共同通信杯2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

共同通信杯2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた共同通信杯2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は共同通信杯が行われますが…

頭数がすくね~!!

 

いくら2歳チャンピオンのアドマイヤマーズが出るからって

ちょっと、相手陣営弱気すぎるでしょ!

 

しかも、本命にしようと思っていた

シュヴァルツリーゼ が出走を回避!!

もう、「馬券を買うな」と言われているとしか思えません。

 

まあ、こんな商売をやっているので

馬券は買うんですが、勝負度合いはもちろん最低ランクです。

こんなレースでもアドマイヤマーズ以外の馬からいこうと思っていますよ。

 

という事で、共同通信杯2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

共同通信杯、盤石の体制で迎えるのはあの関西馬!

チェックメイトでは共同通信杯において

“前走以上に盤石と言われる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がクラシックを意識している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
共同通信杯で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

共同通信杯2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず共同通信杯(東京芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利なレース

・外枠が圧倒的に不利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日は雪模様ですが
日曜日は晴れそうなので、良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ダノンキングリー

内枠が有利な東京芝1800m戦において
最内枠を引き当てたダノンキングリー

前走のひいらぎ賞では、4コーナー手前から進出して
3馬身半の差をつけて圧勝したレースでした。

今回の頭数であれば、正直枠順はそれほど気にする必要はありませんが
反応の鋭い馬なので、脚を溜められる内枠はプラス要素だと言えますね。

 

3枠3番 ナイママ

札幌2歳ステークスではクラージュゲリエに先着する2着がある
ナイママは内の3番枠に収まりました。

ナイママの得意な形は体力と持久力を活かした競馬
外から早めに捲って、そのまま粘り込みたいだけに
もう少し外目の枠順でも良かったかなぁという感じです。

 

4枠4番 アドマイヤマーズ

朝日杯フューチュリティステークスを完勝して
3歳チャンピオンに輝いたアドマイヤマーズ

ダイワメジャー産駒らしく、どんなレースでも先行して
力で粘り切る競馬ぶりから馬群に揉まれず
先手を取れる枠順がベストの馬です。

今回は少頭数ではありますが、真ん中の枠に入ったことは
アドマイヤマーズにとってプラス要素だと言えますね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

勝負気配がプンプンしているのはあの馬!

競馬セブンでは共同通信杯で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして共同通信杯3点勝負買い目も無料公開します!

天皇賞秋を1点的中させた極秘情報を堪能して下さい。

共同通信杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

5枠5番 フォッサマグナ

新馬戦では強烈な末脚を見せて圧勝した
フォッサマグナは5枠5番に入りました。

外国産馬らしく、パワーで押してくるタイプの馬なので
馬群に揉まれて、加速がしづらい内枠よりも
徐々に進出して加速が出来る外目の枠はプラスですね。

 

6枠6番 クラージュゲリエ

共同通信杯出走馬の中でメンバー中、
2番目の実績を持つクラージュゲリエは
外目の6番枠に入りました。

キングカメハメハ産駒ながら、勝負どころでの
反応が遅い馬なので、少しでも距離ロスの少ない
内目の枠の方が良かったですね。

ただ、この頭数なのでそれほど気にする必要はないと思います。

 

7枠7番 ゲバラ

新馬戦は直線で素晴らしい切れ味を見せたゲバラは
大外枠である7番枠に入りました。

新馬戦は内枠から脚を溜めて直線で弾けただけに
本来であれば、内目の枠で距離ロスなく
脚を溜められれば良かったですね。




 

まとめ

共同通信杯2019で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠1番 ダノンキングリー

4枠4番 アドマイヤマーズ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

近年、例を見ない少頭数での競馬になった今年の共同通信杯

大荒れはまったく期待できないので
相手を絞って馬券を買う必要がありそうですね。

 

私が共同通信杯2019で注目している
シュヴァルツリーゼが出走回避となったので、

次点として共同通信杯のコースにマッチしている
あの馬を取り上げたいと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ