京都記念2019の過去10年データ分析|牝馬は苦戦のタフなコース

Pocket

京都記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京都記念2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は京都記念が行われますね。

昨年の京都記念は東京競馬場で観戦していたんですよね~

 

京都記念についてはモズカッチャンが来ないであろう

という点については自信があって

 

レイデオロは仕方がないとして

相手は アルアイン、クロコスミア、クリンチャー、ディアドラ 

の4頭をどうやって組み合わせていこうかなぁ

 

と、悩んだ挙句、

レイデオロからアルアイン、クロコスミアの馬連2点にしてしまいました。

レイデオロを2,3着付けにしても3連単24点勝負

という選択肢もあったんですけどね~

なんといってもレイデオロがまったくつかなかったので
事実上、アルアインとの馬連1点勝負にした感じになってしまいました。

 

圧倒的な大本命がいるレース

そして、少頭数で有力馬が切れないレース

は、馬券として難しいですよね~

 

という事で、京都記念2019のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

京都記念2019は京都競馬場芝2200mで行われています。


(京都記念2018 クリンチャー)

平坦の京都コースで行われているレースですが
2200mという非根幹距離で行われているので
単純なスピード勝負とはなっていません。

2019年の京都競馬場は馬場が重いので
例年通りの傾向になるのかどうか、という点も注目ですね。

そんな京都記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都記念、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の京都記念は勢いのある馬が集まってきましたが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京都記念過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利!スタミナ勝負の持久力戦!

まず、最初に注目したのは京都記念の脚質です。
以下は京都記念での4コーナーでの順位別成績です。

データを見ると

「圧倒的に先行馬が有利である」

という事がわかります。

 

京都記念は2200mという中途半端な距離でのレースなので

直線で脚を溜めての瞬発力勝負にはなりません。

先行力を活かした持久力勝負になりますので

後方から競馬をした馬はなかなか届きません。

 

昨年のクリンチャーは京都記念を勝つタイプとしては
典型的な例だと言えますね。

過去に京都記念を連覇したサトノクラウンなど
体力勝負でレースをしてくる馬に注目ですね。

 

ここで、京都記念における
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン6位以下の馬は馬券絡みがほとんどありません。

京都記念は先行馬が有利なレースではありますが
後方にいたからといって脚を使えるわけではありません。

 

前にいる馬も後ろにいる馬も体力を使って
最後は鋭い脚を使えなくなるレース

という事を覚えておくといいかもしれないですね。



 

京都2200mマイスターが活躍するレース

次に京都記念の前走クラス別成績を見てみましょう。

前走条件戦だった馬、前走オープン特別を走った馬の活躍は皆無

前走で重賞を使っている馬、特にGIを使った馬の活躍が目立ちます。

 

ここで、前走レース名別成績を見てもらいましょう。

前走で有馬記念や菊花賞を走った馬が活躍しているように

”格を持っている馬が強い”

という事が言えます。

 

また京都記念における前走着順別の成績を見てみると

前走で6着以下に惨敗した馬が巻き返していることがわかります。

 

能力勝負でちょっと遅れを取った馬が

京都記念では京都芝2200m適性を活かして巻き返している

という事が分かりますね。

 




 

タフな舞台は牝馬・若駒には厳しい!

最後に京都記念の年齢別成績を見てみましょう。

5歳馬以上は複勝回収率が100%以上の成績を残しているのに対して

4歳馬だけは複勝率67%と低調な成績に終わっています。

昨年は4歳馬のワンツースリーでしたが

タフな舞台であり、適性の問われる京都記念は
精神力やキャリアに勝るベテランのほうが有利だと言えます。

 

一方で京都記念の過去10年における牝馬の成績を見てみましょう。

複勝率では全体成績と比較して10%落ちて

複勝回収率も30%以上数字を下げています。

 

過去には4頭が馬券に絡んでいますが

ブエナビスタ、メイショウベルーガ、タッチングスピーチ、スマートレイアー

といったパワーがあるタイプのメンツ

 

一方で、ジェンティルドンナ、ラキシス、モズカッチャンなどの

強豪牝馬も負けてしまっている点を考えると

京都記念は牝馬が不得意とするタフなレースの典型だと言えますね。

 

以上が京都記念2019を攻略するための主たるデータです。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都記念2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
京都記念2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは京都記念

TAZUNAでは京都記念の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まとめ

京都記念は京都芝2200mという非根幹距離で行われるレースで

逃げ・先行馬が圧倒的に有利なレースです

道中で体力をロスしてしまうコースなので
後方から脚を溜めても末脚を発揮することが出来ません。

パワーと持久力を持ち合わせた馬が活躍するので

牝馬や若駒は狙わずにキャリア豊富なベテランを狙っていきたいですね。

 

 

私が京都記念2019で注目しているのは
京都記念の条件にマッチしたあの馬です。

データ的にもレース内容的にも絶対に無視できない存在ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ