チューリップ賞2019の過去10年データ分析|好走する馬には共通点があった!?

Pocket

チューリップ賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
チューリップ賞2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はチューリップ賞に弥生賞と
クラシックの足音が聞こえてくる重賞が開催されますね。

牡馬のクラシックはサートゥルナーリアが
皐月賞へ直行するという事で
なんだか怪しい気配を感じていますが

牝馬のクラシックは阪神ジュベナイルフィリーズで
2着になったクロノジェネシスが年明け初戦のクイーンカップで完勝

3着のビーチサンバが同じくクイーンカップで2着に入り、
波乱の気配を感じない流れになっています。

 

そんな中で行われる今年のチューリップ賞


(2018チューリップ賞 ラッキーライラック)

 

毎年、桜花賞の最重要トライアルレースとして
本番と密接な関りを持っているレースですので
注目度はナンバーワンですね。

 

という事で、

チューリップ賞2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 




 

チューリップ賞2019は阪神競馬場芝1600mで行われています。

瞬発力勝負として知られる阪神芝1600mの舞台で
スピードも求められるレースです。

そんなチューリップ賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

チューリップ賞で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でチューリップ賞+1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

チューリップ賞過去10年のデータ分析

本番を控えたレースは当然スローペースとなる

まず、最初に注目したのはチューリップ賞の脚質です。
以下はチューリップ賞での4コーナーでの順位別成績です。

好走率や回収率などのデータをパッとみると
精査するまでもなく

「先行馬が圧倒的に有利である」

ことが分かります。

 

チューリップ賞は桜花賞と同じコース設定であることから
最重要トライアルとして位置付けられているレースです。

桜花賞を狙うような実力馬が出走してくるレースなので

有力馬はこれから桜花賞やオークスを戦ううえで
チューリップ賞は無理をせずに大事に乗ってきます。

ですので、ペースが緩くなり、スローに流れて

”逃げ・先行馬が粘る”

という図式になっています。

 

ちなみに桜花賞は同じ条件で行われるレースですが

チューリップ賞と違い、差し・追い込みが有利になります。

同じコースでも、

「各馬の勝負度合いで有利な脚質が変わる」ので

グレードによって注意が必要ですね。



 

実績のある人気馬には素直に従うべきレース!

次にチューリップの前走クラス別成績を見てみましょう。

スローペースで前残り傾向があるレースなので
レース自体は波乱傾向にありますが
前走でGIを使ってきた馬が素晴らしい成績を残しています。

前走GIから出走してきた馬の成績は

複勝率 68.4% 複勝回収率 112%

 

阪神ジュベナイルフィリーズに出走した馬だけを買っていれば
的中率も高く、ノンストレスでプラスになる

というデータが出ているほど、信頼度が高いです。

 

チューリップ賞は「格が通用するレース」と言えますね。

 

ここで、チューリップ賞における種牡馬別成績を見てもらいましょう。

1位 ディープインパクト

2位 キングカメハメハ

3位 ステイゴールド

と、リーディングサイアー争いで上位にいる馬が

チューリップ賞でも上位を独占していることからも
能力勝負になっているという事が言えますね。

 

ただ、チューリップ賞はスローペースに流れるレースなので

ディープインパクト産駒のような末脚と瞬発力に特化した馬は
不発に終わることが多い点は頭に入れておきたいですね。

 




 

阪神競馬場芝コースは外枠が有利!

最後にチューリップ賞の枠順別成績を見てみましょう。

「外枠が有利で、内枠が不利」

というデータが露骨に出ています。

 

チューリップ賞に限った話ではないのですが

阪神競馬場の芝レースは全体的に外枠が有利です。

 

阪神競馬場のコースは以下のようになっているのですが


(阪神競馬場の立体図と高低差の図)

3コーナー過ぎから直線入り口まで下り坂が続くので

外にいる馬が加速をつけやすい設計になっています。

そして、直線半ばでは急な上り坂が出てくるので

内で競馬を進め、コーナーで減速した馬は直線止まりやすい

 

こういったコースの設計上

阪神競馬場芝コースはどうしても外が有利になります。

チューリップ賞では外枠の馬を歓迎したいですね。

 

以上がチューリップ賞2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

チューリップ賞は阪神芝1600mという条件で行われるレースですが
トライアルレースという事で、流れが遅くなりやすく

逃げ・先行馬に有利なレースです。

また、桜花賞と同じ舞台という事もあり

桜花賞の最有力候補が出走してきやすいため
能力がそのまま通用するレースにもなっています。

各馬の勝負気配を本質的な能力値を図りたいレースですね。

 

 

私がチューリップ賞2019で注目しているのは
トライアルのスローペースを利して台頭してきそうなあの馬です。

人気も手ごろで期待値の面でも良いですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。