

 

そして、今週はフィリーズレビューが行われますね。


(2018フィリーズレビュー リバティハイツ)

 

桜花賞の最重要トライアルレースとして行われる
チューリップ賞とは対照的に
本番と密接がやや薄めのレースとして認識しています。

個人的にはこのレースがG2である必要があるのかなぁ

なんておもったりしちゃいますね~

 

昨年勝ったリバティハイツ、2着のアンコールプリュは
桜花賞では全く出番なし。

今年もダノンファンタジー、クロノジェネシス、グランアレグリア

といった強者達はフィリーズレビューには目もくれず…

 

こりゃ、一癖も二癖もありそうですね~

フィリーズレビュー2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 




 

フィリーズレビュー2019は阪神競馬場芝1400mで行われています。

持久力勝負として知られる阪神芝1400mの舞台で
タフさが求められるレースです。

そんなフィリーズレビューを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第53回 フィリーズR>

只今4年連続的中のドル箱牝馬重賞!

今年も確信◎から特大万馬券を狙う!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

フィリーズレビュー過去10年のデータ分析

持久力勝負は若干前有利も末脚のある馬が活躍

まず、最初に注目したのはフィリーズレビューの脚質です。
以下はフィリーズレビューでの4コーナーでの順位別成績です。

好走率や回収率などのデータをパッとみると

「先行馬が若干有利だなぁ」

という印象を受けます。

 

フィリーズレビューは阪神芝1400mという条件で
行われるレースですが、このレースはパワー条件のコース

道中で脚を溜めづらいコースなので

前に行く馬がそのまま粘り込むパターンが多くなります。

ただ、意外にも末脚を持っているタイプが活躍しているんですよね~

 

フィリーズレビューの過去10年における上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロンの順位が6位以下の馬は1勝も出来ておらず

上がりが1位の馬は複勝率70%と高い数値を見せています。

フィリーズレビューの舞台は脚が溜まりづらいタフな条件ですが
その中でもパワフルな末脚を見せる馬が活躍している事が分かります。

 

パワー型の差し馬が狙い目ですね。



 

パワーのある馬は血統で選ぼう

さて、先ほどはパワー型の差し馬を狙おうという
話をしていきましたが、

「どうやって見つけるの?」

と、思うかもしれませんが

血統で選ぶといいです。

 

フィリーズレビューの種牡馬別成績を見てみましょう。

サンデーサイレンス系種牡馬の中でもナンバーワンの
パワーを誇っているダイワメジャー産駒が1位

そして、洋芝専門と言われるくらいに
パワーに特化しているファルブラヴ産駒が3位

重馬場専門と言われるくらいに
パワーに特化しているタイキシャトル産駒が4位

と、とにかくパワーのある血統の馬が好成績を収めています。

 

ファルブラヴやタイキシャトル以外にも

ローエングリンやスズカマンボ、アグネスデジタル

など、とにかくパワー血統の馬が活躍しています。

 

フィリーズレビューは血統に注目ですね。

 




 

パワーのある馬は他の要素でも見極められる!

ここでフィリーズレビューの馬体重別成績を見てみましょう。

回収率の面で見てみると

480kg~499kg

と、大柄な馬が活躍しています。

そして、460kg~479kg

続いて、459kg以下

と、馬体重が軽くなればなるほど、成績が悪くなっています。

 

一般的に馬体の大きい馬の方がパワーがありますからね。

シンプルに馬体重とリンクしている事が分かります。

 

最後にフィリーズレビューにおける前走クラス別成績を見てみます。

前走でGI(阪神ジュベナイルフィリーズ)を使った馬は
成績を残していますが、重賞経由の馬は不振

その代わり、条件戦を勝ってきた馬の方が好成績を収めています。

 

フィリーズレビューはパワー適性の偏りが強く
GIを本気で狙う実力馬は選択しないレース

阪神芝1400mに適性があって、桜花賞への出走を願う馬が
多く出走するレースである事が分かりますね。

 

以上がフィリーズレビュー2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

フィリーズレビューは阪神芝1400mという条件で行われるレースですが
タフなパワー条件で行われるレースで

基本的には逃げ・先行馬に有利なレースです。

ただ、タフな条件をこなせるパワーのある馬であれば
差し脚を活かすことが出来るレースとなっているので

血統面や馬体重などで、パワー適性を図って予想したいですね。

 

 

私がフィリーズレビュー2019で注目しているのは
抜群のパワーを秘めているあの馬です。

人気も手ごろで期待値の面でも良い馬

ここは買いですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ