オーシャンステークス2019の過去10年データ分析|好走する特徴を見つけた!

Pocket

オーシャンステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
オーシャンステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は重賞が3つ行われますが
なんといっても一番影が薄いのが

「オーシャンステークス」です。

 

弥生賞やチューリップ賞はGIに直結するレースですし
世代を代表するような馬が出走してきますが

オーシャンステークスは高松宮記念との相関度も薄く
GIで主役になるような馬も出走してきません。

むしろ”中山芝1200m”という

トリッキーなコースが得意な馬たち集まれ~

みたいな雰囲気が漂ってくるレースです。

 

ただ、レースの中身自体はそれほど見どころがないにしても

穴党にとってはヨダレが出るくらいに魅力的なレースです。

良くも悪くも偏った適性を持つコースですからね~

「とにかく荒れる!」

 

ですので、馬券で勝負したい人は必見のレースだと言えます。

 

という事で、オーシャンステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

オーシャンステークスは中山競馬場芝1200mで行われています。


(オーシャンステークス2018 キングハート)

 

高松宮記念の前哨戦という位置づけのレースですが
実質、高松宮記念との繋がりは皆無

中山芝1200mマイスターが集う舞台です。

そんなオーシャンステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

弥生賞2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
弥生賞2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは弥生賞

TAZUNAでは弥生賞の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

オーシャンステークス過去10年のデータ分析

激戦必至の混戦レース!極端な脚質は辛い…

まず、最初に注目したのはオーシャンステークスの脚質です。
以下はオーシャンステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで先頭だった馬の成績は

複勝率 22.2% 複勝回収率 57%

と、成績が振るいません。

4コーナーで2番手以内だった馬の成績は

複勝率 14.3% 複勝回収率 30%

と、こちらも成績が振るいません。

 

逆に追い込み馬を見てみても

4コーナーで13番手以下だった馬の成績は

複勝率 6.7% 複勝回収率 23%

と、こちらも成績が振るいません。

 

4コーナーで3~10番手にいる馬が
好成績を収めており

極端な脚質の馬は成績を残せていません。

 

オーシャンステークスは中山芝1200mという
小回りのパワー条件で行われるレースなので

かなりごちゃごちゃしたタフなレースになります。

そのため、前に行く馬には圧がかかり難しいレースとなり

後方から差す馬もスムーズに差してこられない。

という状態になり、中団から上手く抜け出した馬が
勝利を収める傾向にあります。

 

逃げ馬は狙いたくないところですね。

 



 

とにかくタフな舞台!能力があるだけではダメ

次にオーシャンステークスの年齢別成績を見てみましょう。

能力的にピークを迎えている、

といえる4歳馬が不振を極めています。

そして、ベテランと言える6歳馬と8歳馬が
複勝回収率で100%を超えており健闘しています。

 

先ほども話した通り、オーシャンステークスはタフな舞台で行われるレースです。

能力で一歩リードする明け4歳馬ですが

ベテラン勢に比べるとキャリアが浅く
精神力を求められるような条件になると苦しくなります。

オーシャンステークスでは若駒よりもベテラン馬

という点を抑えておきたいですね。

 

またオーシャンステークスにおける過去10年の前走距離別の成績を見てみると

前走で1200m戦を使った馬よりも

前走で1400m以上のレースを使った馬の方が活躍しています。

 

オーシャンステークスはタフなレースであると
さんざん言いまくっていますが

それゆえに通常の1200m戦よりも体力を消費するレースです。

1200mのペースに慣れてしまっている馬は
最後に体力切れを起こす可能性が高く

距離の長い1400mを使ってきた馬の方が
耐久力を見せて好走していることが分かります。

 




 

タフなレースはパワーのある馬が強い!

最後にオーシャンステークスの馬体重別成績を見てみましょう。

500kg未満の馬が 複勝率 約20%

500kg以上の馬が 複勝率 約40%

倍近い差をつけて分布しています。

 

タフなレースに求められるのは「パワー」です。

人間の世界でもそうですが、一般的に

体が大きい方がパワーがあります。

 

ですので、物理的な問題として

500kgを超える大型馬が有利

という状態になります。

 

最後にオーシャンステークスの種牡馬別成績を見てみましょう

サンデーサイレンス系の中では
スピードに乏しく、パワーに偏っているサクラプレジデントが1位

2位以下にはパワーに優れる外国産馬の名前が多くみられます。

 

ほかの競馬場ではスピード負けするけれども

力の勝負なら巻き返しが出来る

という馬を狙っていきたいところですね。

 

以上がオーシャンステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

オーシャンステークスは中山芝1200m

という舞台で行われるレースですが

激しい流れになり、タフさが問われるレースです。

 

ですので、

馬体重の大きい馬、パワー血統の馬

前走で1400m以上を走った馬

が、活躍をする傾向にあります。

 

とにかく偏りのある舞台設定になっているので
パワーがある馬を狙っていきたいですね。

 

 

私がオーシャンステークス2019で注目しているのは
類まれなるパワーを持っているあの馬です。

配当的な妙味もあるので、是非とも狙いたい馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。