中山記念2019の過去10年データ分析|パワーのある先行馬が強い!

Pocket

中山記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ダイヤモンドステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は中山記念が行われますね。


(2018中山記念 ウインブライト)

今年の中山金杯は昨年の
中山記念の勝ち馬ウインブライトが勝ちましたね。

 

個人的な話になってしまうのですが

2018年をいい形で締めくくれて
2019年はスタートダッシュを決めるぞ~

と、思って馬券を買ったんですが

今年は年明けの中山開催で良いところを見せられませんでした。

 

そして、東京開催になってから巻き返して

「よしっ!いい流れになってきたぞ!!」

というところで、再び中山開催。

 

この開催替わりが結果にどう影響するのか?

非常に楽しみですね~

 

という事で、3月以降の馬券の行方を占う中山記念

このレースのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

中山記念は中山競馬場芝1800mで行われています。


(中山競馬場立体図)

以前は、このレースを使った後はどのレースに行くんだろ?

 

という感じがするレースでしたが

ドバイへの壮行戦という意味合いが付加され

そして2年前に新設された大阪杯のステップレース

という意味合いが加わり

かなり重要なレースになってきましたね。

そんな中山記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

中山記念2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
中山記念2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは中山記念

TAZUNAでは中山記念の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

中山記念過去10年のデータ分析

開幕週の中山はやっぱり先行馬が有利

まず、最初に注目したのは中山記念の脚質です。
以下は中山記念での4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬の成績が差し馬を上回っています」

 

全体的に荒れるレースという事で
回収率は高めになっていますが

開幕週で行われるレースとあって
先行馬が優勢という傾向を示しています。

 

また、中山記念における
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

1着に入っている馬は上がり3ハロン3位以内の馬が7勝

と、末脚の威力が必要になってきていますが

2着、3着に入っている馬を見てみると

上がり3ハロン4位以下の馬が、2着6回、3着7回

と、前に行った馬が粘っている事が分かります。

 

昨年の中山記念では逃げたマルターズアポジーが3着

2番手で競馬をしたアエロリットが2着

4番手で競馬をしたウインブライトが1着

と、中山記念の典型的な傾向を体現した結果になっているのも印象的ですね。

 



 

タフな中山競馬場でも開幕週ではスピード勝負となる!?

次に中山記念の前走レース名別成績を見てみましょう。

1位は有馬記念となっていますが
複勝回収率は63%と成績はイマイチ

2位は中山金杯となっていますが
複勝回収率は55%と成績はイマイチ

パワー勝負の条件を使ってきた馬はパッとしません。

 

逆に天皇賞秋、マイルチャンピオンシップといった

スピード勝負のレースを使ってきた馬の
複勝回収率は100%超え

年明け初戦となる京都金杯を使った馬についても
複勝回収率が100%を超えるなど

短距離のスピードレースを使った馬が好成績を残しています。

 

中山記念は中山競馬場芝1800m戦というタフな条件ながら
開幕週という条件が加わり、スピードが求められるレースになっています。

スピード勝負に適性がある馬を狙っていきたいですね。

 

念のため、中山記念における過去10年の前走距離別の成績を見てみると

同じ傾向を示していますね。

 




 

スピード勝負ながら軽い走りをする馬はダメ、そして枠順は…

最後に中山記念の種牡馬別成績を見てみましょう。

1位 ステイゴールド

2位 ネオユニヴァース

3位 ハーツクライ

と、パワーを秘めたサンデーサイレンス系種牡馬が好結果を残しています。

 

逆にディープインパクト産駒の成績はイマイチ

「中山記念は開幕週のスピードだ」

という話をしましたが、ただスピードがあるだけでは通用せず
中山のタフなコースを走り抜けるパワーが必要である事が分かります。

パワー系の先行馬が狙い目ですね。

 

最後に中山記念の枠順別成績をもう一度見てみましょう

開幕週らしく、内枠が有利となっています。

 

一般的に、逃げ・先行馬が有利なレースは内枠が有利。

中山記念においても例外はなく、
内枠が有利な点は注目が必要ですね。

 

以上が中山記念2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

中山記念は中山芝1800m

そして、開幕週で行われるレースなので

前に行ける脚質が重要になります。

それゆえに前走でスピード条件のレースを使ってきた馬が好成績を残しており
前に行けるスピードと自在性が重要となります。

 

種牡馬別成績を見てみると、パワーのある馬の産駒が活躍しているので
スピードとパワーのバランスの良い馬を狙っていくと良いでしょう。

 

 

私が中山記念2019で注目しているのは
パワーとスピードを兼ね備えたあの馬です。

配当的な妙味も十分に考えられそうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ