根岸ステークス2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

根岸ステークス2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた根岸ステークス2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年に入ってから

「馬券から切るべき危険な人気馬」

シリーズをやっていません。

 

人気馬を対象に取り上げているので
切った馬が来るにしても来ないにしても

結構派手な感じがあって

やってほしいという要望を頂いたりするのですが
実は内部的にやっていたりします。

 

ちなみに今年の重賞でいうと

中山金杯:タイムフライヤー

京都金杯:グァンチャーレ

シンザン記念:ミッキーブリランテ

フェアリーステークス:該当馬なし

日経新春杯:メイショウテッコン

京成杯:該当馬なし

 

という事で、切り馬としてはまあまあの成績を残していると思うんですが

なにぶん、馬券が当たらない!

 

軸馬の馬券絡み率が凄く低いので

ピントが合うまでは切り馬勝負の馬券勝負をしようかな

なんて、考えています。

 

という事で、根岸ステークス2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

根岸ステークス、盤石の体制で迎えるのはあの関西馬!

チェックメイトでは根岸ステークスにおいて

“前走以上に盤石と言われる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “デビュー前から米三冠レースに登録していたほどの陣営の期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
根岸ステークスで爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

根岸ステークス2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず根岸ステークス(東京ダート1400m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・勢いよりも実績重視のレース

・追い込み馬が圧倒的に有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日・日曜日は晴れ予報で
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 クインズサターン

武蔵野ステークス2着があり
常に安定した末脚を見せるクインズサターンは
1枠1番と最内枠に入りました。

この馬の戦法はハッキリとしていて
最後方に控えて、外に回して直線で末脚ズドン

今回の最内枠はこの戦法がとりづらい枠順ですし
鞍上の四位騎手は内を突くのが苦手な騎手なので
クインズサターンにとっては最悪の枠順だと言えます。

 

2枠2番 ユラノト

オープンレースで常に勝ち負けを繰り広げるユラノトは
内目の2番枠に収まりました。

ユラノトの戦法としては好位につけて抜け出すという形

今回の2番枠は絶好枠に収まったと言えますし
鞍上のルメール騎手も心強い限りですね。

 

2枠3番 サトノファンタシー

安定感はないもののツボにハマれば一発がある
サトノファンタシーは2枠3番に収まりました。

サトノファンタシーは中団に控えての差しを得意としている馬で
馬群から抜け出す競馬も苦手ではありません。

レースにハマるかハマらないかは走ってみないと分かりませんが
根岸ステークスで穴を開けられるような条件である事は間違いありません。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

根岸ステークスは馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップを馬連1点で的中

“根岸ステークス”はジャパンカップ以上に
自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

4枠4番 ケイアイノーテック

今回、ダート初挑戦となるケイアイノーテックは
2枠4番と内目の枠に収まりました。

ダートが初めてなので、前の位置を取れるかどうかが
ポイントとなりますが、ダート初挑戦で砂を被る内枠は
ケイアイノーテックにとって辛い条件。

人気面を考慮すると買いづらい馬ですね。

 

3枠6番 モーニン

過去には根岸ステークスで勝ち星を挙げているモーニンは
3枠6番と内目の偶数枠をゲットしました。

最も勢いのある頃と比べるとパフォーマンスは落ちていますが
スランプ期であったころと比較すると復調気配を見せています。

本質的には先行押し切りを得意としていますし
先行するにはもってこいの枠順はモーニンにとってプラスですね。

 

6枠11番 コパノキッキング

ダート全成績が【6.1.0.1】

しかも、現在3連勝中と絶好調なコパノキッキング

以前は逃げ・番手の競馬をしていましたが
近走は後方からの差し競馬に徹しています。

そういった意味では6枠11番という
今回の根岸ステークスでの枠順は悪くありません。




 

6枠12番 サンライズノヴァ

昨年の根岸ステークスでは2着という成績を残している
サンライズノヴァは6枠12番と外目の枠に入りました。

東京コースは得意な馬ですが
サンライズノヴァは常に出遅れて最後方付近から豪脚で差してくる

という戦法に特化しているので、
スムーズに外に出せる外枠は良い枠だと言えます。

 

8枠16番 マテラスカイ

プロキオンステークスを圧勝したマテラスカイは
大外枠である16番枠を引き当てました。

プロキオンステークスでも8枠を引きながら
先手を奪って逃げ切ったように
揉まれない枠順はマテラスカイにとってプラスです。

近走は勝ちきれませんが、気分よく競馬が出来る枠順です。




 

まとめ

根岸ステークス2019で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠6番 モーニン

1枠2番 ユラノト

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

6枠2頭が中心となる今年の根岸ステークス

サンライズノヴァもコパノキッキングも追い込み馬なので
レースの展開がどのような形になるのかが
予想をする上での大きなポイントとなりそうです。

フェブラリーステークスを占う意味でも
見逃せない一戦となりそうですね。

 

私が根岸ステークス2019で注目している馬は
枠順はイマイチですが、舞台適性と能力は間違いのないあの馬です。

前残りの競馬になってしまうと難しいですが
自分で競馬を動かせれば、十分に勝負できる馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ