弥生賞2019の過去10年データ分析|皐月賞と同じコースでも同じ流れにならず!

Pocket

弥生賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
弥生賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は弥生賞が行われますね。


(2018弥生賞 ダノンプレミアム)

近年は共同通信杯が皐月賞トライアルとして
注目されるレースになっていますが

注目度がナンバーワンのトライアルレースといえば

やっぱり ”弥生賞” です。

 

昨年はダービー馬になったワグネリアンが出走しましたし
皐月賞で2着になったサンリヴァルも弥生賞に出走していました。

それ以外にも

マカヒキ、エピファネイア、ワンアンドオンリー

など、クラシックの栄冠を手にした馬が多数いるレースです。

 

そして、私が今年の弥生賞に注目している理由がもう一つあります。

それは サートゥルナーリア、アドマイヤマーズ が危ないんじゃない?

と、思っていることです。

 

2歳GIを勝った2頭が危ないと思っていれば
おのずと注目したくなるのが、新興勢力の台頭です。

弥生賞でどんな馬が勝ってくれるのか…

非常に楽しみですね~

 

という事で、皐月賞の行方を占う弥生賞

このレースのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

弥生賞は中山競馬場芝2000mで行われています。


(中山競馬場立体図)

 

言わずもがな、皐月賞と同じ条件で行われるレースで
クラシックを見据えた馬が出走してくるレースになっています。

そんな弥生賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

ニシノデイジーは危ない!

 

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
弥生賞の無料予想を公開します!!

今年の弥生賞は3連単10万円を
記録した菊花賞よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

弥生賞予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

 

弥生賞過去10年のデータ分析

やっぱりトライアル!流れは落ち着き先行馬有利の流れに

まず、最初に注目したのは弥生賞の脚質です。
以下は弥生賞での4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬の成績が差し馬を上回っています」

 

中山競馬場芝2000mという舞台は
かなりタフなコース設定になっているので

差し馬にとって悪い舞台ではないのですが

弥生賞においては「先行馬有利」の傾向が出ています。

 

なぜ先行馬が有利になるのか?

それは「本番は次」と考えている有力馬が出走してくるため
流れが激しくならないからです。

 

皐月賞、日本ダービーとGIレースを狙う馬にとって
弥生賞で本気を出す必要がありません。

調整もかねての出走となりますので
必然的に仕掛けも遅れ、流れも遅くなります。

 

また、弥生賞における
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロンで6位以下の馬の回収率が高い点が目立ちます。
(一般的には20%未満くらいの数値です)

 

弥生賞は 逃げ・先行馬が楽にレースが出来る

という事を覚えておきたいですね。

 



 

前走でスピードレースを経験した馬に一日の長あり

次に弥生賞の前走距離別成績を見てみましょう。

弥生賞は2000mのレースですが
前走でも2000mのレースを使っていた馬はそれほど成績が冴えず

前走で1800m以下のレースを使ってきた馬が好成績を収めています。

 

先ほども話した通り、弥生賞は前に行く馬がプレッシャーを感じないレースです。

ですので、短い距離のスピードレースに対応した馬でも
スタミナを求められることが少なく
スピードを活かしての先行押し切りを決めやすい舞台設定になっています。

まずは、前に行ける馬を探す

という事が大切なレースですね。

 

念のため、弥生賞における過去10年の前走レース名別の成績を見てみると

GIの朝日杯フューチュリティステークスに代表されるように
重賞でも短い距離のレースを使ってきた馬が強い事が分かりますね。

 




 

先行馬有利のレースは当然内枠が有利

最後に中山記念の枠順別成績を見てみましょう。

1枠こそ複勝率14%と冴えませんが
2~4枠に入った馬はハイアベレージを誇っています。

 

弥生賞の舞台である中山競馬場芝2000mは
コースを一周グルリとするレース

当然、外枠から外を走った馬には距離ロスが出てしまいます。

流れが速くなって、差し馬が台頭するレースなら
それでも外枠のロスが相殺されるんですが
弥生賞は緩い前残りの流れになるレース。

物理的な距離ロスをカバーしきれないことが分かりますね。

 

最後に弥生賞の種牡馬別成績をもう一度見てみましょう

特に傾向らしい傾向はないのですが
クラシックを狙う馬達が出走するレースなので

ディープインパクト産駒が強い

というのは、前提にあります。

 

しかし、それ以外の傾向として

ネオユニヴァース、マルジュー、ロージズインメイ

などのパワー系種牡馬の活躍が目立ちます。

穴を狙うならパワー系の馬ですね。

 

以上が弥生賞2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

弥生賞は皐月賞と同じ中山芝2000m

という舞台で行われるレースですが
GIに向けたトライアルレースなので、激しい流れにはならず

先行馬にとって有利なレースとなっています。

ですので、

前に行ける脚質が重要になります。

それゆえに前走でスピード条件のレース(1800m以下のレース)を
使ってきた馬が好成績を残しており、スピードが重要となります。

 

枠順の有利不利も現れるレースなので、
レース展開を総合的に考えて予想をしていくようにしましょう。

 

 

私が弥生賞2019で注目しているのは
立ち回りが上手く、先行策を取れそうなあの馬です。

配当的な妙味はイマイチですが、
ここは確率が高そうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。