シルクロードステークス2019の過去10年データ分析|重いハンデもなんのその

Pocket

シルクロードステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
シルクロードステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週はAJCCと東海ステークスというG2戦が行われましたが

今週はシルクロードステークスと根岸ステークスとG3戦が行われます。

 

その中でもシルクロードステークスは
ハンデ戦という事もあり、ちょっと微妙な立ち位置ですよね~

私の記憶に一番残っているシルクロードステークスは
ゲイリーフラッシュが勝った2002年のレースです。

 

まだこの年は現在の年齢表記に1歳加わって計算をしており

日本ダービーは4歳馬が出走していました。

それくらい昔の話なのですが

ゲイリーフラッシュは当時9歳

今みたいに高齢馬が活躍する土壌がない中で
近走で全く馬券に絡めないゲイリーフラッシュが
まさかの大激走だったんですよね~

 

今考えてもなぜシルクロードステークスだけ
ゲイリーフラッシュが激走したのかが全く分かりません。

そんな訳の分からない事が起こるのがハンデ戦の醍醐味ですよね~

 

という事で、シルクロードステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

シルクロードステークスは京都競馬場芝1200mで行われています。


(シルクロードステークス2018 ファインニードル)

平坦コースの京都競馬場で行われるレースで
スピード比べの様相が強いレースとなっています。

そんなシルクロードステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

シルクロードステークスはあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

【2018年無料予想11週連続的中の実績がある競馬サイト!】
2018年は年間を通して大暴れ

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料でシルクロードステークスの極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」のシルクロードステークス情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  シルクロードステークスの予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

シルクロードステークス過去10年のデータ分析

圧倒的に前が残るレースも今年は?

まず、最初に注目したのはシルクロードステークスの脚質です。
以下はシルクロードステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬の成績が圧倒的に良いです」

 

シルクロードステークスは平坦の京都競馬場で行われるので
テンのスピードを活かして前に行き切った馬が逃げ粘る形になっています。

ただ、例年の傾向であれば
前に行った馬を狙っていればいいのですが

今年の京都競馬場は外差しが決まる馬場傾向

過去のデータがそのまま通用するのかが
焦点となってきそうですね。

 

また、シルクロードステークスにおける
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン1位の馬が5勝しているものの

上がり3ハロン6位以下の馬が8頭も馬券に絡んでおり

前残り傾向を如実に表していますね。

 



 

ハンデ戦でも実績馬!勢いよりも格が重要なレース

次にシルクロードステークスの斤量別成績を見てみましょう。

ハンデ戦ではありますが

斤量が重くなればなるほど、
複勝率も複勝回収率も右肩上がりになっています。

一般的にハンデが重くなれば

それだけ好走率が下がってしまうんですが
シルクロードステークスでは逆の傾向を見せています。

 

シルクロードステークスはスピード勝負の舞台ながら

重いハンデを背負った馬が強い

と言えます。

 

またシルクロードステークスにおける
過去10年の前走クラス別の成績を見てみると

前走で条件戦を使ってきた馬はほぼ壊滅状態

 

前走でオープンクラスを使ってきた馬の内訳を見てみても

前走でGI・G2に出走した馬が強い

という点が目立ちます。

 

このデータを見てみても

シルクロードステークスは格が重要である

という事が分かります。

 




 

1番人気馬は不振も大荒れはなし!

最後にシルクロードステークスの人気別成績を見てみましょう。

1番人気の成績は

複勝率 30%  複勝回収率 37%

と不振を極めていますが

2番人気から4番人気までの馬は好成績を収めています。

 

シルクロードステークスはハンデ戦ながら

実力馬が勝つ比較的堅いレースである

という事が言えます。

 

ただ、シルクロードステークスは牝馬が苦戦しているレースです。

 

久しく牝馬に強いスプリンターが現れていない点

重いハンデを背負った時の負担が大きくなる点

など、強豪牡馬が活躍するレースになっている点に注目ですね。

 

以上がシルクロードステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

シルクロードステークスは平坦の京都芝1200m
というスピードコースで行われるので

先行馬が活躍するレースです

ただ、今年の京都競馬場は例年とは真逆の
外伸び馬場になっているので
この傾向がどこまで当てはまるのかが注目です。

 

また、ハンデ戦でありながらも
重い斤量を背負った馬が活躍するレースになっていて

勢いよりも格が重要なレース

だという事が言えますね。

 

私がシルクロードステークス2019で注目しているのは
近走はイマイチでも実績と格を持ち合わせているあの馬です。

大穴は狙えなさそうですが
しっかりと確率の高い馬を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ