【京都記念2019】パフォーマプロミスが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

京都記念2019に出走を予定している
パフォーマプロミスが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2019年は

「今週の危険な人気馬」

というコーナーをやっていませんでしたが

一ヶ月が経過して2月になったので

再びコーナーを再開したいと思います。

って思います。

 

昨年は確率的に一番来ないと思っていた馬を挙げることが
多かったんですが、

今年は ”期待値が一番低そうな馬” を挙げています。

期待値が低いという事は、当然人気馬になっていく訳です。

 

来ない確率が90%である単勝15倍の馬よりも

来ない確率が50%である単勝2倍の馬

の方が長期的にみた馬券収支は良くなりますからね。

 

まあ、裏目を引くことも多くなってくると思いますが
そんな時は色々とツッコんで貰えた方が

自分も皆さんも楽しめるのではないかと思いますので
宜しくお願い致します。

という事で、京都記念の期待値の低い馬の話をしていきましょう。

 




 

京都記念2019で
馬券を買ってはいけない最も期待値の低い馬は

パフォーマプロミス

です。

 

 

パフォーマプロミスは昨年日経新春杯とアルゼンチン共和国杯と
2つのG2レースを勝っている実力馬です。

メンバーレベルがそれほど高いとは言えない
今回の京都記念では1番人気を争う事が予想されます。

 

そんなパフォーマプロミスがなぜ
京都記念2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

京都記念2019のコース分析

京都記念2019のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

京都記念2019のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都記念は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップを馬連1点で的中

“京都記念”はジャパンカップ以上に
自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

パフォーマプロミスの不安要素

スピードと立ち回りが得意な馬、本質的にスタミナ勝負は苦手分野

パフォーマプロミスは過去に日経新春杯と
アルゼンチン共和国杯を勝っていますが

この馬の武器は「スピード」と「立ち回り」です。

 

 

日経新春杯は4コーナーで3番手以内にいた4頭が

1~4着を独占する前残りの競馬

パフォーマプロミスの立ち回りの上手さが活きた競馬でした。

 

アルゼンチン共和国杯はウインテンダネスが
超スローペースで逃げる展開

パフォーマプロミスは道中6番手にいながら直線で伸びて
上がり3ハロンを32.6秒というスピードを見せて勝利

このレースはパフォーマプロミスを含めて
6頭が32秒台の末脚を使う、極端な上がりの競馬で

パフォーマプロミスのスピードが活きた競馬でした。

 

上の2レースから分かるように

パフォーマプロミスの武器は「スピード」と「立ち回り」です。

 

今回の京都記念は過去の傾向を見てみると

スタミナが豊富な馬が強いレースです。

パフォーマプロミスの得意とする馬場・展開になる可能性は低く

100%の力を出せない事が予想されます。

 



 

見えた底、パフォーマプロミスはこれ以上上昇するの?

パフォーマプロミスは昨年の春に一気に
重賞戦線に上がってきた馬ですが

春の最終戦である宝塚記念では惨敗しています。

 

競走馬は勢いのある時は立て続けに好走しますが
一度惨敗すると勢いが消えてパフォーマンスが下がることが多くなります。

過去にはガンコやシャケトラが勢いのまま
重賞を勝った後にスランプに陥っています。

 

 

アルゼンチン共和国杯は超スローペースだったので
能力を測れるようなレースではありませんでした。

アルゼンチン共和国杯の次ぎに出走した有馬記念では14着と惨敗

 

持ち前の先行力を活かすことが出来ず、タフな馬場に為す術がない敗戦は
オジュウチョウサンよりも0.7秒遅れの時計でした。

一度壁にぶつかって跳ね返されたパフォーマプロミスは

昨年の日経新春杯、目黒記念で見せたパフォーマンスを
見せられる可能性は極めて低いと言えます。

 




 

以上、2つの理由から

京都記念2019で
馬券を買ってはいけない最も期待値の低い馬は

パフォーマプロミス

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

日経新春杯、アルゼンチン共和国杯と重賞を
2勝しているパフォーマプロミスですが

この馬のウリは「スピード」と「立ち回り」です。

 

京都記念はスピード色のある馬が苦戦していて
スタミナのある馬が強いだけに

パフォーマプロミスにとって苦手な舞台だと言えます。

 

また、パフォーマプロミスは昨年の勢いが止まってしまっているので
昨年と同様のパフォーマンスを見せられる可能性は低そうです。

 

京都記念ではパフォーマプロミスを切って勝負したいですね。

 

 

京都記念2018で私が注目している馬は
パフォーマプロミスとは対照的に京都記念の舞台が得意な馬です。

今回のメンバーなら能力的にも互角だと言えますし
ここは期待できますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。