フェブラリーステークス2019の過去10年データ分析|実力勝負の堅いレース

Pocket

フェブラリーステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フェブラリーステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は今年初のGIフェブラリーステークスが行われますね。


(2018フェブラリーステークス ノンコノユメ)

2019年一発目のGIという事で
誰しもが気合いの入るところだと思うんですが

個人的には相性の悪いレースです。

 

自分の馬券スタイルが

8回馬券を買って、1回1000%回収を獲る

というスタイルなので、まあ毎年のように当たっています。

ってのは稀なんですけどね。

(青葉賞やジャパンカップはめちゃくちゃ相性がいいんですが…)

 

なぜ、相性が悪いかというと

「堅いレースが多いから」

という事が挙げられると思うんですよ。

 

私は中穴党ですからね。

昨年のように人気サイドで決まってしまうと
結果的にどうしようもなくなってしまう事もしばしば

 

今年のメンバーを見ても、
なかなか堅そうな雰囲気が漂ってくるので

相手を絞って狙ってやろうかな

と思ってます。

 

まあ、いずれにしても2019年初っ端のGIですから楽しみですよね~

テンションが上がります。

という事で、フェブラリーステークス2019のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

フェブラリーステークスは東京競馬場ダート1600mで行われています。

横綱であるルヴァンスレーヴは出走しませんが

昨年よりもメンバーレベルが高く
勢いのある馬達揃ったなぁ

という印象ですね。

 

そんなフェブラリーステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フェブラリーステークス2019
ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!

徹底分析して出てきた結論から
フェブラリーステークス2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはフェブラリーステークス

TAZUNAではフェブラリーステークスの無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

フェブラリーステークス過去10年のデータ分析

脚質の有利不利がないフラットなコース

まず、最初に注目したのはフェブラリーステークスの脚質別成績です。
以下はフェブラリーステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

好走率の部分で見比べると
若干、先行馬が優勢かなぁ

という印象を受けますが

ダートのレースであるという条件を考えると
差し馬、追い込み馬の成績も優秀で

「脚質の有利不利がないフラットなレース」

であると言えます。

 

東京ダート1600m戦は基本的に先行馬が有利なコースですが

GIという事でペースが上がり、激しさが増す分
差し馬も十分に届く土壌が出来ていると言えますね。

 

ちなみに、フェブラリーステークスでの上がり3ハロン順位別成績を見てみると

と、上がり3ハロンの脚がない馬(6位以下の馬)は苦戦傾向にあります。

 

直線が長い東京コースなので
惰性で粘り込むようなレースは厳しいという事ですね。



 

実力通りに決まるフラットなレース

次にフェブラリーステークスの枠順別成績を見てみましょう。

”東京ダート1600m戦は外枠が有利”

という定説がありますが
内枠に入った馬も互角の成績を残しており

枠順の有利不利は見受けられません。

 

脚質の有利不利がなく、枠順の有利不利もない

という事で実力勝負になっている事が分かりますね。

 

ここでフェブラリーステークスにおける過去10年の人気別成績を見てみると

上位人気が堅実に走っている事が分かります

 

JRAで上半期に行われるダートGIはフェブラリーステークスのみ

ダートの有力馬は当然フェブラリーステークスに
焦点を合わせて出走してきますので、

状態面がピークにあるトップホース同士の争い

となる訳で、人気通りに決まる条件が揃っていると言えますね。

 




 

フェブラリーステークスに挑むローテーションに注意

最後にフェブラリーステークスの前走レース名別成績を見てみましょう。

1位の根岸ステークスをはじめとして

東海ステークス、チャンピオンズカップ、東京大賞典、川崎記念

 

上記のレースからの臨戦がほぼ100%です。

 

先ほども話した通り、フェブラリーステークスは
全ての実力馬が目標にしているレースなので

当然、体制の整っている馬が成績を残しています。

 

参考までに、フェブラリーステークスの前走着順別成績を見てみると

前走で馬券に絡んでいる馬(1~3着に入っている馬)が
馬券絡みのほとんどを占めています。

フェブラリーステークスは能力勝負なので
良い状態で出走する事は大切ですね。

 

以上がフェブラリーステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

フェブラリーステークスは東京ダート1600mという舞台で行われますが

脚質や枠順の偏りのないフラットなレースです

馬券に絡んでいる馬のローテーションを見てみても
王道のローテーションを歩んでいる馬以外には
まともな成績を残せておらず

”単純に強くて、能力の高い馬”

を狙っていきたいレースですね。

 

 

私がフェブラリーステークス2019で注目しているのは
東京の長い直線でこそ持ち味を発揮してくれそうなあの馬です。

インティが人気になりそうなメンツなので
かなり妙味のある存在になりそうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。