根岸ステークス2019展開予想!マテラスカイの一人旅で前哨戦制覇なるか?

Pocket

ここでは根岸ステークス2019の展開予想について分析をしていきます。

根岸ステークスは東京ダート1400mという舞台で行われるレース

フェブラリーステークスの前哨戦という位置づけのレースですが
過去の傾向を見ると

「追い込み馬が圧倒的に有利なレース」

末脚の破壊力を持っている馬が活躍するレースになっています。

根岸ステークス2019ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

まだ1月ですが、今週から東京開催に変わりますね。

個人的には1月の中山開催でこっぴどくやられたので

”東京開催に替わるのは大歓迎”

といったところです。

 

ただ、冬の東京開催は私が大好きな

東京芝2400mの重賞やオープンレース

が、あまりないんですよね~

 

明け4歳馬と古馬の実力比較が難しい時期の
開催になりますが、ここで一気に加速したいところですね。

 

という事で根岸ステークス2019における展開の話題にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

根岸ステークス、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の根岸ステークスは勢いのある馬が集まってきましたが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

今週は根岸ステークス2019が行われます。


(根岸ステークス2018 ノンコノユメ)

フェブラリーステークスの前哨戦と言えるレースで
昨年の勝ち馬であるノンコノユメはそのまま
フェブラリーステークスも制した通り

GIとの関連性が強いレースです。

 

展開の話をする前に、まずは根岸ステークスの過去10年における
4角順位別成績を見てみましょう。

好走率の面でも、回収率の面でも

「追い込み馬が圧倒的に有利です」

ここ3年の勝ち馬を見てみると

2018年の1~3着まですべて4角10番手以下からの追い込み

2017年は2着馬ベストウォーリアこそ4角6番手でしたが
1,3,4着馬は4角14番手以下からの競馬

2016年は1~3着馬の4角順位が3,6,3番手

と、過去3年を見ると

2017,2018年は追い込み優勢
2016年は先行馬優勢

と、その年の流れによって結果が変わっています。

 

過去3年で事例は違っていますが
根岸ステークス2019の展開予想と展開を馬券に活かすにあたって

“追い込み馬が有利”

という前提で考えていきたいと思います。

 

という事で、根岸ステークスで逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見て根岸ステークス2019で
展開の恩恵を受けそうな馬を探していこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

根岸ステークスで勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で根岸ステークスの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

根岸ステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

根岸ステークス2019の展開予想

根岸ステークス2019で逃げる馬はどの馬?

まずは根岸ステークスで逃げる馬を探っていきましょう。

今年の根岸ステークス2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

登録馬を見てみると、前に行きそうな馬は2頭います。

マテラスカイ、サイタスリーレッド

この2頭ですね。

 

この2頭の中で逃げを打ちそうなのは

サイタスリーレッド

です。

この馬は逃げないと持ち味が発揮できない。

という点はあるのですが、

マテラスカイと違い前走・前々走と1200mを使っていて
スピード競馬慣れしているという事が挙げられますね。

人気もマテラスカイよりもないと思うので
思い切って逃げられる立場で前に行けそうですね。

 

そして、2番手に続くのが

マテラスカイ

です。

近走はなかなか思うような結果が出ていませんが

2走前のJBCスプリントでも逃げているように
スピード能力の違いで先頭付近での競馬になるでしょう。

ポンと出て前に行ってしまったら
そのまま逃げる形も考えられそうですね。

 




 

人気のサンライズノヴァ、コパノキッキングはどの位置で競馬を進める?

逃げ馬を探ったところで、人気馬の出方を考えてみます。

 

まずは昨年の根岸ステークス2着馬 サンライズノヴァ

昨年は4角10番手からの競馬になりましたが
もともとスタートが悪く、後方一手の脚質

今回も最後方付近からの競馬になりそうです。

 

次にカペラステークス勝ち馬の コパノキッキング

下級条件を走っていた時は逃げもしくは番手で
結果を残してきたコパノキッキングですが

近走は追い込みに脚質転換してレースを走っています。

今回は2戦して未勝利の1400m戦

全成績が【6.1.0.1】

である事を考えると距離に若干の不安があるので
後方10番手あたりで脚を溜める競馬が予想されます。

 



 

有力馬・伏兵馬はどの位置で競馬を進める?

逃げ馬と人気馬の位置取りを予想したところで
他の有力馬がどの位置で競馬をしていくのかを考えていきます。

 

まずは武蔵野ステークス2着がある クインズサターン から見ていきます。

クインズサターンは常に後方からの末脚勝負をする馬

そして、今回初めての1400m戦となるので
サンライズノヴァと同様に最後方付近からの競馬になる事が予想されます。

 

続いて、オープンクラスで安定した走りを見せる ユラノト

ユラノトは戦略がはっきりしていて
好位から徐々に進出して、そのまま押し切るという競馬

道中、5番手前後から競馬を展開することが予想されます。

 

4走前はコパノキッキングに迫った ヤマニンアンプリメ

近走安定した成績を見せていますが
ヤマニンアンプリメの競馬は後方で脚を溜めて末脚勝負

1200m、1400mを中心に使っているだけに
最後方付近からの競馬にはならないでしょうが
10番手あたりからの競馬になりそうです。

 

ダート初挑戦となる ケイアイノーテック

ケイアイノーテックについてはダート初出走なので
どこまでこなせるかは分かりませんが
血統面などを考えると前に行っての競馬はなさそうです。

道中8番手以下あたりからの競馬になりそうですが
さすがにこの挑戦は無謀かなと思います。

 




 

まとめ

根岸ステークス2019の展開ですが

1番手(逃げ) サイタスリーレッド

2番手 マテラスカイ

3~6番手 ユラノト、モーニン、サトノファンタシー、モーニン

7~11番手 コパノキッキング、ケイアイノーテック、ヤマニンアンプリメ、ワンダーリーデル

12番手以降 サンライズノヴァ、クインズサターン

という隊列が予想されます。

 

一番のポイントとなるのは

サイタスリーレッド(マテラスカイ)のペース

ですね。

追い込み馬有利の根岸ステークスという事で
多数の差し馬、追い込み馬が出走してきました。

それだけに逃げ馬が手薄で3年前のような
前残りの競馬も十分に考えられそうです。

 

私の見解としては、

”先行馬にチャンスがある”

と、見ています。

 

データに反して、追い込み馬よりも先行馬で勝負をしたいですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
根岸ステークス2019で注目しているのは
東京コースに適性があり、末脚も強烈なあの馬です。

前走も人気を裏切って、人気落ちしそうな点に旨味があるので
穴馬を指名して高配当を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ