いざ日本ダービーへ!2014プリンシパルS、京都新聞杯予想

Pocket

土曜日のメインレースは日本ダービーに向けた
トライアルレースが行われます。

東京ではプリンシパルS、京都では京都新聞杯。

今日はこの2つのレースを予想しましょう。

まずは東京で行われるプリンシパルS

プリンシパルS 勝負度合い 70%

一番最初に東京芝2000mの傾向を確認しましょう。

東京芝2000mデータと傾向

差し馬が台頭する舞台で外枠(7,8枠)は不利
瞬発力勝負というよりも持続力勝負になる可能性が高い舞台です。

本命は ベルキャニオン です。

いろいろとコースの条件をあげましたが
この馬は今回のメンバーでは底力が一枚上です。

共同通信杯2着の実績と苦手中山での皐月賞の好走
GIでも掲示板に入れるくらいの底力があり
この舞台も力を発揮できるでしょう。

相手筆頭は キネオペガサス です。

常に堅実な走りを見せるキネオペガサスですが
一番高いパフォーマンスを見せたのは
東京競馬場を舞台にした新馬戦

中山でも走りますが、東京の方が得意な舞台で
ここは外せない存在です。

3番手は少し捻ってアカノジュウハチ

前走はさっぱりでしたが、新馬戦の差し脚は見事で
父親ゼンノロブロイからも東京で追い込みが炸裂する可能性は十分で
穴で狙ってみたい馬です。

続いて、前走上々の走りをしたメイクアップ
新馬戦の内容から見直したいシングンジョーカー
抑えに1戦1勝で正体の見えないマリーナベイ

本来であればベルキャニオン、キネオペガサスからの2頭軸で
攻めたいんですが、キネオペガサスが外枠を引いたので
3連複ベルキャニオン1頭軸の相手5頭の10点勝負とします。

ここはしっかりと当てておきたいところです。

もう一方は京都新聞杯。

こちらも予想に行きましょう。

京都新聞杯 勝負度合い 25%

こちらもまず最初に京都芝2200m戦の特徴をおさらいしましょう。

京都芝2200mのデータと傾向

外回りコースなので、差し馬が台頭すると思いがちですが
意外にも先行馬が有利で、枠は内寄りの方が若干優勢。
タイプとしては少しパワーがある方が走るコースです。

実績では最上位のアズマシャトルは今年に入っての走りはイマイチ
成長力にいささかの疑問を覚える内容なのでここは潔く切ります。

もう1頭の有力馬モーリスですが、こちらもスピード感に欠ける
走りをする馬で、この舞台は不向きとみて切ります。

本命は ハギノハイブリッド です。

有力馬は数多くおり、本命選びには苦労しましたが
ハギノハイブリッドの末脚の質が良いことが理由です。

パンチ力不足ながら相手なりに走るミヤビジャスパー
長い距離に適性がありそうなダンディーズムーン
まだ底が見えないショドウダンサー
前走自己条件をしっかり買ったサウンズオブアース

この4頭を挙げます。

馬券は馬連4点勝負と3連複1頭軸から4頭流しの6点勝負
計10点勝負としますが、成長度合いが計りづらく非常に難しい一戦。

こちらは勝負をしない事をオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。