AJCC2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

AJCC2019(アメリカジョッキーズクラブカップ)の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたAJCC2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年の京都開催は爽快なまでに外差し馬場ですね。

 

以前は正月の京都開催といえば

内枠天国で前に行く馬が止まらない競馬

になっていたんですが

JRAがエアレーションを施すようになってから
一気に傾向が逆転しました。

 

私は過去のデータを見ながら
レース展開を組み立てて予想するので

ここまでドラスティックに変わられてしまうと
自分のスタンスが通用しなくなってしまい辛いのですが

これも競馬です。

 

与えられた条件で最善を尽くすことしか出来ないので

正月の京都競馬はなるべく参加をせず
データを取ることだけに集中したいと思います。

 

分が悪いところで無理矢理勝負をする必要はないですから

分の良いところで勝負をして
いい結果を生めるようにしていきたいと思います。

 

という事で、AJCC2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

格段にパワーアップしているのはあの馬!

競馬セブンではAJCCで激走するべく
状態面が最高潮である馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてAJCC3点勝負買い目も無料公開します!

天皇賞秋を1点的中させた極秘情報を堪能して下さい。

AJCC3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

AJCC2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずAJCC(中山芝2200m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・勢いよりも実績重視のレース

・先行馬が圧倒的に有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日・日曜日は晴れ予報で
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ジェネラーレウーノ

菊花賞では思わぬ大敗を喫してしまったジェネラーレウーノ

今回のAJCCでは1枠1番と最内枠に入りましたが
この枠順は非常に良い枠順ですね。

今回のメンバーであれば、おそらくジェネラーレウーノが
逃げると思われるのでスタートさえ間違えなければ
単騎逃げが見込めます。

自分の競馬が出来そうな枠順に収まりました。

 

4枠4番 フィエールマン

菊花賞を勝ち、今回のAJCCでは圧倒的な
人気になる事が予想されるフィエールマン

3000mのレースを勝っていますが
超スローペースだった事もあり
長距離適性がどこまであるのか分からない状態なので
距離ロスを抑えられる今回の内目偶数枠は最高の枠順だと言えます。

4歳世代トップの実力者がここでどんなレースをするのか楽しみですね。

 

5枠5番 ダンビュライト

昨年のAJCCを制しているダンビュライトは
5番枠に収まりました。

昨年のAJCCでは前に行って押し切りましたが
近走は前に行く気持ちが少し弱くなってきているので
中団もしくは後方からの競馬が予想されます。

その点を踏まえると真ん中の枠順は
競馬をしやすい枠順だと言えるので
今回のAJCCの枠順はボチボチであると言えますね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フィエールマンを倒すのはあの馬!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
AJCCの無料予想を公開します!!

今年のAJCCは3連単10万円を
記録した菊花賞よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

AJCC予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

6枠7番 ミライヘノツバサ

稀代の中山巧者であるミライヘノツバサは
真ん中外目の枠順に収まりました。

脚を溜めて直線で伸びるようなタイプではなく
先行して持久力を活かしての粘り込みが持ち味の馬なので
今回の7番枠は競馬をしやすい枠順に入ったと言えます。

長期休みを経験しましたが、前に行ければ面白いですね。

 

6枠7番 ステイインシアトル

先行力のあるステイインシアトルはやや外目の枠に入りました。

自分のペースで走れた時だけ力を発揮する馬なので
揉まれない7番枠は悪くはありません
地力面では若干見劣りする部分もあるので
早めに逃げもしくは好位をキープしてロスのない競馬をしたいところです。

 

7枠9番 ショウナンバッハ

前走の中日新聞杯では威力のある末脚を見せて
2着に入ったショウナンバッハ

ショウナンバッハがやる事は決まっていて
後方で脚を溜めて直線でズドン

これだけです。

どの道下げるので、枠順はそれほど関係ありません
もう少し内目の枠でロスなく脚を溜められる方が良かったですね。



 

8枠10番 メートルダール

前走の中日新聞杯では人気を裏切ってしまったメートルダール

メートルダールの適性としては広々としたコースで
自分の力を発揮するタイプなので
今回のAJCCにおいて揉まれない外枠に入れた事はプラスです。

あとは舞台適性だけですね。

 

8枠11番 サクラアンプルール

昨秋は天皇賞秋、有馬記念とGIロードを走って
サクラアンプルールは大外の11番枠に収まりました。

サクラアンプルールは立ち回りと機動力で勝負するタイプなので
今回の大外枠は痛恨ともいえる良くない枠順です。

少頭数という事で外々を回らず競馬をすることも出来そうですが
蛯名騎手がどのような進路を取るのかで結果が変わってきそうですね。




 

まとめ

AJCC2019で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 フィエールマン

1枠1番 ジェネラーレウーノ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

フィエールマンが中心となる今年のAJCC

少頭数という事もあり、大きな波乱は考えづらいですが
果たしてフィエールマンがどんな走りを見せるのか?

2019年のGIシリーズを占う意味でも
見逃せない一戦となりそうですね。

 

私がAJCC2019で注目している馬は
枠順はイマイチですが、舞台適性と能力は間違いのないあの馬です。

末脚勝負になってしまうと難しいですが
自分で競馬を動かせれば、十分に勝負できる馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ