2014京王杯スプリングC予想!コパノリチャード快進撃続くか!?

Pocket

今日東京で行われるメインレースは

「G2 京王杯スプリングC」

です。

今回から勝負度合いの高いレースは
少し予想の形を変えて
もっとわかりやすい解説をしたいと思います。

京王杯スプリングC 勝負度合い 70%

と、早速今日のレースがそれにあたります。
ここはきっちりと買い目を決めて勝負したいですね。

予想に入る前に東京芝1400mのデータと傾向をおさらいしましょう。

東京芝1400mのデータと特徴

内枠が有利でスピードはもちろんパワーのある馬が台頭してくる舞台です。
ここのバランスを見極めていく事は大切ですね。

今回はここで人気有力馬の解説をしながら評価をしたいと思います。

1番人気になるであろう3枠4番コパノリチャード

前走の強さは本物で、今年の阪急杯・スワンSと1400mのレースを
圧勝している点からベストの距離は1400m
東京実績がない点と前走の不良馬場のダメージが問題ですが
東京実績については今の地力からは心配ないでしょう。
前走のダメージは不確定要素と言えるでしょう。

続いて内枠の馬から見ていきましょう。

前走豪脚を見せた1枠1番シャイニープリンス

前走の勝ち方は完璧なだけに中山巧者であるという事は間違いない
今回はスピードの必要な中山でどれだけやれるかだが
過去の東京での走りを見ているとスピード感に欠ける。
キングヘイロー産駒は東京芝1400mが極めて不振な点も見逃せず
今回は危険な人気馬。

2枠3番のアミカブルナンバーは東京巧者

ダイワメジャー産駒らしく瞬発力ではなく
スピードの持続力とパワーで勝負するタイプ
展開面も融通が利くので、このメンバーなら外せない
ただ、重賞で全幅の信頼を置くほどの地力はない。

3枠5番のエールブリーズ

過去3戦重賞で負けているが、内容はそれほど悪くない。
4走前の奥多摩Sでアミカブルナンバーを負かしているように
地力面ではアミカブルナンバーよりも上に位置している。
ただ、重賞で信頼できるほどの地力がない点はアミカブルナンバーと同じ。

4枠6番のインパルスヒーローはNHKマイルC2着の実績馬だが
それ以降の成績が振るわず、内容もさほど良くない。

ただ、クロフネ産駒、田中勝春騎手ともに東京芝1400mの成績は良く
馬の潜在能力から考えるといつ復活してもおかしくないので外せない。

4枠7番インプロヴァイズ

良績は中山競馬場に集中しているが、前走・前々走の内容から
オープンレベルでは地力上位という印象を受ける。
5走前のアプローズ賞は惨敗しているが、ポジション取りの差という
事もあり地力面で劣っている訳ではないことがわかる。
とはいえ、力の要る中山の方がこの馬の力を発揮出来る。

5枠9番レッドスパーダ

タイキシャトル産駒にしてはスピードが勝ったタイプで軽い走りを見せる。
開幕週であれば重賞を勝つほどの走りをするが、
使い込んでいる今週は若干の割引は必要。
ただ、今回のメンバーは非常に弱いので有力である事は間違いない。

6枠10番クラレント

部類の東京巧者でマイル戦を得意としている。
今回は府中の1400mという舞台で対応出来るスピードが
課題になってくるが、実績と地力面からは明らかに格上
相手に恵まれたと言える。

8枠14番メイショウヤタロウ

前走は京都マイル戦を粘りきったが、アグネスタキオン産駒らしい
スピードの持続力が売り、坂があり、自発的なスピードが要求される
今回のコースでは分が悪いのは明白。

8枠15番メイケイペガスター

3歳時の共同通信杯の勝ち方から重賞級の能力があるのは間違いない。
が、気性難の度合いがあまりにもひどく近走を見ても改善が見られない。
今回も見送りたい。

という各馬の評価から、これから時代を作るだけの力がある
コパノリチャードを本命とします。

このメンバーでは抜けた2番手のクラレントを対抗

それ以降は混戦模様なので相手に
アミカブルナンバー、エールブリーズ、インパルスヒーロー
インプロヴァイズ、レッドスパーダの5頭をとります。

買い方は3連単

1着 コパノリチャード
2着 クラレント
3着 相手5頭

の5点勝負とします。

堅い予想ですが、力関係がはっきりしているので
ここは素直に買っていきましょう。