【日本ダービー2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【日本ダービー2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは日本ダービー2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

日本ダービーは日本競馬界の中で最高峰といえるGIレースです。


(写真は2018日本ダービー ワグネリアン)

日本ダービーは日本競馬界の中で最高峰といえるGIレースです。

すべての競馬関係者(ホースメン)が日本ダービーを目指しており
最高の名誉とされているレースなので
どの馬の最高の仕上げでレースに臨んできます。

昨年はワグネリアンが日本ダービーを制覇して
鞍上の福永祐一騎手は悲願のダービー制覇を果たし
ダービージョッキーとなりました。

ドラマのあるレースとなりますが
今年の日本ダービーはどのような結末を迎えるのか楽しみです。

そんな日本ダービー2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サートゥルナーリア レーン 1.3倍
ヴェロックス 川田 8.2倍
ダノンキングリー 戸崎 9.0倍
リオンリオン 13.5倍
ランフォザローゼス 福永 18.1倍
クラージュゲリエ 三浦皇成 24.9倍
ダノンチェイサー アブドゥラ 27.2倍
エメラルファイト 30.1倍
シュヴァルツリーゼ 36.3倍
アドマイヤマジャスタ デムーロ 45.8倍
メイショウテンゲン 武豊 47.4倍
レッドジェニアル 酒井 48.1倍
タガノディアマンテ 50.8倍
ニシノデイジー 51.9倍
サトノルークス 60.7倍
ロジャーバローズ 62.0倍
ザダル 73.2倍
ヒーリングマインド 120倍
ナイママ 134倍
マイネルサーパス 165倍
トーラスジェミニ 209倍
ヴィント 236倍
カフジジュピター 351倍
ディスモーメント 418倍
ヒルノダカール 426倍
ラストドラフト(出走回避)
マイネルフラップ(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

2冠を狙う サートゥルナーリア

前走の皐月賞ではホープフルステークス以来の休み明けと
難しいローテーションながらもしっかりと皐月賞を勝ったサートゥルナーリア

もともとスケール感の大きい走りをするタイプの馬なので
皐月賞よりも日本ダービーの方が適性はある馬

そして、一叩きしての上積みが見込める今回は
サートゥルナーリアにとって皐月賞よりも確率の高い舞台

日本ダービーを勝利して、3冠に大手をかけたいところです。

皐月賞で2着に入った ヴェロックス

前走の皐月賞では最後までサートゥルナーリアに食い下がり
僅差の2着に入ったヴェロックス

若駒ステークス、若葉ステークスと裏路線を歩んできた馬ですが
皐月賞では一線級の相手にひるまずに好走しました。

サートゥルナーリアは強力な相手ですが
日本ダービーではリベンジを果たしたいところです。

皐月賞は惜しい競馬だった ダノンキングリー

前走の皐月賞では勝負どころでポジションを下げてしまったことで
勝利を逃してしまったダノンキングリー

先行策での競馬を見せていただけに致命的なロスを被った形で
皐月賞は力負けではない事は明白です。

距離延長は若干微妙な感じはありますが
サートゥルナーリアとの勝負づけはまだ済んでいない中で
今回の日本ダービーでは期待が持てる馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ日本ダービー2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。