ヴィルシーナが連覇達成!2014ヴィクトリアマイル結果を回顧

Pocket

先日行われたGIヴィクトリアマイルは
昨年のチャンピオンであるヴィルシーナが連覇を達成しました。

昨年のホエールキャプチャを見ているような
女王の意地を見せつけた走りでした。

ヴィルシーナは切れる脚がなく、粘る根性が最大の持ち味
どう考えても逃げが向いているタイプなんですが
その辺りを陣営が計れていませんでした。
今回内田騎手が思い切って逃げた事で持ち味を最大限に発揮
今後も逃げてくれれば、この馬の力を出せるでしょう。

ただ、牡馬混合は全くダメなので、その辺りは考慮しましょう。

2着のメイショウマンボは武幸四郎騎手が内枠を利して
最高の騎乗を見せましたが、届きませんでした。
今回はヴィルシーナにしてやられたというだけで
牝馬同士ならトップの馬であることは実感できました。

こちらも牡馬混合はダメなので、考慮したいです。

3着には距離不安を払拭してストレイトガールが入りました。
距離の融通が利くというよりも、能力の高さでしょう。
1200mに戻れば、もっといいパフォーマンスを期待できます。

4着は一昨年のチャンピオンホース、ホエールキャプチャ
伸びそうで最後伸びなかった今回は力負けで仕方ありません。
府中では好走していますが、そろそろ能力も落ちてくる頃ですね。

1番人気スマートレイアーはポジション取りこそ良かったものの
良いところ無く8着惨敗。
この辺りがGIの難しさとも言えますが、パワーに特化したタイプで
スピード勝負に対応できなかったと言えます。
かなり展開に左右されるタイプで、癖のある馬ですね。

他ではデニムアンドルビーは、展開面もあり7着
マイルでの敗戦はさほど悲観するものではありません。
中距離以降でもう一度見直しましょう。

ラキシスはレースの流れに乗れなかったという一言に尽きます。

ということで、今年のヴィクトリアマイルは非常に難解でしたね。

きっちり「見」出来ましたか?

このあたりが勝ちと負けを分けてきますよ。