京都記念2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

京都記念2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた京都記念2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は共同通信杯、クイーンカップと3歳重賞が
2鞍行われますが

どっちも馬券を買う意義のないレースです。

 

共同通信杯なんて7頭立てですからね~

出走した馬は8着までは賞金が出る訳ですから
未勝利馬が出走して大敗したとしても賞金は貰えるという、

馬主(特にあまり有力でない)にとっては
旨味のあるレースになっています。

その反面、馬券購入者にとっては旨味がないレースでもあります。

 

という事で、おのずと

「京都記念で勝負をしよう!!」

という話になってきますよね。

 

しかも、今回の京都記念はただ繰り上がりで勝負レースになったのではなく

一癖も二癖もあるメンツなので
非常に予想のし甲斐があるレース

だと言えます。

 

という事で、京都記念2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都記念、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の京都記念は勢いのある馬が集まってきましたが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京都記念2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず京都記念(京都芝2200m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行脚質の馬が強いレース

・スタミナがある馬が強いレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日・日曜日は曇り予報で
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ハートレー

ホープフルステークスの勝ち馬であるハートレーは
最内枠である1枠1番をゲットしました。

ディープインパクト産駒らしくスピードを武器とした馬で
体力を求められると辛い馬なので
距離ロスなく、体力を温存できる最内枠は
一番良いところに入ったと言えますね。

京都記念という舞台への適性は微妙ですが、
枠順は絶好だと言えます。

 

2枠2番 ノーブルマーズ

前走の日経新春杯では、後方から差す競馬を見せた
ノーブルマーズは内目の2番枠に入りました。

前走こそ差し競馬を見せましたが
ノーブルマーズの本来のスタイルは
先行して押し切る競馬。

周りに先行したい馬も見当たらないので
すんなりと先行できそうな2番枠は絶好の枠順だと言えますね。

 

5枠5番 ブラックバゴ

久しぶりの競馬となった中山金杯では
10着と敗れたものの0.3秒差まで詰め寄った
ブラックバゴは真ん中の5番枠に入りました。

もともと体力がある馬なので、もう少し外目の枠でも良かったですが
今回は12頭と少頭数での競馬となっているので
真ん中の枠に入れたことはマイナスではありません。

時計のかかる馬場の方が持ち味を発揮するので
京都記念で一発を狙いたいところですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都記念2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
京都記念2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは京都記念

TAZUNAでは京都記念の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

6枠7番 パフォーマプロミス

有馬記念では14着と大敗したものの
昨年は日経新春杯、アルゼンチン共和国杯と
G2で2勝を挙げたパフォーマプロミス

今回の京都記念では7番枠に入りましたが
立ち回りの上手さがパフォーマプロミスの一番の武器なので
もう少し内目の枠に入りたかったですね。

鞍上の福永騎手がどのように操縦するのかが注目です。

 

6枠8番 ダンビュライト

前走のAJCCではまさかの大敗を喫してしまった
ダンビュライトは6枠8番に収まりました。

もともとは先行して、豊富な体力を活かして粘り込む
というスタイルが得意な馬でしたが
近走はやや後ろの位置取りでの競馬が続いています。

このあたり気性の難しさが出ているので
のびのびと競馬が出来る外目の偶数枠は良いところだと言えます。

鞍上の松若風馬騎手がどこまでダンビュライトを
御せるのかにも注目ですね。

 

7枠10番 ステイフーリッシュ

中山金杯2着、チャレンジカップ3着と
重賞で安定した走りを見せているステイフーリッシュは
7枠10番と外目の枠に入りました。

3歳時に勝った京都新聞杯は速いペースで先行して
粘り込んでいるようにスタミナを活かした競馬が得意な馬です。

内枠で動きを封じられるよりも、自由に動ける外枠に入ったことは
ステイフーリッシュにとってプラス要素だと言えますね。




 

8枠11番 タイムフライヤー

神戸新聞杯6着、菊花賞6着、中山金杯5着と
あと一歩で復活しそうなタイムフライヤーは
8枠11番と外目の枠に入りました。

体力型の馬で、勝負どころでの反応も鈍い馬なので
早めに追って捲っていける外目の枠は好材料です。

前走の中山金杯は良い感じ上がってきたのに止まってしまったので
タイムフライヤーの気持ちがどこまで戻るかが
京都記念において重要な要素になりそうですね。

 

8枠12番 マカヒキ

なんとか復活の勝利を飾りたいマカヒキは
大外枠である12番枠に入りました。

3歳時は闘争心のある馬で内目から
馬群を縫って突き抜ける競馬が合っていましたが
年齢を重ねて穏やかになったことで
じっくりと競馬が出来る枠順の方が良い馬に変わりました。

ただ、距離ロスが出やすい大外枠は痛恨ですね。
岩田騎手の手綱さばきに注目です。




 

まとめ

京都記念2019で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 ノーブルマーズ

7枠10番 ステイフーリッシュ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

12頭立てと少頭数になった今年の京都記念

ですが、波乱の余地が入っていそうなメンバー構成になったので
相手を絞って期待値の高い馬券を買いたいところですね。

 

私が京都記念2019で注目している馬は
今回の舞台に最もマッチしているあの馬です。

かなり確率の高い馬だと思いますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ