フェノーメノ連覇!キズナ敗北!2014天皇賞春、青葉賞回顧

Pocket

先週行われたGI天皇賞春は期待したフェノーメノが勝利しました。

この馬の勝因は舞台適性です。

今回有力馬となっていた4頭
キズナ・ウインバリアシオン・ゴールドシップ・フェノーメノ
の中で圧倒的に京都芝3200mの適性があったのがフェノーメノでした。

能力(底力)で一番劣るフェノーメノが
上の3頭を負かせたのはここが原因です。

・脚質の自在性や操縦性の良さ
・スピード勝負の得意さ

など、馬の特性を判断できると人気がなくても本命に出来ますね。

逆にゴールドシップは適性が偏った馬

出遅れ云々をいう声を出ていますが
それは全く関係ありません。
敗因はスピード勝負が不得手であるということ。
これは去年の成績からも明らかです。

馬券を当てる、回収率を上げる事を目標にしているなら
ゴールドシップくらい適性が偏っている馬は外しておきたいところです。

ちなみにレース後下馬したので心配していましたが
命に関わる怪我ではなかったようで一安心ですね。

2着にきたウインバリアシオンはスピード勝負に不安を持っていましたが
道中の位置取りや仕掛けなど代打の武幸四郎騎手が
最高の騎乗を見せてくれました。

高い能力に自在性が加わり、どんな条件でも力を発揮できる
馬になってきたと言えるでしょう。
宝塚記念ではGI制覇のチャンスですね。

1番人気のキズナは4着に敗れました。

道中最後方の競馬をしてしまうと危険だと危惧していましたが
不安が的中した形で、武豊騎手がうまく乗れませんでした。

下り坂で全体がペースアップしてから仕掛ける形だと
どうしても最後方からは届きません。
上り坂で仕掛けられると良かったのですが
こればかりは仕方ありません。

宝塚記念はキズナの力を出せる舞台なので
ここで期待しましょう。

3着にはホッコーブレイブが入ってきました。

この馬、前走の日経賞で差してきた時は
完全にパワー型の末脚だと判断していたので
今回の舞台で好走出来た点はかなり評価があがりますね。

本来の能力が開花した、という判断でいいでしょう。

相手に指名したサトノノブレスは8着
私が期待したレースをしての結果なので仕方ありません。

そして、土曜日に行われた青葉賞

こちらはショウランラグーンが豪快に差し切りました。

成績的にも軽視していた部分はありましたが、今回の末脚は見事
あのパフォーマンスであれば、本番の日本ダービーも期待出来ます。

本番では決して無視をすることが出来ない馬ですね。

1番人気のワールドインパクトが2着

堅実な走りはさすがと言えますが、抜け出す脚も平凡で
見せたスタミナやパワーもそこそこ
こちらは日本ダービーでは用なしですね。

期待したヤマノウィザードは3着

前走からの立て直しは出来ていましたが
初戦、2戦目で見せたパワーのある末脚が見られませんでした。

状態面の不安というよりも、成長力に問題があるのかなと感じます。
次走、もう一度様子を見て今後を判断していきましょう。

今回の勝ち馬ショウランラグーンには要注意ですね。