きさらぎ賞2019出走予定馬の過去レース分析、エングレーバー、ダノンチェイサーは強い?弱い?

Pocket

ここではきさらぎ賞2019出走予定馬の過去レース分析をしていきます。

きさらぎ賞はまだ能力判断がつきづらい3歳馬同士のレース。

重賞を戦ってきた馬の能力は図りやすいですが
条件戦を走ってきた馬などは能力判断がつきづらい

という事が予想が難しいという印象を与えます。

そんな状況を打破すべくきさらぎ賞2019に出走を予定している馬の
過去レース分析を行っていきたいと思います。

500万条件を勝ってきたエングレーバー、ダノンチェイサーの
レースパフォーマンスなどを分析して
強いのか?弱いのか?を判断していきたいと思います。

 

 

こんにんは、MOTOです。

 

今週行われるきさらぎ賞では新しい試みを行っていこうと思います。

それは

「きさらぎ賞2019出走予定馬の過去レース分析」

 

3歳馬同士のレースって

重賞を戦ってきた馬の能力は図りやすいですが
条件戦を走ってきた馬などは能力判断がつきづらいですからね。

そんな状況を打破すべくきさらぎ賞2019に出走を予定している馬の
過去レース分析を行っていこうと思ったわけです。

500万条件を勝ってきたエングレーバー、ダノンチェイサーの
レースパフォーマンスなどを分析して
強いのか?弱いのか?を判断していきたいと思っているので
予想の参考にして貰えれば幸いです。

 

という事で、早速きさらぎ賞2019の話に行きましょう。

 




 

きさらぎ賞2019の出走予定馬の過去レース分析

 

今週はきさらぎ賞が行われます。


(2018きさらぎ賞 サトノフェイバー)

 

きさらぎ賞は京都芝1800mという舞台で行われるレースです。

皐月賞の前哨戦となるレースですが

毎年少頭数になりやすく、堅い決着が多いレースです。

脚質の有利不利はなく、実績を残している馬よりも

条件戦を勝った勢いのある馬が強い事でも知られています。

 

という事で、きさらぎ賞の出走予定馬過去レースの
パフォーマンス分析をしていきましょう!!

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

きさらぎ賞、盤石の体制で迎えるのはあの関西馬!

チェックメイトではきさらぎ賞において

“前走以上に盤石と言われる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営がクラシックを意識している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
きさらぎ賞で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

エングレーバー

【前走 500万条件】

好スタートからインをキープして4番手のポジショニング
4コーナー手前で早めに進出して直線は押し切る
レースセンスの高い内容で勝利しました。

ただ、抜群の手応えで4コーナーを出た割には直線での弾け方はイマイチ
2着エスポワールの末脚が目立ったレースだったので
能力勝負よりも立ち回り勝負型の馬だと判断できます。

京都芝1800mという能力勝負の舞台には疑問が残りました。

【前々走 新馬戦】

スタートで出遅れたものの、その後かかり気味に進出して7番手のポジショニング

1000m通過が1分5秒を超える超スローペースでの
直線での差し比べを制しての勝利

能力判断はつきづらいレースでしたが
父オルフェーヴル譲りの難しい気性を露呈したレースでした。

 

ダノンチェイサー

【前走 こうやまき賞(500万条件)】

好スタートから少し下げて5番手のポジショニング

800m通過が48秒5と通常ペースの中で
道中は終始かかり気味に競馬を進めます。

直線ではちょっとモタモタするところを見せながらも
最後まで伸び続けて勝利(上がり33秒5)

反応の悪さはちょっと気になりましたが
上がりのタイムと道中掛かっていた事を考えると
上々の内容だと言えます。

騎手が変われば、もっと高いパフォーマンスを発揮できそうです。

【前々走 きんもくせい特別(500万条件)】

スタートはソコソコも行き脚がついて3番手のポジショニング

1000m通過が59秒2というハイペースの中
4角先頭の強気の競馬で押し切りを図ります。

レコード決着になっているように差し馬が有利な流れでしたが
最後は接戦に持ち込みましたし
勝ち馬マイネルサーパスに並ばれてから
もう一度差し返す強い内容の競馬で能力は見せてくれました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

きさらぎ賞で勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料できさらぎ賞の勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

きさらぎ賞の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

タガノディアマンテ

【前走 エリカ賞(500万条件)】

無難なスタートで道中は3番手のポジショニング

逃げたエールヴォアに対してインをピタッとついていき
直線に入ってもバテない脚で3着を確保

瞬発力というよりも推進力のある末脚で
ある程度力の要る馬場・展開の方が持ち味を発揮できそうな馬です。

【前々走 未勝利戦】

無難なスタートで道中は7番手のポジショニング

1000m通過が1分3秒0というスローペースの中で
直線ではインから抜け出してきて最後まで脚色衰えない完勝

外から伸びてきた馬が上位に入ってきた中
ただ1頭内から伸びた内容は評価出来ます。

溜めての爆発力を見せたレースで
パワーに勝ったタイプで力の要る馬場は得意そうです。

 

ランスオブプラーナ

【前走 なずな賞(500万条件)】

順調なスタートを切り2番手追走して
逃げたジャスティンにピッタリくっついていましたが
4コーナーではジャスティンに離されて、リードを守られてしまい2着

レースは行った行ったの競馬で展開に依存するところの多い結果で
内容を評価出来ない競馬となりました。

【前々走 未勝利戦】

好スタートから少し控えて3番手のポジショニング

4コーナーで先頭に並びかけると
直線で抜け出してからは後続を引き寄せない強い競馬

スタートからの800mが46秒0とハイペースで
持久力の高さを見せての勝利でしたが
スローペースからの上がり勝負となるとまだ未知数だと言えます。

 

以上が、

きさらぎ賞2019出走予定馬の過去レース分析 その1

となります。

 

第2弾としては、重賞での実績を持っている

アガラス、ヴァンドギャルド

を中心にお届けしていきたいと思います。

きさらぎ賞2019出走予定馬の過去レース分析 その2

 



 

まとめ

と、ここでまとめましょう。

きさらぎ賞2019の出走予定馬の過去レースを
分析していきましたが、過去のレースで序列をつけていくと

1番手 ダノンチェイサー

2番手 タガノディアマンテ

3番手 ランスオブプラーナ

4番手 エングレーバー

という感じですね。

 

この4頭以外にも有力馬はいますし

追い切りや枠順などで序列は変わってきますので

出走予定馬の能力評価をする参考材料にして頂ければと思います。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

きさらぎ賞2019で注目しているのは
今回の記事で取り上げていないあの馬です。

実績馬が揃っているので、それほど人気にはならないと思いますが
この馬は期待値の高い馬だと思っていますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ