根岸ステークス2019の過去10年データ分析|追い込み天国のレース

Pocket

根岸ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
根岸ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はフェブラリーステークスの前哨戦である
根岸ステークスが行われますが

カンニングの竹山さんはJRAのレースの中で
根岸ステークスが一番好きみたいです。

 

競馬場の達人に出演した時だったか
他の競馬番組に出演した時だったか

忘れてしまいましたが、根岸ステークスが一番好きらしいんですよね。

 

私はダート戦はそれほど好きではないのですが
根岸ステークスが好きという気持ちはなんとなく分かるんですよね。

 

この後の傾向で話しますが

根岸ステークスは追い込みが利くことが多くてカッコイイんですよ。

 

 

昨年のノンコノユメもそうですが、過去のレースを見ても

カフジテイク、シルクフォーチュン、ワイドバッハ

など、名だたる追い込み馬が活躍しているのが根岸ステークスです。

 

やっぱり追い込みが決まるレースって爽快ですからね~

今年の根岸ステークスも後方ズドンがあるかもしれないですよ。

 

という事で、根岸ステークス2019
のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

根岸ステークス2019は東京競馬場芝1400mで行われています。


(根岸ステークス2018 ノンコノユメ)

今年は無類の東京巧者であるサンライズノヴァをはじめ
マテラスカイやコパノキッキングなどの
勢いのある馬が顔を揃えそうで
充実したメンバー構成でのレースになりそうです。

そんな根岸ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

根岸ステークスで買えるのは1頭だけ!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「コイン」

今週のメインレースは根岸ステークス

コインでは根岸ステークスの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「コイン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『コイン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

根岸ステークス過去10年のデータ分析

レアなダート戦、後方一気が決まるレース

まず、最初に注目したのは根岸ステークスの脚質です。
以下は根岸ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データの中で、一番特徴的なのは

「追い込み馬が圧倒的に優勢だ」

という点です。

 

4角10番手以下の馬の

複勝率は 43.8%  複勝回収率 110%

4角13番手以下の馬の

複勝率は 50.0%  複勝回収率 126%

と、驚異的な成績を残しています。

 

東京のダートレースはマイル戦になると
ペースが落ち着いて前に行く馬が有利になりますが

1400mだとペースが激化して(上級条件の場合は特に)
前に行く馬にとって辛いペースになっている事が分かります。

末脚の爆発力のある馬を狙いたいですね。

 

ここで、根岸ステークスにおける
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン1,2位の馬は複勝率80%超え

とにかく上がりの脚が速い馬だけを買っておけばいいレースである

という事が分かりますね。



 

GIの前哨戦は純然たる能力勝負に!

次に根岸ステークスの年齢別成績を見てみましょう。

データが分かりやすく分布しており

4歳、5歳馬の複勝率は30%以上

6歳、7歳馬の複勝率は20%未満

明暗がはっきりとしています。

 

競馬の法則として

能力勝負(スピード優位)の舞台は若い馬が強くて
適正勝負(パワーや精神力)の舞台がベテランが強い

という鉄則がありますが

 

根岸ステークスはまさに競走馬の能力が問われるレースになります。

 

また根岸ステークスにおける前走クラス別の成績を見てみると

前走で最も格式の高い
GIレースに出走した馬の成績が最も高く

前走条件戦に出走した馬の成績が最も低い

というデータが出ています。

 

このデータからも

根岸ステークスが能力勝負である

という事が分かりますね。

 




 

ダートの鉄則!馬体の大きい馬が強い

最後に根岸ステークスの馬体重別成績を見てみましょう。

こちらも年齢別成績と同様にデータが分かりやすく分布しており

馬体重500kg以上の馬の複勝率は30%以上

馬体重500kg未満の馬のの複勝率は23%未満

と、明確な差が出ています。

 

ダートは砂を走るレースなので
一般的にパワーがある馬が強いレースです。

 

そして、一般的にパワーがある馬は馬体が大きい馬の方が多いです。

 

こういった点から根岸ステークスでは馬体の大きい馬が強い

という傾向を示しています。

根岸ステークスが能力勝負であることの裏付けにもなりますね。

 

最後にAJCCにおける過去10年の枠順別成績を見てみましょう。

若干、内枠が有利かなぁというところもありますが

全体的にはフラットなコースになっています。

枠順の有利不利はないと考えてよさそうですね。

 

以上が根岸ステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

根岸ステークスは東京ダート1400mという条件で行われますが

圧倒的に追い込み馬が有利なレースです

とにかく上がりの脚が速い馬が馬券に絡むので
確かな末脚を持っている馬をチョイスすることが第一段階です。

 

それ以外の要素をとっても根岸ステークスは

”純粋な能力勝負である”

という傾向を示しているので

シンプルに馬の力を測って予想をしていく

という事が必要になりそうですね。

 

私が根岸ステークス2019で注目しているのは
今回のレースで鉄板級の評価をしているあの馬です。

人気になりそうですが、絶対に外してはいけない馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ