【フェブラリーステークス2019】オメガパヒュームが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

フェブラリーステークス2019に出走を予定している
オメガパヒュームが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ、2019年一発目のGIが行われますね。

多くの予想家さんたちは「的中」という実績が欲しいから
人気馬を総ざらいで抑えますよね~

 

でも、それってどうなのかなぁ

って正直思ってしまいます。

 

いくら人気薄の馬から買っても

相手の馬をしこたま買っていたら
期待値の面では複勝を買っているのと同じなんですよね~

 

単勝30倍の馬を軸にして3連複200倍を当てたぞ~

といったところで、点数を50点買っていれば回収率は400%

結局は単勝4倍の馬を一点買いしているのと同じです。

 

なぜ、多くの予想家さん達がこんな予想をしているのかというと

「大穴馬で馬券を当てた」

「万馬券を的中させた」

という実績が欲しいからです。

 

もう少し突っ込んでいうと長期的な回収率は度外視で

「大穴馬で馬券を当てた」「万馬券を的中させた」

という目先のインパクトにつられてしまう競馬ファンが多いから

という事が理由として挙げられますね。

 

私は目先の的中につられてしまう人は敗者だと思っているので

的中率は低くとも、万馬券は当てられなくとも

ひたすらにプラス収支を目指して、馬券を絞っていこうと思います。

という事で、フェブラリーステークスでの期待値の低い馬の話をしていきましょう。

 

動画でも詳しく話しているので、良かったら聞いてください。

こちらはオメガパヒューム以外にもう一頭切り馬を挙げていますよ。

 

フェブラリーステークス2019で
馬券を買ってはいけない最も期待値の低い馬は

オメガパヒューム

です。

 

 

オメガパヒュームは前走の東京大賞典でゴールドドリーム、ケイティブレイブを破り
GIを制覇した実力の持ち主です。

ジャパンダートダービーで完敗したルヴァンスレーヴはおらず
鞍上にミルコ。デムーロ騎手を確保したことで

今回のフェブラリーステークスでは人気になる事が予想されます。

そんなオメガパヒュームがなぜ
フェブラリーステークス2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

フェブラリーステークス2019のコース分析

フェブラリーステークス2019のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

フェブラリーステークス2019のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークス、盤石の体制で迎えるのはあの関西馬!

フェブラリーステークスでは共同通信杯において

“前走以上に盤石と言われる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がGI勝ちを確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
フェブラリーステークスで爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

オメガパヒュームの不安要素

全体的にズブいタイプで東京マイル戦のスピード勝負は苦手か!?

オメガパヒュームは今まで9戦していますが

マイル戦に出走したのは1度のみです。

 

その1戦は3歳春に出走した青竜ステークスで結果は3着でした。

相手はグリム、スマハマといった強豪馬と戦った結果なので
内容的に惨敗とは言えませんが

しっかりと負けたというレースでした。

青竜ステークス以外のレースでは
かなり高いパフォーマンスを見せているので

オメガパフュームは長距離でこその馬だと言えます。

 

今回出走するフェブラリーステークスは

東京ダート1600mというスピード舞台

久しぶりのマイル戦となるだけでなく

インティやゴールドドリームなど
青竜ステークスと比較すると相手が格段に強化されているだけに

苦手な舞台に変わる点は大きなマイナス要素だと言えます。

 



 

勝負どころで動けないズブさはGIでは致命的?

オメガパヒュームは昨年末に行われたチャンピオンズカップ以外は
常に馬券圏内に入っている堅実派ですが

”勝負どころでの反応が鈍い”

という特徴があります。

 

前走の東京大賞典も4コーナーではすでに手が動いており

4角で先頭に並びかけたケイティブレイブや
ケイティをマークしたゴールドドリームよりも
後ろの位置取りでの競馬となりました。

東京大賞典の場合は馬場が重く、時計がかかるコースだったので
最終的にはゴールドドリームを捉えて勝ちましたが

「東京ダートマイル戦」という舞台の
フェブラリーステークスでは、後れを取る可能性が高くなります。

 

他のレースを見てみても

JBCクラシックでは4角8番手から追い込んで2着

シリウスステークスでは4角6番手(3角10番手)から追い込んでの勝利

と、どのレースを見ても反応の鈍さが目立ちます。

 

今回はミルコ・デムーロ騎手という事で
早めの競馬を仕掛けてくるとは思いますが

オメガパヒューム自身のズブさは簡単に解消できるものではなく

スピードで後れを取る可能性は高くなります。

 




 

以上、2つの理由から

フェブラリーステークス2019で
馬券を買ってはいけない最も期待値の低い馬は

オメガパヒューム

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

東京大賞典を勝利して、勢いに乗るオメガパヒュームですが

本質的にマイルは適性が薄い馬です。

今回のフェブラリーステークスはマイルに適性のある相手が揃うことから
オメガパヒュームには厳しい舞台での戦いになります。

また、オメガパヒュームの個性として
「勝負どころでの反応が鈍い」
という点が挙げられるので、

スピード勝負となる東京芝マイル戦だと後れを取る可能性が高くなります。

 

フェブラリーステークス2019ではオメガパヒュームを切って勝負したいですね。

 

 

フェブラリーステークス2019で私が注目している馬は
オメガパヒュームとは別にコース適性が抜群の馬です。

能力的には上位に位置していますし
ここはかなり確率の高い馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークスは馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は昨年のフェブラリーSも馬連1点で的中

“フェブラリーステークス”はジャパンカップ以上に
自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。