フェブラリーステークス2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

フェブラリーステークス2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたフェブラリーステークス2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はフェブラリーステークス行われますが

フルゲートにならなかったのは珍しいですね~

 

本来であれば、大本命であるルヴァンスレーヴが
出走回避した時点で、GIではちょっと足りなさそうな馬が

「ここはチャンスあるんじゃね??」

という感じで大挙してきてもおかしくないんですけどね~

 

東京大賞典3着の ケイティブレイブ や

チャンピオンズカップ2着の ウェスタールンド

が、出ないあたり

「ガチで賞金稼ぎに来てるな!?」

という印象を受けます。

 

という事は出走している馬はガチだという事ですね。

では、フェブラリーステークス2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

フェブラリーステークス2019の枠順確定後の見解は
動画でも話していますので、動画の方が良い方はこちらからご覧ください。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークス2019、
ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!

徹底分析して出てきた結論から
フェブラリーステークス2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはフェブラリーステークス

TAZUNAではフェブラリーステークスの無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

フェブラリーステークス2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずフェブラリーステークス(東京ダート1600m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・脚質や展開に有利不利が少ないレース

・実力通りに決まりやすいフラットなレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れそうなので、
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

2枠2番 ユラノト

根岸ステークスでは先行してからの粘り込みで
2着に入ったユラノトは根岸ステークス同様、内枠に入りました。

近走は道中4,5番手で競馬を進めており
スタートでポンと出てからの
先行策という形がユラノトのパターン

スタートしてから芝の区間が長い
外枠の方が先手は取りやすかったと思いますが
器用さがある馬なので、それほど気になりません。

 

3枠3番 ゴールドドリーム

一昨年のフェブラリーステークス勝ち馬ゴールドドリームは
3枠3番と内目の枠に入りました。

ダート馬としては珍しく瞬発力とスピードを備えた馬なので
脚を溜めることが出来る内枠は好材料だと言えます。

馬群に揉まれるリスクも当然ありますが
そのあたりはルメール騎手が上手くゴールドドリームを操縦してくれそうです。

 

4枠6番 インティ

東海ステークスを圧勝したインティは
4枠6番と内目の枠に入りました。

すごく悪いというわけではありませんが
もともとダッシュ力に定評がある訳ではないうえに
今回初めてのマイル戦という事もあり
ゆっくりと競馬が出来る、もう少し外目の枠が良かったですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークス、盤石の体制で迎えるのはあの関西馬!

フェブラリーステークスでは共同通信杯において

“前走以上に盤石と言われる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がGI勝ちを確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
フェブラリーステークスで爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

5枠7番 サンライズノヴァ

根岸ステークスではまさかの大敗を喫してしまった
サンライズノヴァは真ん中の7番枠に入りました。

最後方付近からの追い込みという脚質一辺倒勝負の馬なので、
枠順はそれほど大きな影響はないと思いますが
前走で大敗した後なので、馬群に入れる競馬が出来る
枠順に収まったのは良い要素ですね。

 

6枠10番 サンライズソア

チャンピオンカップで3着に入った
サンライズソアは6枠10番と真ん中に入りました。

先行してからの粘り込みを身上とする馬なので
周りを見ながらポジション取りが出来る
今回は枠順は最高の枠順だと言えますね。

 

7枠11番 コパノキッキング

藤田菜七子騎手が騎乗することで話題を集めている
コパノキッキングは外目の11番枠に入りました。

重賞(GI含む)での経験が乏しい藤田菜七子騎手にとって
馬群に揉まれる内枠に入ってしまうことだけは
避けたかったですが、今回の11番枠は良いところに入りましたね。

GIを勝てるレベルの馬で、藤田菜七子騎手がどこまでやれるのか?
注目が尽きないですね。




 

8枠13番 ノンコノユメ

昨年のフェブラリーステークス勝ち馬の
ノンコノユメは外目の13番枠に入りました。

サンライズノヴァと同様に最後方付近に待機して
直線でどこまで弾けるか?

というレースをする馬なので
どの枠に収まっても伸るか反るかの競馬になりそうです。

外枠だから絶対的に有利、という事はなさそうですね。

 

8枠14番 オメガパヒューム

前走の東京大賞典ではゴールドドリームを競り落とし
GIウィナーとなったオメガパヒューム

今回のフェブラリーステークスでは大外の
14番枠に入りました。

機動力に乏しく、ズブさがある馬なので
早めに追い出しをかけられる大外枠は好材料だと言えます。

あとは久々のマイル戦でオメガパヒュームが
どれくらい動けるか、ですね。

 

まとめ

フェブラリーステークス2019で良い条件の枠をゲットしたのは

6枠10番 サンライズソア

7枠11番 コパノキッキング

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

近年、例を見ないほどの話題に溢れている
今年のフェブラリーステークス

絶対王者ルヴァンスレーヴ回避で
どんな結末を迎えてもおかしくなさそうですね。

 

私がフェブラリーステークス2019で注目している
出走馬の中でも抜群の安定感を誇るあの馬です。

おそらく、この馬を外して馬券を買ったら
的中は望めないのではないかと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ