【平安ステークス2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【平安ステークス2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは平安ステークス2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

平安ステークスはダート中距離の重賞レースです。


(写真は2018平安ステークス サンライズソア)

平安ステークスはダート中距離の重賞レースです。

フェブラリーステークスが終わり、
暮れのチャンピオンズカップもまだ先という事で
超一流馬が出走してこないプログラムの中にあるレースですが

昨年はチャンピオンズカップ3着のサンライズソアが勝ち
これから素質を開花させるであろう馬達が出走してきます。

今年の平安ステークスも今後のダート路線を担うような
素質ある馬が出てくる事が期待されますね。

そんな平安ステークス2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

チュウワウィザード 2.2倍
オメガパヒューム 4.7倍
サンライズソア 田辺 5.2倍
サトノティターン 7.9倍
アナザートゥルース 11.4倍
ロンドンタウン 11.9倍
ハイランドピーク 14.5倍
ジョーダンキング 17.6倍
マイネルユキツバキ 18.2倍
クイーンマンボ 22.8倍
サトノプライム 38.4倍
モズアトラクション 39.1倍
ヒロブレイブ 51.6倍
グレンツェント 60.3倍
マイネルオフィール 62.0倍
サトノアッシュ 120倍
メイショウスミトモ 251倍
トラキチシャチョウ 275倍
サンマルデューク 318倍
アイファーイチオー(出走回避)
ナムラアラシ(出走回避)

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

 

< 主な出走馬 >

フェブラリーステークスで惨敗した オメガパヒューム

前走のフェブラリーステークスでは人気を裏切り
大敗してしまったオメガパヒューム

短距離戦は経験が薄く、ダートのマイル戦は厳しかったという内容だったので
フェブラリーステークスでの負けは仕方のないところでしょう。

今回は再び距離を伸ばしての平安ステークス
今後、オメガパヒュームがダートの頂点争いをするには
平安ステークスで無様な競馬は見せられません。

日の出の勢いをみせる チュウワウィザード

過去10戦して【6.2.2.0】と全くそこを見せていないチュウワウィザード

東海ステークスでフェブラリーステークスの勝ち馬であるインティに食い下がったように
今年のダート界の中で1,2を争う勢いを見せる馬です。

地方交流重賞でも全く崩れておらず、
どんな条件でも走るところを見せているので
今回の平安ステークスを制して、チャンピオンズカップへ向かいたいところです。

前走で躓いた ジョーダンキング

上がり馬として出走したマーチステークスでは
8着と敗れてしまったジョーダンキング

前走のマーチステークスは大波乱で終わったように
実力を出しづらい舞台だったので、前走で判断するのはまだ早そうです。

今回の平安ステークスは相手が強いですが
条件戦での強さを見る限り、ここで大駆けしてもおかしくありません。

前走重賞を勝った アナザートゥルース

前走のアンタレスステークスではグリムやウェスタールンドらの
強敵を相手に見事に重賞を勝利したアナザートゥルース

スケール感で勝負するタイプでアンタレスステークスでも
まだいっぱいいっぱいという感じではありませんでした。

今回の平安ステークスでは更に相手が強くなりますが
アナザートゥルースの充実度なら十分に戦えそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ平安ステークス2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。