きさらぎ賞2019の過去10年データ分析|格よりも勢いが重要なレース

Pocket

きさらぎ賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
きさらぎ賞2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ2月に入ってクラシックの足音が近づいてきましたね。

昨年のシンザン記念はアーモンドアイが勝ちましたが
私の感覚だと2月から”クラシック路線白熱”という印象があります。

 

東京競馬場では「共同通信杯」が行われますし
京都競馬場では「きさらぎ賞」が行われますからね。

 

そして、今週はきさらぎ賞が行われます。


(2018きさらぎ賞 サトノフェイバー)

 

私が競馬を始めた頃はきさらぎ賞を勝った馬は
クラシックで活躍できない事が確定する

と、言われていたくらいに縁のないレースで

スペシャルウィークが日本ダービーを勝てたのは
きさらぎ賞を2着に負けたおかげだ

みたいなことを言う人もいました。

 

ですが、タニノギムレット をはじめ

サトノダイヤモンド や トーセンラー

といったGI馬が勝利するような立派なレースに成長してきました。

 

ただ、コース的には皐月賞とは真逆の適性を持つだけに
皐月賞よりも日本ダービーを見据えたレース

という感じはありますよね。

 

という事で、きさらぎ賞2019のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

きさらぎ賞2019は京都競馬場芝1800mで行われています。

平坦の京都コースで行われているレースなので
例年スピードを争うようなレースになりますが

2019年の京都競馬場は馬場が重いので
例年通りの傾向になるのかどうか、という点も注目ですね。

そんなきさらぎ賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

きさらぎ賞は1強レースだ!!

オッズ割れが予想されるきさらぎ賞も
本当に買える馬は1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト
「大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~」



今週のメインレースはきさらぎ賞

「大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~」
ではきさらぎ賞の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~」
への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『大川慶次郎予想サイト』への登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

きさらぎ賞過去10年のデータ分析

脚質の有利不利はなし!追い込み一気も決まるレース

まず、最初に注目したのはきさらぎ賞の脚質です。
以下はきさらぎ賞での4コーナーでの順位別成績です。

データを見る限り

「枠順の有利不利は感じられません」

 

4角1番手の馬の

複勝率は 62.5%  複勝回収率 187%

4角10番手以下の馬の

複勝率は 100.0%  複勝回収率 145%

と、逃げ馬も追い込み馬も平等に成績を残しています。

 

その年によって全体のペースは異なるので
前に行った馬が有利だったり、差し馬が有利だったりしますが

全体的にフラットなコースである

という事は抑えておきたいですね。

 

ここで、きさらぎ賞における
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン4位以下の馬は複勝回収率30%台

と、苦戦を強いられています

 

前に行く馬も成績が悪くないレースですが

なだれ込みタイプではなく、
脚を溜められるの馬が良い

という事が分かります。



 

脚を溜めるレースならサンデー系種牡馬の出番

次にきさらぎ賞の種牡馬別成績を見てみましょう。

先ほど、前に行く馬でも脚を溜めて
直線でもう一伸び出来る馬が強い

というような話をしましたが

脚を溜めて直線で爆発力のある末脚を活かすと言えば

”サンデーサイレンス系の種牡馬です”

 

きさらぎ賞は堅い決着が多いので
回収率こそそれほど伸びていませんが

過去10年のきさらぎ賞の勝ち馬は

すべてサンデーサイレンス系の馬によるものです。

 

しっかりと馬の適性を見て

直線で末脚をもっているうまを選びたいですね。

 

またきさらぎ賞における枠順別の成績を見てみると

こちらは特にデータの偏りはありません。

 

きさらぎ賞が能力勝負、直線での末脚勝負である

という事が分かりますね。

 




 

大切なのは格よりも勢い!下級条件上がりに注目!

最後にきさらぎ賞の前走クラス別成績を見てみましょう。

複勝回収率の数字を見てみると

前走でオープンクラスを走った馬は 49%

前走で下級条件を走った馬は 92%

と、明確な差が出ています。

 

きさらぎ賞は皐月賞や日本ダービーといったGIレースまでは
間隔が空いた時期に行われるので

既に賞金を持っていて、
クラシック出走が確定しているような馬は
調整のレースとして選びません。

逆に冬に未勝利戦を始めとした条件戦を使った中でも
陣営サイドが素質を認めているような馬は

レースの摩擦も少なく、能力勝負になりやすい
きさらぎ賞は絶好の標的となります。

 

きさらぎ賞は2月に行われるレースの妙が出ていますね。

 

最後にきさらぎ賞の過去10年における前走着順別成績を見てみましょう。

前走で1着に入った馬が複勝回収率で100%を超え

勢いのあるレースである事を証明しています。

きさらぎ賞は格よりも勢い

という前提で予想をしたいですね。

 

以上がきさらぎ賞2019を攻略するための主たるデータです。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

きさらぎ賞で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まとめ

きさらぎ賞は京都芝1800mという条件で行われますが

脚質や枠順の有利不利がないレースです

とにかく上がりの脚が速い馬が馬券に絡むので
確かな末脚を持っている馬をチョイスすることが第一段階です。

 

それ以外の要素をとってもきさらぎ賞は

”純粋な能力勝負である”

という傾向を示しているので

シンプルに馬の力を測って予想をしていく

という事が必要になりそうですね。

 

私がきさらぎ賞2019で注目しているのは
前走で条件戦を走っているあの馬です。

データ的にもレース内容的にも絶対に無視できない存在ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。