ハープスター2冠へ死角なし!2014オークス出走予定有力馬評価

Pocket

今週のメインレースはオークスです。

ハープスターが桜花賞を鬼脚で差し切り力の違いを見せつけた上に
2着だったレッドリヴェールが日本ダービー挑戦と
完全にハープスター1強の様相を呈しています。

ハープスターの凄さは説明の必要が無く
相手探しとなる1戦なので、2番手以降を説明していきましょう。

今年の出走馬は全体的にゼンノロブロイ産駒が多いのが特徴。
ゼンノロブロイ産駒は東京芝2400mは非常に成績が良く
今回初めての舞台となる馬がほとんどですが
上がり目を見込んでもいいでしょう。

その筆頭となるのが、フローラS勝ち馬サングレアル
福寿草特別を負けたときは、パワーに特化したタイプに見えましたが
フローラSは長くいい脚を使い続けて勝利。
東京コースは走るでしょう。
距離延長もOKで、今回のメンバーでは抜けた2番手と言えます。

フラワーCを勝ったバウンスシャッセもゼンノロブロイ産駒
さすがに皐月賞は家賃が高かった印象ですが
牡馬混合戦を勝っており、前で粘るしぶとい脚が武器
こちらも完全なパワー型ですが、サングレアル同様
東京2400mならプラスに転嫁する可能性が高く外せない1頭です。

さらには桜花賞4着のレーブデトワールもゼンノロブロイ産駒
血統的な奥が深く、距離延長も問題なさそうですが
気分屋な部分がある点が安定感に欠けます。
ただ、外せない1頭である事は間違いありません。

最後のゼンノロブロイ産駒はパシフィックギャル
この馬の武器は先行力と安定感。
中山競馬場でもしっかりと走っているので
東京芝2400mは不安よりも期待の方が大きく
こちらも外せない1頭となります。

ゼンノロブロイ産駒以外では桜花賞3着のヌーヴォレコルト
こちらはチューリップ賞、桜花賞と鋭い末脚を見せたように瞬発力が武器。
2400mという距離に対応できるかが課題となります。
期待と不安が半分ずつという感じですが、走りからはダメと判断出来ません。

重賞勝ちのあるフォーエバーモアは完全にマイラーなので
今回の舞台は切りで問題ありません。

フローラS2着のブランネージュは東京芝2000mで
前走先行抜け出しを計ったように舞台適性は十分。

底力が通用するかが問題となりますが
不安よりも期待の方が大きいと言えます。

そのフローラSで期待を裏切ったマジックタイム
前走急な騎手の乗り替わりもあり、あの1走だけで見限るのは早いでしょう。
クイーンCで見せた脚は間違いなく重賞級で
惨敗後で迎えたここは狙える1頭です。

その他ではスイートピーSを勝ったシャイニーガールも
ムラな面はありながらも実力は持っている馬です。

と、有力馬を振り返ってみましたが
ハープスターの相手としては、ほとんどの馬にチャンスがあるという事。

馬券的に考えるのは非常に難しいレースとも言えます。

こういうときはハープスター以外にもう1頭決めてしまい
2頭軸のような形で幅広く流す方法がオススメです。


東京芝2400mは枠順や脚質も大きく影響するので
枠順発表を待った上で結論を出したいと思います。

先週のヴィクトリアマイルと比べれば
断然、勝負出来るレースです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。