フェブラリーステークス2019展開予想!インティの一人旅でGIも圧勝か?

Pocket

ここではフェブラリーステークス2019の展開予想について分析をしていきます。

フェブラリーステークスは東京ダート1600mという舞台で行われるレース

上半期のダート王を決める頂上決戦ですが
過去の傾向を見ると

「脚質や枠順の有利不利はないフラットなレース」

能力がそのまま反映されるレースになっています。

フェブラリーステークス2019ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

冬の東京開催も早くも終末を迎えます。

ラストを飾るのはもちろん

”フェブラリーステークス” です。

 

フェブラリーステークスの過去のデータを紐解いてみると

ぶっちゃけ、脚質の有利不利はありません。

 

なので、展開によってあの馬に有利になる

とか、あの馬に厳しい感じになる

という事はなさそうです。

 

とはいえ、ハイペースで飛ばせば前が厳しくなり
スローペースになれば後ろの馬に厳しくなる訳で…

展開を予想することは決してマイナスにはなりません。

 

という事でフェブラリーステークス2019における展開の話題にいきましょう。

 




 

今週はフェブラリーステークス2019が行われます。


(フェブラリーステークス2018 ノンコノユメ)

昨年は根岸ステークスの勝ち馬であるノンコノユメが
そのままフェブラリーステークスも制しました。

とにかく、勢いは大切なレースですね。

 

展開の話をする前に、まずはフェブラリーステークスの過去10年における
4角順位別成績を見てみましょう。

回収率の面で考えると

「脚質の有利不利はありません」

 

ここ3年の勝ち馬を見てみると

2018年は4角1~5番手でレースをした馬が
全て10着に以下に負けた前崩れの展開

2017年は1~3着馬の4角順位を見てみると
8番手、6番手、16番手と差しが利く流れ

2017年は1~3着馬の4角順位を見てみると
4番手、12番手、9番手とやや後ろが有利な流れ

と、過去3年を見ると

差しが利く流れになっています。

 

過去3年で事例は違っていますが
フェブラリーステークス2019の展開予想と展開を馬券に活かすにあたって

“差し馬がやや有利”

という前提で考えていきたいと思います。

 

という事で、フェブラリーステークスで逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見てフェブラリーステークス2019で
展開の恩恵を受けそうな馬を探していこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

楽勝宣言が出ているのはあの馬!

競馬セブンではフェブラリーステークスで
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてフェブラリーステークス3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

フェブラリーステークス3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

フェブラリーステークス2019の展開予想

フェブラリーステークス2019で逃げる馬はどの馬?

まずはフェブラリーステークスで逃げる馬を探っていきましょう。

今年のフェブラリーステークス2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

登録馬を見てみると、前に行きそうな馬は2頭います。

インティ、サクセスエナジー

この2頭ですね。

 

この2頭の中で逃げを打ちそうなのは

サクセスエナジー

です。

競馬は基本的に前にいる馬が有利ですし
逃げればハマる事は十分にあり得る事です。

ですので、明らかに実績が劣るサクセスエナジーは
玉砕覚悟で逃げを打ちそうです。

 

そして、2番手に続くのが

インティ

です。

前走の東海ステークスは逃げて圧勝しましたが
2走前の観月橋ステークスは番手で競馬をしているように

1番人気が濃厚な今回は無理に逃げないでしょう。

スピードの違いで前に出てしまったら
そのまま逃げる形も考えられそうですね。

 




 

人気のゴールドドリーム、オメガパフュームはどの位置で競馬を進める?

逃げ馬を探ったところで、人気馬の出方を考えてみます。

 

まずは昨年のフェブラリーステークス2着馬 ゴールドドリーム

昨年・一昨年に出走したフェブラリーステークスでは
道中8番手を追走して、後方からの差し切り

チャンピオンズカップも10番手付近からの競馬で
今回も8番手前後からの競馬になりそうです。

 

次にカペラステークス勝ち馬の コパノキッキング

下級条件を走っていた時は逃げもしくは番手で
結果を残してきたコパノキッキングですが

近走は追い込みに脚質転換してレースを走っています。

今回はキャリアの浅い藤田菜七子騎手が騎乗するという事や
初めての1600m戦という事で

後方に置かれての競馬になる事が予想されます。

 

次に東京大賞典勝ち馬の オメガパフューム

東京大賞典を勝ったオメガパフュームですが
もともとズブいところがあるタイプの馬です。

いつものレースでは後方8~10番手で競馬をする馬ですが
今回は久しぶりのマイル戦という事で
11番手以下でのレースが予想されます。

 



 

有力馬・伏兵馬はどの位置で競馬を進める?

逃げ馬と人気馬の位置取りを予想したところで
他の有力馬がどの位置で競馬をしていくのかを考えていきます。

 

まずはチャンピオンズカップ3着の サンライズソア から見ていきます。

サンライズソアは前々から押し切る競馬を展開する馬

チャンピオンズカップでは道中5番手
JBCクラシック、シリウスステークスでは逃げている馬なので
フェブラリーステークスでは3番手前後での競馬が予想されます。

 

続いて、オープンクラスで安定した走りを見せる ユラノト

ユラノトは戦略がはっきりしていて
好位から徐々に進出して、そのまま押し切るという競馬

根岸ステークスも4番手からの粘り込みを見せているように
フェブラリーステークスでは5番手前後から競馬を展開することが予想されます。

 

東京コースに抜群の適性を持つ サンライズノヴァ

前走の根岸ステークスでは崩れてしまったサンライズノヴァですが
いつもは最後方付近からヨーイドンの競馬を展開する馬

今回は距離延長となるので、いつもよりは前に行くかもしれませんが
11番手以下からの競馬になりそうです。

 

過去にフェブラリーステークスを勝っている モーニン

かつては強力な先行力で押し切り競馬を展開していたモーニン

年齢を重ねて徐々に気持ちが穏やかになったこともあり
近走は後方からの差し競馬を見せています。

フェブラリーステークスは近走よりも距離が長い条件ですが
10番手前後での競馬になりそうです。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

インティは危ない!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
フェブラリーステークスの無料予想を公開します!!

今年のフェブラリーステークスは3連単10万円を
記録した菊花賞よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

フェブラリーステークス予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まとめ

フェブラリーステークス2019の展開ですが

1番手(逃げ) サクセスエナジー

2番手 インティ

3~6番手 ユラノト、サンライズソア、アンジュデジール

7~11番手 ゴールドドリーム、モーニン、クインズサターン

12番手以降 サンライズノヴァ、コパノキッキング、オメガパフューム

という隊列が予想されます。

 

一番のポイントとなるのは

差し馬が多い

という点ですね。

もともと展開の有利不利の少ないフェブラリーステークスですが
多数の差し馬、追い込み馬が出走してきました。

インティにとっては楽な競馬が出来そうな展開になりそうですね。

 

私の見解としては、

”先行馬にチャンスがある”

と、見ています。

 

近走は差し馬がやや優勢ですが、今回は先行馬で勝負をしたいですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
フェブラリーステークス2019で注目しているのは
東京コースに適性があり、末脚も強烈なあの馬です。

前走も人気を裏切って、人気落ちしそうな点に旨味があるので
ここでしっかりと配当をとっておきたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。