2014NHKマイルC出走予定有力馬紹介|ミッキーアイル逃走劇?

Pocket

今週のメインレースはGI「NHKマイルC」

3歳のマイル王を決定する戦いですが
近年は3歳の路線分布がしっかり分かれてきており
昔のようにクラシックで一歩通用しない馬達が争うような
レベルの低い舞台ではなくなってきました。

今回もマイルに標準を定めた好メンバーが集まってきましたので
1頭ずつ見ていきましょう。

今回の主役は ミッキーアイル です。

現在4連勝中で重賞2連勝。
過去のディープインパクト産駒にはいなかった
卓越したスピードでガンガンに押し切るタイプで
4勝とも圧勝と言える内容でした。

今回もそのスピードについてこられそうな馬はおらず
ミッキーアイルがレースを支配することは間違いありません。

東京の長い直線を逃げ切れるかという点が唯一の不安点ですが
スピードの裏にパワーも備えているので心配はないでしょう。

そのミッキーアイルに唯一土をつけたアトム

朝日杯FSでは1番人気を裏切り、今年は若駒Sを出走取消しての初戦
能力云々以前に臨戦過程に問題ありと判断せざるをえません。

能力的な分析ですが瞬発力勝負をするタイプなので、
東京の芝コースはピッタリあうでしょう。
ただ、マイルは窮屈な走りをしているので
距離はもう少し長い方が合いますね。
そのあたりは陣営が若駒Sを使おうとしていたあたりでも判断できます。

今回はかなり厳しい、と言えます。

追い込み馬として最も魅力的な馬がサトノルパンです。

勝利をするまでに3戦を要して、きさらぎ賞では6着惨敗と
最初はイマイチだったサトノルパンに魅力を感じる理由は
『成長力』にあります。

東京で走った500万条件戦とファルコンSでは鬼脚を披露
その末脚の迫力は重賞級をゆうに超えるものがありました。
自分のスタイルを確立して、常に力を出せる安定感も手に入れました。

このレースでは最も魅力的な1頭です。

実績ではGI2着と重賞勝利があるショウナンアチーブです。

こちらは上で紹介したスピード自慢の馬と対照的なパワータイプの馬
中山競馬場で良績を残しているのは、適性の影響があります。
GIや重賞で走っているので、能力はあると判断できますが
今回の東京芝マイルはスピードも必要な舞台。

今回は非常に厳しいレースとなりそうです。

ニュージーランドトロフィー2着のショウナンワダチは
前走は出走メンバーのレベルが低かった点は否めず
今回のメンバーでは力不足でしょう。

皐月賞経由で登録しているのはキングズオブザサンとロサギガンティア

キングズオブザサンは中山コース向きの脚質なので
東京芝マイルでは用なしと判断していいでしょう。

ロサギガンティアは能力がどこまで通用するかという問題がありますが
東京芝マイルは舞台としては良く、無視が出来ない1頭です。

桜花賞経由で登録しているのはホウライアキコとアドマイヤビジン

ホウライアキコはスピードとパワーのバランスがとれたタイプで
東京競馬場でのレースは合いそうで無視出来ません。

アドマイヤビジンはどちらかというとパワーが勝ったタイプで
阪神競馬場以上のパフォーマンスを期待するのは難しく
今回のメンバーでは厳しいと判断できます。

と、主要メンバーの紹介と評価をしました。

今回は能力と適性がわかりやすいメンバーが揃っているので
かなり当てやすいレースだと言えます。

キッチリ勝負出来そうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。