ダイヤモンドステークス2019の過去10年データ分析|重いハンデの人気馬が強い!

Pocket

ダイヤモンドステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ダイヤモンドステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はダイヤモンドステークスが行われますね。


(2018ダイヤモンドステークス フェイムゲーム)

昨年はフェイムゲームが勝ったレースですが

ダイヤモンドステークスといえばフェイムゲームですよね~

 

2014年に初めてダイヤモンドステークスを勝ち

2015年にはダイヤモンドステークスを連覇

2016年もダイヤモンドステークスに出走しますが
トゥインクルに負けて惜しくも2着

2017年も出走しますが6着

普通だったらここで終わりなんですよね。

で、どのレースでも馬券に絡めなくなって引退

というのが一般の馬ですが、

フェイムゲームはここからまさかの復活を遂げて
2018年のダイヤモンドステークスを勝利

足掛け5年でダイヤモンドステークス3勝を上げました。

 

まさに「ミスターダイヤモンドステークス」です。

GIは2着が最高で縁がありませんでしたが

合計で4億円以上も稼いだ

まさに”無事是名馬”です。

 

もう引退してしまったので
ダイヤモンドステークスには出走できませんが

ダイヤモンドステークスを予想する度に

フェイムゲームの事を思い出しそうです。

 

という事で、ダイヤモンドステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

ダイヤモンドステークスは東京競馬場芝3400mで行われています。


(東京競馬場立体図)

この条件で行われるレースは後にも先にも
ダイヤモンドステークスしかないので

東京の長距離戦に適性のある馬が台頭するレース

となりそうです。

そんなダイヤモンドステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年のフェブラリーステークスは勢いのある馬が集まってきましたが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ダイヤモンドステークス過去10年のデータ分析

先行よりも差し!長距離には珍しい直線勝負のレース

まず、最初に注目したのはダイヤモンドステークスの脚質です。
以下はダイヤモンドステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「差し馬の成績が先行馬を若干上回っています」

 

基本的に長距離戦のレースはスタミナ比べになることが多く
前にいる馬も、後ろにいる馬もグダグダになってしまい

結果的に先行馬が有利になることが多いのですが
ダイヤモンドステークスはちょっと毛色が違います。

 

直線が長くて、広いコースなので落ち着いた流れで
レースが推移している点が、この結果を生んでいます。

 

また、ダイヤモンドステークスにおける
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン4位以下の馬が連対したのわずか2回

逆に上がり3ハロン1位の馬が7勝を挙げており

ダイヤモンドステークスが上がり勝負になっていることが分かります。

 

ダイヤモンドステークスに関しては
長距離戦の定石は通用しないことが分かりますね。

 



 

適性重視の舞台!ハンデ戦でも人気馬が上位に来る!

次にダイヤモンドステークスの人気別成績を見てみましょう。

ハンデ戦とはなっていますが、

1番人気が6勝して、複勝率が70%

2番人気の複勝率が60%

と、極めて安定的な成績を収めています。

 

先ほども話した通りダイヤモンドステークスの舞台である
東京芝3400mは年に1度しか行われないレースです。

それだけにこのレースに出走してくるのは

冒頭で話したフェイムゲームのような
東京芝3400mに適性のある馬が多くなります。

 

多少、斤量の差があったとしても

適性面で大きなアドバンテージがあるので
上位人気の馬は崩れづらい

という結果に辿り着いていることが分かりますね。

 

またダイヤモンドステークスにおける過去10年の斤量別成績を見てみると

斤量57.5kg以上の馬が好走率の面で
57kg以下の馬を圧倒しています。

先ほども話した通り

舞台適性が斤量のハンデを覆している

という事が分かりますね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークスで勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でフェブラリーステークスの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

フェブラリーステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ヒモ荒れ注意!下級条件に軽ハンデ馬の台頭あり!

最後にダイヤモンドステークスの前走クラス別成績を見てみましょう。

好走率はそれほど変わりませんが

前走でGIを走った馬の回収率が著しく悪いうえに
G2を走った馬の回収率もよくありません。

 

逆に前走で条件戦を走った馬の成績が平均を上回っており、

下級条件の馬が馬券に絡んでいることが分かります。

 

最後にダイヤモンドステークスの斤量別成績をもう一度見てみましょう

斤量53kg以下の馬が回収率100%以上となっており

人気薄で穴を開けているレースである

という事が分かりますね。

 

以上がダイヤモンドステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

ダイヤモンドステークスは東京芝3400mという
特殊条件で行われるレースなので

舞台適性が重要になります。

長距離戦ながら差し馬が活躍する舞台であると同時に
ハンデが重くても能力と適性がある馬は好成績を収めています。

また軽ハンデの馬が穴を開けることもしばしば見受けられ

重いハンデの人気馬+軽ハンデの穴馬

という形で馬券を狙う形が効果的です。

 

 

私がダイヤモンドステークス2019で注目しているのは
舞台適性の高さでは今回のメンバーでもピカイチの馬です。

ヒモ荒れで効果的な馬券を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。